40代転職成功には、求人の背景を裏読みする力が必要

使える転職理由を考えるなら、まず求人の背景から探ってみると良いです。

求人の背景を探るということは、つまりは企業側の都合を考えることです。企業側の都合を考える時は、下のようなことを考えてみるとわかりやすい。

なぜ、その求人が出されているのか?

なぜその会社から、この時期に、この部署で求人があるのか。

しかも若い年代だけではなく、40代でも何故エントリーできるのか。

転職理由を考えるとき、ついつい自分の都合のことから考えてしまいがちです。家族もいるし、早く転職先を決めたいと焦ります。

そういう気持ちもわかります。でも、そこはぐっと抑えて、まずは求人の背景を企業側の都合から考えてみてください。自分の都合はその後にとっておきましょう。

まずは企業側の都合から考える。それが使える転職理由となるのです。

組織から離れたからこそ、逆に組織の論理がクリアに見えてくる。

skyline

なんでこんな偉そうなことが言えるのかというと、退職したからです。

退職して企業という組織から離れることによって、逆に会社組織というものがクリアに見えてくることがあるのです。

その中のひとつに、人材の採用があります。

起業に失敗して未だ食えない身ながらも、一個人事業主として誰かに仕事を頼もうと考える場面がちょくちょく出てくるものなのです(妄想含む)。

仕事を頼むというのは、ある種人材の採用に繋がる話でもあります。その場合、人材のどういう点を見るかということをまず考えます。

個人事業と会社組織は完全にイコールではありませんが、人材の採用という面においては、どちらも似たような本質をもっています。

スポンサーリンク

転職理由の質問で採用がほぼ決まることもある

write

40代の転職での採用面接では、なぜこの会社に転職するのかという、いわゆる転職理由を必ず問われます。問わない企業はありません。

なぜなら、この質問で、その人の仕事に対しての考え方や姿勢が、採用担当者の直感としてわかるからです。

「あ、この人はこんな感じの人」というのが、今までの経験でピーンと来るんです。この直感というのが、実は採用を決める面においては結構強いと思います。(「そんなことあるわけないよ」と人事の人は隠すかもしれませんが)

だからこそ、転職理由は事前にきちんと構築する必要があるのです。

人事担当者はあなたの採用で将来が決まる

conference-room

採用の担当者は、会社を代表する重要な存在です。

経営の三要素は、ヒト、モノ、カネと言われます。人材は、経営の三要素のなかでも一番重要なものを扱います。

人材という会社が、利益を生み出す源泉を扱っているのです。

変な人材を採用してしまうと、社長はじめ会社幹部からの評価が下がるのは当然ですね。会社の上層部は、いつも社内の人材に目を光らせています。誰に何の仕事をしてもらうのが一番効率が上がるかを常に見ているからです。

そうしておかないと、いつ何時新しい事業をするようになったから、だれかいい人材いないかとなったときに、真っ先に提案することができないからです。当然一番最初に提案して名乗りを上げることができれば、評価アップ間違い無しです。出世の王道です。

採用担当者はその機微を熟知しているので、配属先の仕事や人間関係も踏まえて、そこに最適な人材を採用しようと奮闘しているわけです。

もし他にも志願者がいて、ふるいにかけなければならない場合は、コミュニーケーション能力というか、人柄を見ることになるでしょう。配属予定部署の人たちと、とりあえずうまくやっていけるかどうか。そこを見るでしょう。

なぜなら、そこの部分がきちんとフィットしていないと、その部署の部門長からクレームくるからです。「なんでこんな奴採用したのか。あいつ人を見る目無いな」なんて言われたら、その人事担当者の評価は下がり、なかなか出世できないでしょうね。他の部署への異動の話も出てくるかもしれません。

逆に「こんな良い人が来てくれて助かったよ。さすが!」という一言があれば、人事担当者の株も上がるというものです。人事担当者も組織の一員ですから、社内での評価を上げることが一番のモチベーションアップにつながります。

だから、人事担当者が採用の時に一番念頭にあるのは、配属予定先の仕事やメンバーの人間関係、部門長の性格です。この部門長から褒められるかどうかを判断基準にしているのです。

管理人
管理人

スポンサーリンク

採用担当者のツボを押す

speaking

このような判断基準が、採用担当者の頭の中にはあります。つまり、採用担当者は企業側の都合しか考えていないのです。

とすれば、転職志望者がいくら自分の都合でものを言ったって、心に刺さるはずはありません。採用担当者のツボを押さないと、やっぱりうまくいかないのです。

それには、まず企業側の都合を推理するのです。真実を追求する必要はありません。推理するだけで良いのです。

なぜその求人が出されているのか。その理由を考えます。市場動向、業界の動き、その会社の業績の推移などなど。ネットからの情報、新聞や雑誌、自分の知識、経験など、すべてを総合して考えます。

そうして考えていくと、「ははーん、こういうことかな?」というのが閃きます。そこがひらめいたら、後は簡単。自分の経歴がその部分にうまくハマるかどうかを検討すれば良いだけです。

この会社の求人理由がわかった上で、自分が組織の歯車として提供できる部分は何か。そこまで考えを膨らませて、初めて採用担当者の印象に残る転職理由となるのです。

転職理由に困ったら、まずは、この会社はなんで求人してるのかを考えてみるようにしてください。しばらく考えているうちに、良い感じの転職理由が見つかるはずです。

採用担当者のモチベーションポイントは、やっぱり企業都合ですからね。

■登録しておきたい転職アプリ

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

ミイダス

■登録しておきたい転職サイト・転職エージェント

リクルートエージェント

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル