40代の転職でリクルートエージェントが一番良かった理由

40代の転職でリクルートエージェントを利用したい。

企業の紹介やキャリアアドバイザーの雰囲気は実際のところ、どうなのでしょうか? 

実際に40代でリクルートエージェントを利用して転職活動をした感想を紹介してます。

リクルートエージェントを使った感想は、他の転職エージェントと比較すると企業の情報量が多く、安心して転職活動をすることができました。40代未経験という条件でしたが、創業前の企業の求人も紹介してもらえたので、非公開の情報も豊富で複数紹介してもらえました。、対応も迅速で、最初は不安でしたがなんとか最終面接まで進めることができました。

リクルートエージェントなら、40代の転職でも安心して頼れると思います。

リクルートエージェントは、国内NO.1の実績

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する国内NO.1の実績を持つ転職エージェント(人材紹介業)です。求人やアルバイト情報誌、ゼクシィなどの結婚情報誌で有名なリクルートグループです。

リクルートといえば、今40代の方なら、新卒の就職活動で自宅の前に大量の就職資料が送られてきた記憶があるのではないでしょうか。

ポイント詳細
転職実績国内NO.1

リクルートエージェントは、1977年11月に設立。40年近い実績があります。(我々も40代!)

この40年に及ぶ歴史の中で累積37万名以上が転職を成功させてきました。2015年度も約3万名が転職を実現させています。(データソース

他の転職エージェントを圧倒する実績とこれまでのノウハウの蓄積から、求人数・提案力ともにNO.1の実力です。

全国に拠点がある

北海道から九州まで全国の主要な都市に拠点があるため、地元の企業はもちろん全国展開している企業とのネットワークが強いのも、リクルートエージェントのメリットです。

さらに、駅チカの便利なところに拠点があり、就業後の時間も営業しているので、転職活動している人にはすごく便利です。

対応している業界が幅広い

電気系メーカー、建設系、IT業界、化学、医薬、外食、サービス、教育、マスコミ、物流、運輸、金融など、ありとあらゆる業界に対応しています。(データソース

企業規模問わず、様々な求人依頼に対応しています。

対応キャリア・職種も幅広い

営業はもちろん、ITエンジニアや事務系専門職、品質管理、技術系エンジニアなど、対応キャリア・職種もかなり幅広いです。

転職の職種に合わせて、キャリアアドバイザーが丁寧に提案してくれます。

対応ポジションも幅広い

一般社員から専門職、管理職、幹部クラス、経営者層まで幅広いポジションに対応しています。

2011年度の転職実績では、6割以上が年収アップを実現しています。データソース

非公開の求人も多い

インターネット上に公開されていない非公開の求人数が多いです。

競合他社に求人を募集していることを知られたくない企業や、事業戦略の一環で極秘に求人をかけたい企業が利用します。

リクルートエージェントは、国内NO.1実績と40年近い歴史があるので、企業からの信頼が厚いため、そのような非公開求人の案件が豊富です。

無料で利用できるリクルートエージェントの利用は無料です。

スポンサーリンク

リクルートエージェントを使って良かった点

総合的に考えて、リクルートエージェントを使ってすごく良かった!と思っています。私が実感した、リクルートエージェントが良かった点は、次の5つです。

良かった点

  1. 40代でも転職先を紹介してもらえた
  2. 誠実に対応してくれた
  3. 創業前の企業など、かなりのネットワークがないとわからない求人情報も多かった
  4. 初めての転職でもサポートしてもらえた
  5. 対応が迅速だった

総合満足度は、4.5点/5.5点

リクルートエージェントを使った感想をまとめました。

項目満足度
拠点の立地・便利さ 満点!
キャリアドバイザーの印象 好印象
キャリアドバイザーのアドバイス内容 満点!
紹介してもらえた企業 満足
総合満足度 満足

最初に「40代の転職は難しい」と、自分より若いキャリアアドバイザーの方に言われて、正直ムッとしたこともありました。

でも最終的には、誠実に話も聞いてもらえ、しかも良い企業を紹介してもらえました。

リクルートエージェントで転職を進めてよかったと思います。

スポンサーリンク

リクルートエージェントに登録してから最終面接まで

転職に至るまで

40代になってから転職活動するのは年齢的に遅すぎるのではないか、と正直不安に思っていました。ネット上でも、門前払いされることがあるというような書き込みを見たことがあり、諦めたほうが良いのかもしれないと心配でした。

でもどうしても今の会社の仕事が合わず、このまま十年以上も続けるのは限界でしたので、思い切ってリクルートエージェントに登録することにしました。(実際に登録するまで一ヶ月ぐらい悩みました。送信ボタンを押すときは、「えいや!」と気合を入れて押しました。)

リクルートエージェント

リクルートエージェントに登録

しばらくしてメールで連絡が届き、一度会って話を聞きたいということで、面談する日時を調整することになりました。(最初メールを読んだときは、臆してしまっていて断ろうとさえ思いましたが、思い切って面談することにしました。)

無事に面談の日時の予約がとれ、とりあえず門前払いとはならなかったことに少しホッとしました。

40代でも転職の扉を開けることができたことはよかったのですが、どんな面談になるか、どんなことを聞かれるのか、ものすごく不安を感じました。

初めてのリクルートエージェント

リクルートエージェントの支店は、駅近の場所にあって、しかも会社帰りの遅い時間でも開いているので便利です。(担当のキャリアアドバイザーの方は大変だと思います。)

午後7時に面談時間を設定したので、その日は残業を早めに切り上げてリクルートエージェントに向かいました。

扉を開けると、内装がけっこう重厚な作りで少し緊張しながらも、来店を告げます。

面談室に通されて、担当のキャリアアドバイザーが到着するまで待ちます。面談室は、カウンターがあってそこでキャリアアドバイザーの方とやり取りをします。窓から見える夜景が綺麗でした。(なんかちょっと豪華な感じがして、気も大きくなったような感じでした)

転職キャリアアドバイザーの印象

しばらくすると、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが現れて、面談となりました。キャリアアドバイザーの方は、私より10歳ぐらい若い30代の方。スーツをパリッと着こなしてる、できる営業マンといった感じです。

最初に登録した内容を読み、開口一番「40代の転職は難しいです」と言われました。

なんでこんな30代の若い人にそんなわかりきったことを言われなきゃならないのか、と正直ムッとしました。

でも、気を取り直して「それでもなんとか転職したいんです。お願いします」と言いました。

それで、パソコンの端末の画面を見ながら、「今本当に無いんですけど、まあなんとか探してみましょう」と言ってくれました。

「なんかそんなに悪い人でもなさそう」と思えて、この人を信用しようという気になりました。

面談内容

面談内容は、「なんで転職したいのか、転職動機」「今の仕事」「これから希望する仕事」「年収の希望」「待遇面の希望」といったオーソドックスな感じです。

転職経験が初めてだったので、年収や待遇面の希望と言われても正直よくわからず、今の会社と同程度かちょっと下がるぐらいでと伝えました。他にもうまく答えられないところもありました。

そういうしどろもどろのやりとりも含めて、どうやらキャリアアドバイザーの頭のコンピューターでは、いろいろマッチングを行っているようです。端末のキーボードを叩いたりしてなにやら作業しています。そういう様子を見ていて、プロだなあ、と感じました。

希望は異業種・未経験分野だった

私が希望した業界は、異業種であり、未経験の分野でした。

というのも、ずっとIT系の仕事をしたいと思っていたのにIT系とは程遠い業界の企業に就職してしまい(就職氷河期世代です)、ずっとモヤモヤと悩んでいたんです。

年齢も40代だったので、正直甘いかな?とは思いました。

しかし、IT企業とはいえすべての仕事がネットやコンピュータの仕事ではありません。ITとは離れたアナログ的な仕事もたくさんあるはずです。

むしろ、そっちのアナログ的な仕事をする人のほうが少ないのでは?と考えて、キャリアドバイザーに相談していきました。

キャリアドバイザーも、最初は難しいということでしたが、熱心に探してもらえました。

もし私のように異業種や未経験分野での転職をお考えであれば、下記のページも参考にしてみてください。いくら異業種とはいえ、これまでの経験が活かせる仕事はたくさんあります。

man laugh
40代未経験でIT系企業に転職する方法

K助 40代でIT業界に転職したい。 ちなみにIT業界は未経験。 どうしたら良い? 管理人 何もエンジニアになるわけではないのでしょう? 現在の自分のキャリアや経験を重視してくれる企業を見つけるのが、 ...

続きを見る

紹介してもらえた企業

ITベンチャー企業を中心に紹介してほしいと伝えていたので、創業前の企業や大企業のネット部門の独立分社化で採用を増やしたい企業、業績好調で人を増やしたい企業などを紹介してもらえました。

紹介してもらった企業は、転職先として興味が持てる企業が多く、提案力がすごいと素直に感じました。

自力で探すよりも確実にキャリアアドバイザーの提案のほうが良いです。自分ではこんな発想しなかったと思うところがかなりありました。

この辺は、リクルートエージェントとしての情報量とキャリアアドバイザーの力量がはっきり出てくるところです。

その中で応募したい企業を伝えました。

面接日の設定

幸いにも書類選考が通った企業があったので、面談の数日後には、企業との面会予定の候補日がメールで送られてきました。

都合の良い日時を返事して、キャリアアドバイザーが企業との間に入って面接日を調整してくれました。

私はなにもせず、企業の情報を集めたり、その企業に転職したら自分はどんなことを貢献できるのかを考えたりして、面接準備ができました。

1社目はうまくいきませんでしたが、2社目は最終面接で社長面接まで行きました。

JUMPING OFF ROPE SWING
40代転職で最終面接前に確認しておくべきポイント

チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ 本田宗一郎 40代での転職を成功させるためにどうしたら良いか、を考えてみたいと思います。 40代での転職というのは、20代や30代での転職とは ...

続きを見る

結果の連絡

最終は同じ40代の男性の方と私の二人となり、残念ながら私は不採用となってしまいました。

不採用になった理由もきちんと教えてもらえ、丁寧にフォローしてくれました。

さらに複数社も紹介してもらえ、面接も繰り返しました。

しかし思うところがあって、最終的に転職ではなく起業することにしたので、転職先を決めることができませんでした。これは私が悪く、キャリアアドバイザーの方には今で申し訳なく思っています。

私が転職か起業独立に迷って最終的に起業することにした話は、こちらの「転職か独立か、答えはすでに出ている。私が独立を選んだ理由」のページにまとめています。

スポンサーリンク

リクルートエージェントは、40代転職に前向き

ネットでは転職エージェントで断られたという話しもよく聞きます。

30代後半転職限界説もあり、果たして40代で転職できるのか不安になってしまいます。

実際に私の転職活動でリクルートエージェントを利用を感想では、もちろんそんなことはなかったのですが、それでも不安な方にリクルートエージェントが運営しているブログを紹介したいと思います。

リクルートエージェントのスタンスがわかると思います。

こちらのリクルートエージェントが運営しているブログでは、40代転職の特徴という記事を載せています。要約したポイントは次のとおりです。

ポイント

  • 40代の転職を前向きに考えている
  • 現実のマッチングはそう簡単ではない
  • チャレンジしよう

人生100年時代を迎えて企業の考え方も変わり、40代はまだまだ若いとみなされるようになり、以前よりも40代の中途採用に抵抗感が薄くなっていると考えているようです。

ただし抵抗感は薄くはなっているものの、40代の求人は母数自体が少なく、20代や30代よりも細かく募集要件が絞られているとも書かれています。

そのため、ピンポイントでターゲットを絞ってマッチングを行う必要があり、書類選考で落ちて落ち込むのではなく、より積極的にチャレンジする姿勢が必要ということも書いてあります。

まとめると、リクルートエージェントは40代の転職を前向きに考えているが、現実のマッチングはそう簡単ではない、でもチャレンジしてがんばろう!という姿勢のようです。

リクルートエージェント

確かに40代の転職は、若い世代の転職とは質が違うので難しい面もあります。(参考)「40代以上の転職が難しい5つの理由

しかし、リクルートエージェントのスタンスとしては、そこを乗り越えていこうというプロ意識が感じられます。

管理人
管理人

これからリクルートエージェントを利用する方への伝えたいこと

私は初めて40代で転職活動し、最初の転職エージェントがリクルートエージェントでした。(クリックすると、リクルートエージェントの登録ページが開きます。)

最初は不安いっぱいでしたが、転職活動を進めるうちに徐々に慣れてきました。これなら、もうちょっと早くから転職活動を始めておけばよかったと後悔したぐらいです。悩んでいる時間がもったいないと感じました。

以下が僭越ながら、これからリクルートエージェントに登録して転職する方への5つのメッセージです。

メッセージ

  • 転職活動は不安だけど怖くない
  • 40代でも転職できる
  • キャリアアドバイザーは親切に対応してくれる
  • 積極的に企業に応募する
  • キャリアアドバイザーに背中を押してもらう

リクルートエージェントで一番良かったのは、やっぱりキャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーの方がうまく背中を押してくれなければ、小心者で臆病者の私は企業の面接すらできなかったでしょう。

40代の転職はいろいろ引け目も感じて行動が億劫になってしまいますが、そういうときこそキャリアアドバイザーにうまく背中を押してもらうことが大切です。

これから転職活動を始めるなら、私のオススメはこのページで紹介している通りリクルートエージェントです。

もし他の転職エージェントを探したい場合は、こちらの「40代転職サイトまとめ」を参考にしていただけると嬉しいです。40代向けの転職アプリや転職サイトの特徴やメリットをまとめています。

40代での転職で今の会社を辞めなければならないことに不安な方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

お祈りしている男性
「40代で退職する」と決めているはずなのに、行動できない理由

「40代で退職する」「40代が退職するラストチャンス」と決心したはずなのに、なかなか会社へ退職告白できず、5年以上もウジウジ悩んでいたことがありました。 家族にも「いつか退職する」って宣言してたんです ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

記事を検索する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル