40代の転職は、まず何から始めるべきか?

40代で転職したいと思ったら、まず情報収集から始めて見ると良いと思います。

その上で、自分ならどんな分野にニーズがあるのかを見極めます。

見極めたら、なるべくその分野の求人案件を多く抱えていそうな転職サイトに登録し、コンサルティングを受けながら転職活動を進めていきましょう。

ハローワークに行ってみる

40代で転職しようと考える場合、まず何から手を付けて良いかわからないのが本当のところではないでしょうか?

本当に自分に合う仕事があるかどうかもわからないし、そもそも求人自体があるのかどうもわかりません。世間では「40歳超えるととたんに仕事がなくなる」というのが常識として語られています。

そんな中、自分の希望に沿った求人案件が本当に存在するのかしないのか? どこまでなら妥協できるか?

そういう下調べをしないうちに、転職など決断できるわけがありませんからね。

転職サイトにいきなり登録してもいいんですけど、なんかすぐ転職コンサルタントと話をするとかは気が引けます。まだそこまで意思が固まっていないというのもあるし、その転職コンサルタントにぐいぐいこられて不本意なことになってしまいたくないです。

だからまずは、情報収集の意味でどんな求人があるのかを大まかに把握しておきたいです。

私のオススメは、ハローワークです。

ハローワークは平日しか空いていないのがネックではありますが(平日夜間や土曜日に空いているところも一部あります)、登録すれば、有効期限内なら自宅でも求人情報を見ることができます。

ハローワークのメリット

ハローワークの求人検索はけっこう秀逸で、かなり細かい条件で指定できるのが最大のメリットと言えるでしょう。

社会保険や転勤、残業の有無。職場の人数構成や就業形態、諸手当など、家族持ちの場合は、自分だけの都合で仕事を決められないので、こういう情報を検索できるのはかなり強いです。

もちろんその情報を100%鵜呑みにするのは危険ですが、ある程度の目安にはできるでしょう。

ハローワークに登録すると、まずは相談員と話をします。その話の中で、自分の条件を伝えて、検索の方法などを聞きましょう。

私がおすすめするのは、年配の相談員。若い相談員とは経験数が違いますからね。年配の相談員に当たったら、ブラック企業の見極め方など、いろいろ気になることを聞くと良いと思います。

若い相談員の場合は、手続き的な話が良いと思います。例えば、転職したときの手続きはどうしたら良い?などです。

「どんな仕事があるのか?」ということを聞いても良いですが、けっこう相談員によってばらつきがあるというのが正直なところです。

ある相談員は「難しいね」という答えだったり、別の相談員は「それなら、この仕事はどう?」と勧めてくれます。だから、相談した内容について納得行かない場合は、別の相談員に相談することが重要です。

ハローワークでは、まずはざっくりと転職市場の動向を掴む程度で良いと思います。(これだ!という会社と運命の出会いをしたなら別ですけど)

自分の条件に合う求人がたくさんヒットすれば、なんとなく手応えを感じられると思いますし、もし何もヒットしなければ条件を少しずらしてみるとかして動向を探ってみると良いと思います。

40過ぎると仕事無いの対処法
「40歳超えると仕事はない」という言葉は、希望を奪い、そして人生を奪う

「40歳超えると仕事はない」この言葉は、あなたの行動を奪い、未来まで奪いとります。この言葉をそのまま受け入れるのではなく、本当にそうなのか考えて行動に移すことです。このページでは、身を持って体験したことをベースに実際に自分の希望に沿う仕事を見つけた話を書いています。

続きを見る

スポンサーリンク

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

転職サイトの求人を見まくる

ハローワークの求人検索でなんとなく要領がつかめてきたと思います。

でもハローワークだけだと情報が偏っているので、もう少し間口を広げてみましょう。というか、私の経験だと、この時点でハローワークだけでは物足りなく感じられて、他の情報をもっと見たい!という衝動に駆られるはず。

おすすめなのは、ネットの転職サイトの求人を見まくることです。

基本的な登録だけで求人情報が閲覧できる、indeedなどの転職サイトが良いと思います。

どんな求人があるのかの情報収集が目的なので、ここでは職歴とかの詳細な情報はしません。仮に登録するとしても、ざっくりした感じに抑えておきます。(もちろん、これだ!という運命の会社を見つけたなら別ですけどね)

もし運命の会社に出会った場合どうするか? 当然すぐにエントリーします。こういう場合は、即断即決が決めてです。「後でやろう」と先送りすると、「やっぱやめとこう」となってしまいますからね。

すこし図々しく、グイグイ行くぐらいでちょうどよいのです。

スポンサーリンク

手応えはどうだったか?

て、ハローワーク + 転職サイトからの求人情報にあたってみて、手応えはどうだったでしょうか?

これまでの情報収集の結果を、ある時点でまとめてみると良いでしょう。

どのような分野なら自分の能力が発揮できそうか、ぼんやりとした手応えを感じていると思います。

ニーズを見極める

逆になんの手応えも感じられない、「かなり厳しい」といった感覚を持った人もいると思います。そういう場合は、簡単にあきらめずに、少し粘ってみると良いです。せっかくここまで情報収集したのですからね。

自分ができそうな分野、興味のある分野はないか? 自分にはその経験が豊富か、キャリアを積んでいるかを検討します。自分が採用の立場だったら、自分を採用するか?という視点で考えてみます。

WALKING THE DOGS IN PARK
40代転職の求人ニーズ なぜ転職先企業は40代を欲しいのか

転職するのは30代前半まで、と良く言われます。 30代後半を過ぎると求人数もグッと減り、転職後の収入も落ちる一方と言われています。 こう考えると、40代で転職するのは難しそうですね。 でも、それは一般 ...

続きを見る

転職を前にすすめるかを決める

情報収集をやり、少しでも手応えを感じられる(= 転職できそう)ならば、本格的に転職活動を始めます。

転職コンサルタントと面談したり、履歴書や職務経歴書を準備したり、あるいはキャリアをプレゼンできような資料を作成したりするステップに入ります。

手応えは「少しでも」可能性を感じられれば、次に進んでも良いと思います。私もこの時点では、少ししか手応えは有りませんでしたが、最終的に希望の仕事に就くことができました。

もし、この時点でまったく手応えを掴めなかった場合もあると思います。いくら粘って考えてみても、どうしても自分にはハードルが高そうだ、と直感する場合です。

そういう場合は、「転職を延期しよう」と心に問いかけてみてください。それでもし、ホッと安心するようなら、転職は一旦延期した方が良いです。

反対に、「それは違う」と闘志が湧いてきたら、ダメ元で先に進むのも有りです。この場合は、失敗も覚悟しておくことが重要です。

本当に転職しても良いのかをよく判断して、先に進みましょう。

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

スポンサーリンク

本格的に転職活動を始める

転職を前に進めることを決めたら、なるべく自分が得意な分野の求人案件を多く抱えていそうな転職サイトに登録し、コンサルティングを受けながら転職活動を進めていきましょう。

コンサルを受けるのは、面倒くさい感じもします。コンサルにこれまでの自分のキャリアを理解できるわけなんかない、とか思ってしまいます。

コンサルは戦友

でも、ここは少し謙虚になり、コンサルをうまく活用する方向に頭を切り替えた方が良いです。どうしてもコンサルは敵だみたいな感覚になってしまいますが、実はよく考えるとコンサルはあなたと利害が一致しています。

なぜなら、あなたが希望の仕事をゲットすることができれば、コンサルにとってはそれが実績となり、評価されるからです。転職サイトにとっても売上になります。反対にあなたがうまく転職できなれば、コンサルは評価されません。

だからこそ、コンサルはなんとかあなたにマッチする仕事を探してくれ、どうしたら採用につながるかをアドバイスしてくれるます。そこに悪意などあるわけはありません。

言ってみれば、コンサルは戦友なのです。同じ目的を持って、あなたが仕事を得るまで一緒に戦ってくれます。一人で戦うより、仲間と戦ったほうが有利なのは言うまでも有りません。

図々しくなれ

私が実際に動いてみて感じたことは、受け身になって待っていても何も変わらないということ。むしろ、図々しいぐらい積極的に行動するぐらいでちょうど良い感じになるということです。

ちょっと軽率かな?と思うぐらいに、次から次に求人にエントリーしていったり、自分のこれまでのキャリアから使えそうなスキルをどんどんあぶり出していったり、面接では質問攻めにするぐらいにグイグイ行くと結構うまく行きます。とくに、性格的におとなしい方ほど、意識してやったほうが良いと思います。

そういうの疲れると思いますが、一時的なものと割り切ると意外と切り抜けられます。(余談ですが、一度こういうグイグイモードが身につくと、いつでもそのモードを取り出して切り替えることができるようになるので、便利ですよ。)

1社1社に真剣勝負

転職活動を始めた頃は、おそらく書類選考で負け続けるでしょう。嫌になるぐらいに。でもそれが通常なので、へこたれないほうがいいですよ。

そのうちにポツポツと面接まで行ける案件が出てきます。

そこで安心するのではなく、ここからが勝負。1社1社、気を抜かず事前調査をしたほうが良いです。

新卒で就職活動した頃は、会社のことなど訳わかんなかったですが、今はそんなこと無いはずです。会社の事業内容や沿革などをちょっと拾うだけで、だいたいのイメージが湧くでしょう。そこから自分がアピールできる部分をイメージします。

イメージしたら、いろんな疑問が浮かんで来ると思いますので、面接でどんどん質問していきたいです。質問はできるだけ多く用意したいです。前向きな印象も作れますし、話が盛り上がることにつながるので、面接でのしーんとした空気を避ける事もできます。

スポンサーリンク

決まるときはすぐに決まる

転職をしようと思い、ハローワークに行って、転職活動を始めて採用に至るまで、人によっては半年ぐらい、あるいはそれ以上はかかるかもしれません。早い人は2〜3ヶ月で決まるかもしれません。

長い道のりではありますが、決まるときはすぐに決まります。

ほんの1〜2時間で、これまでとはガラリとちがった風景が見える時がやってきます。まるでスイッチを押したかのように、切り替わります。

そうなったら、これまでの転職活動はすべて過去のものになります。辛かったけど、全力でやり抜いたという実感も出てくるはずです。

あなたにもそういう風景が見えるときがやってきます。ただし、最初の一歩を踏み出した人、という条件付きですが・・・・・・・・・。

40代転職成功のイメージ
40代転職サイトまとめ。転職経験から厳選7サイトをピックアップ

40代で転職活動した経験から、登録しておきたい転職サイトや転職エージェントのオススメの選び方を紹介していきます。 40代以上の転職実績が豊富で、求人案件も多く、キャリアコンサルティング力にも厚い転職サ ...

続きを見る

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

管理人ハタカズ

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。詳しいプロフィール ■PDF冊子「退職の迷い解消ハンドブック」無料プレゼント中!

© 2022 40代退職のリアル