40代転職で最終面接前に確認しておくべきポイント

チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ

本田宗一郎

40代での転職を成功させるためにどうしたら良いか、を考えてみたいと思います。

40代での転職というのは、20代や30代での転職とは明らかに趣きが違うということは自覚されていると思います。

経験が浅い20代や30代とは違い、40代での転職というのは、これまで経験してきたことの積み重ねこそが成功のポイントになります。

20年近い会社員としてのキャリアを築いてきたあなたの経験を、企業はシビアに評価します。つまり、企業はあなたの経験を購入するということです。

あなたの経験を購入することで、会社の業績をアップさせることができるかどうか。企業はその一点に絞って、あなたを採用するかどうかを判断するでしょう。

自信を持つ

企業は、あなたの経験を購入する。

いきなり厳しいことを書いてしまったかもしれません。

自分はそんな評価に値するほどの業績は残すことができなかった、と萎縮してしまいましたか。

でも決して落ち込まないでください。自信をなくさないでください。

会社というものは、様々な人が集まってひとつの事業を作り上げるための組織のことです。

あなたは、一人で何でもできるスーパーマンになる必要はありません。救世主は要らないのです。

摩擦や問題を起こさずに関係者とうまく協調して、組織で仕事を進めることができるか、という点を企業はむしろ評価します。

20年近いキャリアに自信を持とう

これまであなたは20年近く現役で社会人として働いてきました。

今は多様な問題を抱えているにせよ、あなたが築いてきたキャリア・経験は評価されるに値します。

できないことに着目するのではなく、今まで築いてきたもの、できることに焦点を当ててみてください。

あなたができないことって、誰か別の人が得意なことかもしれません。その一方で、あなたができることというのは、他の誰もができないことかもしれないのです。

スポンサーリンク

退職理由は月並みで短い一言に圧縮する

40代での転職の面接で必ず聞かれるのは、退職理由です。

人それぞれでいろんな理由があるとは思うのですが、退職理由をクドクド説明するのはかえってマイナス評価になります。

面接は人生相談窓口じゃないですし、面接官はあなたの退職理由についてそんなに関心ありません。悲しいことに、同情すらしてくれないでしょう。

誰もがわかるような月並みで短い言葉にまとめて、関心の無い人でも一発で頭の中にイメージできるようにしておくと良いと思います。

例えば、「家庭の事情」「オーバーワーク」「人間関係」といったように。

面接官に長々と退職理由を説明しても到底わかりっこないと思うのです。月並みな退職理由なら、一発でイメージできます。メモもとってもらいやすいですよ。

面接官の頭のなかで明確にイメージされていますから、採用・不採用を決める会議においても、採用決定者へあなたの人物像を説明しやすいんです。

「Aさんは、以前の会社を家庭の事情で退職されまして・・・・・・」

という風に。

退職理由がよくわからない人物よりも、よく理解できる人物を採用したくなるのは当たり前のことだと思うのです。

業績アップに貢献できるか

線路

企業は、業績をアップさせるためにあなたの経験を購入するかどうかを決めます。

決めるにあたっては様々な判断基準が必要で、そのために採用面接なるものがあるのです。でも、それだけだと、どこかよそよそしい一方通行の会話になってしまいます。

もしあなたが営業経験者で、企業に何か商品を売りに行くことを考えた場合、何も持たずに手ぶらで行くことは考えないでしょう。何かその商品を説明するパンフレットなり資料を見せるはずです。

それと同じことだと思うのです。

採用側企業の資料は、あなたの履歴書と面接官のレポートしかありません。この少ない資料で企業は採用の是非を判断しているのです。

もし他の資料もあれば、より多面的にあなたをアピールできると思いませんか?

企画書を作る

自分の経験やスキルのどの部分を使えば転職先企業の業績を伸ばせるか、アイデアを書いた企画書を作るというのはどうでしょうか?

A4用紙1枚にまとめてもいいですし、パワーポイントで4~5枚で作っても良いと思います。

企業は常に業績アップのことを考えていますから、あなたのアイデアを聞きたがるでしょう。

特に人事担当者ってこういう話が大好物です。

あなたの企画書から、この人はどのような部署に向いているのか、同じような発想をする社内の人間はいないか探すでしょう。

こういう企画書があると、あなたの考え方がより具体的にわかるようになるので、企業としてもありがたいことなのです。

私は2回転職の面接経験ありますが、そのうち1回は企画書を作って面接時に手渡ししたことがあります。

最終面接で落ちましたが、聞くところによると結構評判良かったようです。

落ち込まない

最後にひとつだけ。

万が一不採用になっても落ち込まないで、次行ってみようー

会社はまだまだいっぱいある!

決して屈するな。決して、決して、決して!

ウィンストン・チャーチル

40代でも安心して利用できる転職・派遣サイト

40代での利用が多い転職・派遣・アルバイトを紹介している情報サイトについては、こちらのページで書いています。どこで登録したら良いか探している人は便利だと思います。

関連 40代からの転職は、アドバイザーとの二人三脚がポイント (総合転職サイト)
関連 40代での転職は、業界を絞り込むことで専門性をアピールできる (専門の業界に特化している転職サイト)
関連 派遣やアルバイトの求人サイト一覧

管理人
管理人

「転職会議」企業の評判・口コミが満載の転職サイト

転職先の企業のことをもっと知っておきたい!

「転職会議」なら、求人を出している企業の口コミ(年収や評価制度、面接時の情報など)が多く掲載されていて、自分がその会社に転職してもうまくやっていけそうか、事前に判断できるのが最大のメリット。

口コミ登録されている企業数は19万社以上!会員数も70万以上、その情報量は圧倒的で、このサイトでしか入手できない情報も多いです。

登録しておけば、自分に合った仕事内容や社風を持つ企業の求人をお知らせしてくれるサービスも新しく始まりました。

転職を考え出したら、「転職会議」に登録することから始めるべし!

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル