40代の転職活動は、実際こんな感じです

40代で転職活動した実体験です。

会社を辞めたくて仕方がなくて転職を決意してから、転職サイトへの登録、キャリアコンサルタントとの面談、面接の様子をまとめています。

私はうまく転職できず、途中で断念してしまいましたが、転職活動全般の様子がわかると思います。

40代で転職しようとお考えのかたの参考になれば嬉しいです。

転職を決意

自分のやりたい仕事がなかなかできず、鬱屈した毎日を過ごしていました。

仕事がまったく面白くなく、周りにいる人達もつまらなく感じました。

こんなところにいればいるほど、自分は腐っていくんだと思っていました。

とにかくこの会社から逃げ出したいと考えて、それには転職するのが一番良いと考えたのでした。

でも、なかなか辞める決心がつかず、ズルズル時間だけ経っていきました。

気づいたら5年どころか20年近く経っていました。

40歳過ぎていました。

そろそろ転職するには年齢的にマズイ状況に。

周りは管理職に昇格しだし、私のところにも昇格試験云々の話がでてきたり、個人面談のときには会社で将来はどんなポジションで働きたいかをよく聞かれるようになってきました。

会社には、調子良いことを答えるのですが、自分の本音は早く会社を辞めたくでしょうがないと思っていました。

会社を辞めたいと思っているのになかなか行動できない自分に対して、だんだん自己嫌悪感が強くなってきました。

そろそろ何かしないといけないと考えようになってきたのです。

転職先が決まってしまえば、上司や会社にも退職のもっともらしい理由になります。

起業とか独立とか違って転職するなら相手先もあることだし、慰留などはされずに「新しい会社に◎月から出社する」ということを前提にさっさと会社を辞められるだろうと思ったのです。

スポンサーリンク

転職サイトに登録

まずはネットで転職関係の情報を収集しようと考えました。

なぜなら、40代での転職って20代や30代と違って求人数そのものが減ってしまうと考えたからです。

果たして転職したい業界に求人があるかどうかも気になります。

まずは大手の転職エージェントに登録し、その後にいちおう転職サイト(アプリ)にも登録しました。

転職エージェントと転職アプリの違い

転職エージェントは、基本的にキャリアコンサルタントと面談を行い、自分の希望などを相談して、「じゃあこんな求人がありますよ」というスタイルです。

転職サイトは、サイト上で求人情報を検索し、応募するスタイルでし。担当者とはメールベースでやりとりします。

どっちが良いかと言うと、感想から言えばどっちもどっちかなという感じです。

なぜなら、最終的に転職を決めるのは自分自身だから。

転職エージェントの特徴

転職サイトやエージェントは、あくまで「転職先の会社はこんなのありますよ」と提案してくれるだけです。

担当の人(キャリアコンサルタント)と相談をすることで、自分に合いそうな会社を選別して、提案してくれます。とても親切です。

でも、その担当者が変に勘違いしてたり、自分の希望をうまく伝えられなかったりするとミスマッチが起こりそうではあります。

それに、そのキャリアコンサルタントにしても、求人企業のことを本当にわかっているのか、といえばそうでもなかったりするからです。

とはいえ、これまでのノウハウは大きいですから、キャリアコンサルタントの提案は大方正しいと考えるべきでしょう。

転職アプリの特徴

転職アプリは、自分で良さそうな会社に検索して応募できます。

でも、本当にその会社が自分に合うかどうかは、ネット上の応募条件からの情報では判断しきれない部分があります。

転職してから、「あれ?なんか違うな」ということも起こりかねません。

どちらも一長一短があるんです。

ということは、両方に登録しておいて、両方のメリットすなわちまずは多くの求人情報をゲットするというのが、一番効率が良いと考えました。

やっぱり40代すぎると、求人も限定されてきますからね。

まずはどんな求人があるのか、自分がエントリーできそうな求人数の母数を増やすことを優先しようと考えたんです。

ある程度の母数と言うか選択肢があれば、次はそこから自分に合いそうな会社を絞り込んで行けば良い。そんな考え方です。

■登録しておきたい転職アプリ

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

ミイダス

■登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

リクルートエージェント

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

キャリアコンサルタントとの面談はこんな感じでした

大手の転職エージェントに登録して、すぐにメールで連絡がありました。

一度会って話が聞きたいと面談のリクエストがありました。

ちょっとドキドキして、断ろうかと思いましたが、いつまでも悶々としていても始まらないので、思い切って面談してみることにしました。

仕事帰りの時間で良いということなので、午後7時頃転職エージェントの面談場所まで行ってみることに。

受付の方に到着を告げて、しばらく待っていると担当の方が現れました。

面談室は、カウンターみたいになっていて、カウンターの奥には端末が置かれています。

仕事ができそうな感じの人でしたが、自分よりもかなり若い感じがしたので、この人で大丈夫かなあと少し心配しました。

面談が始まり、転職理由や希望する仕事について話をしました。その中で予想したとおり、年齢のことを言われました。

ちょっと嫌な気持ちが一瞬ありましたが、気を取り直して「それでもお願いします」と言いました。

「まあ、探してみましょう」ということで、カウンターにあるパソコンでいろいろ会社を探してくれました。

何件か該当する求人情報がヒットしたので、案件をいろいろ教えてもらい応募する企業を決めていきました。

■登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

リクルートエージェント

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

書類選考

転職エージェントの方も転職サイトの方も書類選考の方は、特段問題なく、指示に従ってやっていくだけと感じでした。

転職サイト経由なので、こちらは待っているだけです。

書類選考で落ちた企業もありましたが、そこはあまり気にせず、次の企業ということで気持ちを切り替えるようにしてました。そこは担当者のフォローが嬉しかったです。

キャリアコンサルタントとしっかり面談できていれば、書類選考も通りやすい企業を提案してくれるので、書類選考についてはあまり心配しなくても良いという印象です。

心配なことがあれば、すぐに相談するようにしていました。それで解決することも多かったです。

ただ、エントリーしようかどうか悩んでいたことがあって、そのうちに求人自体が消えてしまったこともけっこうありました。エントリーするときはタイミングも必要ということです。

面接の様子

面接に進んだのは、3社です。

1社目

IT系の比較的新しい会社で、新しくてかっこいい感じのビルのワンフロアを貸し切っていて内装もおしゃれ。ガラス張りの会議室が今風でした。

受付の人に案内されたのは、10人ぐらいが入れる大きさの会議室でした。

10分ぐらい待っていると、社員の方が5人ほど会議室に入ってきました。

これまでの実績やこれから目指すものなどを質問され、希望年収なども聞かれました。

面接中にあくびをする社員の方がいたので、これは駄目だなと思っていたら案の定一次面接で落ちました。

2社目

小さな会社だったので、いきなり社長と最終面接でした。

びっくりです。

しかも面接会場は、普通の喫茶店。

成長企業だったこともあり、自分なりの事業提案書を作っていってプレゼンもしました。

社長も熱心に聞いてくださり、良い感触を得ました。

1週間ほど経ってエージェントから、駄目だったとメールが来ました。

最終2人に絞ったけど、もう一人の人の方が熱意があったのでそっちの人を採用するとのことでした。

かなり悔しかったですが、でももし受かっていたら、引っ越ししないといけなかったので、落ちてよかったかもしれないと思うことにしました。

3社目

この会社は、こじんまりしているけど海外とも取引をもっている商社。堅実な感じの会社です。

一次面接をクリアして、二次面接へ進みました。

二次面接では、配属される予定の部署の部長さん、課長さんとの面接となりました。

けっこうしどろもどろの部分もあったけど、まあまあの感触がありました。

もしかして受かってしまうかも知れないなあ、と期待していました。

これで今の退屈な会社から抜けられる!

翌週転職サイトの担当者から連絡あり、ダメでしたとのこと。

敗因は、どうしてもこの会社に入りたいという熱意が足りなかったからということでした。

man-job-change
40代で転職に失敗しました。なぜうまくいかなかったのか。

私は40代で転職活動をしました。 結果は、3社面接を受けて3社とも不採用。全滅です。書類選考はうまくパスしたんですけど、面接でうまくいきませんでした。 転職に失敗したので、反省の意味も込めてもう一度自 ...

続きを見る

転職エージェントに感謝!

3社の面談を通してわかったことは、自分には「熱意が足りない」ということでした。

でも正直言って、熱意は出せませんでしたし、出す気力もそんなになかったんです。

転職したいという気持ちはあるんですけど、なぜか転職先の会社で働きたいという気持ちにはなれなかったんです。

もしかして、自分は転職したくないのかもしれないと感じたこともありました。

でも会社を辞めたいという気持ちはすごく強いのです。

そこで自分で考えたところ、転職ではなくて独立したいということがはっきりしました。

転職か独立か
転職か独立か、答えはすでに出ている。私が独立を選んだ理由

転職した方がいいのか、それとも起業・独立に向いているのか。 退職を考えた時、誰もが一度は迷う問題です。 私もそうでした。 悩んで悩んで悩みまくりました。たくさんの失敗や間違いもしました。 そこで得た経 ...

続きを見る

だから何社受けても一緒と思い、転職エージェントへ連絡し、転職活動を終えることにしました。

一生懸命会社を探していただいたエージェントの方には本当に申し訳無いです。

40代転職体験談の記事まとめ

「40代転職の体験談」の記事一覧 転職失敗の体験談 人気 40代の転職に失敗した最大の理由。不採用になるのはこんな人 家族持ちの転職 詳しく 40代妻子持ちの転職成功ポイントは、家族からの理解を得るこ ...

続きを見る

転職活動は無駄だった?

こうして私の転職活動は失敗に終わりました。

でも、転職に失敗したことで、得たものが2つありました。

ひとつめは、自分は転職よりも独立がしたいということに気づけたこと。

ふたつめは、会社を辞めるための具体的な行動ができたことで、自信がついたこと。

もし転職活動していなかったら、今でも会社を辞めることができずに悶々としていたと思います。

その意味では、転職活動してすごく良かったと思っています。

お祈りしている男性
「40代で退職する」と決めているはずなのに、行動できない理由

「40代で退職する」「40代が退職するラストチャンス」と決心したはずなのに、なかなか会社へ退職告白できず、5年以上もウジウジ悩んでいたことがありました。 家族にも「いつか退職する」って宣言してたんです ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル