40代の転職にチャレンジすべき人

今まで会社からの指示通り仕事をこなしてきた。でも、どこか実感がないと感じていませんか。

それなりにポテンシャルは高いとは思っているけど、社内でうまくたちまることができず、あるいは自分と合わない人事で毎日ストレスがたまっていませんか。

仕事は好きだけど、なんか自分をうまく表現できないと感じていませんか。

もしそうなら、転職を考えても良いかもしれません

40代転職にチャレンジしてはどうか

このまま定年を迎えたくない

40代になると、これから出世できる人とそうではない人とに分かれます。会社組織の常ですよね。

トップの人間の好き嫌い、運やタイミングなど様々な要素が複雑に絡み合い、上に行ける人とそうではない人が出てくるのです。

自分が果たしてどっち側の人間になるか、はっきり見えてくるのが40代なのです。

もし「自分は埋もれている」「この会社ではやりたいことができない」と悩んでいるのなら、今の会社では自分の能力を十分発揮できないまま定年を迎えてしまう可能性があります。

それは個人レベルとしても、社会全体としても非常に惜しいことです。

それならば、あなたの持つ経験やノウハウをもっと活かせる企業への転職を真剣に考えるべきではないでしょうか?

スキルやキャリアはあるけど埋もれている

もし当てはまるなら、今の会社ではあなたのポテンシャルは活かされないままかもしれません。

もちろん会社組織の人事なので、何が起こるかはわかりません。

冷や飯を食ってきた人でもトントン拍子に出世の階段を上がっていく人はいるにはいます。

でもそれは実際問題としてあくまでも少数派。

スポンサーリンク

企業が欲しい40代人材像

40代なら、それなりの経験はありますし、IT化やグローバル化もある程度柔軟性を持って対応できます。新しいITの知識や激変する貿易条件などにもスムーズに対応できるのです。

さらに管理職経験を持つ40代であれば、20代や30代への人材育成も並行して対応できるでしょう。

このように、企業からすればもっとも欲しい人材が40代と言えます。

40代なら誰でも良いわけではない

その中でもやはり、管理職経験、海外駐在経験、新規事業やプロジェクトの立ち上げ経験があり、しかも成功した経験を持っている40代なら、多くの企業が今すぐにでも欲しいと思うはずです。

そのような企業であれば、当然年収アップを含め、高待遇の条件を提示するでしょう。

今の時代、40代での転職もキャリアアップの一つの選択肢になりうるのです。

出世できない、会社で埋もれているとあきらめながら定年まで勤める時代ではなくなりつつあるのです。

自分がもっとも活躍しやすい場所を実現するために、転職するのも一つの選択肢となってきました。

40代転職にチャンス

デフレ時代の数年前の売り手市場とは違い、現在は完全に人手不足の状況にあります。

インターネット社会となり、世界中で同じ商品が同時期に流通していることを考えれば、企業として今一番欲しい人材は、これまでの経験を応用して即戦力となれる人材。そして20代30代の若手をまとめられる40代が求められているのです。

転職市場も様変わりして、40代での転職も当たり前のようになってきました。それだけ、40代の価値が見直されてきているのです。

スポンサーリンク

40代で転職する人も多い

40代は節目の年です。

能力の高い方もそれなりの人も、40代はこれまでにないような人生の転換点を迎えます。

今まで問題とならなかったようなことが、この時期になり突然大きな障害となったりします。それがきっかけで40代で人生の方向転換をする人も多いです。(以前通っていた起業塾では私を含めて40代の人もとても多かったので、なんだか安心しました。)

自分だけが悩んでいる、ということはありません。

企業からは、40代の持つポテンシャルの高さを通じて事業を成長させたいと考えています。

転職を考えているのなら、今がチャンスでもあります。

40代での退職には、その人なりのタイミングがありますが、そのタイミングはまず行動してみないと実現はしないものです。

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル