今すぐに平凡な毎日を変える方法。だから40代で退職した。

今すぐに平凡な毎日を変える方法

会社行きたくない

仕事嫌だ!

こんな毎日、これからも過ごしていくのだろうか?

そんな逃げ場の無い悩みを今すぐ解決する方法があります。

私はそれに偶然気がつくことができたので、40代で家族もいましたが新卒から20年近く勤めた会社を辞めました。その方法は、退職後の精神的な支えにもなっています。

このページでは、今すぐ平凡な毎日を変える方法についてご紹介いたします。

今すぐに平凡な毎日を変える方法

今すぐに平凡な毎日を変える方法。

それは、人生の目標を持つことです。

これはすごく簡単なことのように見えるけれども、けっこう真剣に考えている人は少ないはずです。

もしあなたが人生の目標を持っていれば、下の質問に即答できるはずです。

質問

一度しかない人生で、自分は何をしたいのか?

この問いに、一言で即答することはできるでしょうか?

「一言」で「即答」です。

たとえば、「アレルギーの子供が安心して食べられるレストランを作りたい」とか「本格的なブルース演奏を聴けるライブハウスを作りたい」、「日本から電信柱を無くしたい」と言ったような感じです。

多くの人が平凡な毎日を繰り返している理由

おそらく多くの人が即答はできないはずです。そうなったらいいなとは思うけど、自分ごとで考えずに、「まあなるようになるんじゃない?」程度に考えている人が大半だと思います。

だからこそ、多くの人が平凡な毎日を繰り返している理由でもあるわけです。もちろん、それがベストなんだ!と言う人もいるでしょう。そういう人はそれでハッピー。なにも問題は無い。

でも問題は、「そういうのは嫌だ」と感じている人です。

こんな毎日嫌だ!と思っていても、「じゃあどうしたらいいのか?」が見つからなくて、結局何もしないんです。

その結果「何か良いことが降ってわいてこないかな?」と受け身で、毎日を過ごしているわけです。

でも現実は厳しくて、「何か良いことがあればいいな」と思っているだけでは、何も変わらないのです。

願望が強ければ、希望の部署に異動したとか、まあ少しぐらいは良いことはあるでしょう。

しかし、本質的なところは本当に何も変わらないです。私の実感としてもそう思う。

40代で会社を辞めた理由

私も40歳を迎えるまでは、自分の人生の目標を漠然と考えていました。自分が年取ることさえイメージできずに、「まあなんとかなるよ」とお気楽に構えてました。

平凡な毎日に嫌気を感じながらも、平凡な毎日を繰り返していたのでした。

でもそれが突如として、崩壊してしまったのです。我に返った、といった方が的確もしれません。

それまではずっと「会社を辞めたい」とだけ思っているだけでした。でもただ単に思っているだけで、具体的には何も行動していませんでした。

会社を辞めて独立したいとおもっていても、その準備は全くしていなかったのでした。

そのときのことは、こちらのページで書いています。よかったら読んでみてください。

関連記事
突然、夢が覚めた
迷いを断ち退職を決断する、たったひとつの質問

あなたは、「我に返る」経験をしたことはありますか? 「我に返る」とは、 ハッと気づいて、「自分は今まで一体何をやっていたんだろう?」と、自分を冷静に見つめ返すことです。 私にはあります。 これは、私の ...

続きを見る

このときを境に、自分の人生の目標を真剣に考えるようになりました。

それが出発点となって、今のままでは不充分だと言うことに気づき、じゃあ自分の目標を達成するためにどうするかを具体的に計画するようになりました。

その結果として、会社を辞めるという決断をして、実際に辞めることにしたのです。(とかっこいいことを書いていますが、実際には我に返ったときから退職するまで数年かかってます。)

起業に失敗しても、派遣でワーキングプアになっても諦めない理由

私は、傍目からはかなりの失敗者でしょう。起業に失敗して、低賃金の派遣で働かざるを得なくなって、一時ワーキングプア状態に陥ったこともあります。

それでも諦めずに再起を目指してチャレンジしよう!と思えるのは、まだ自分の目標を達成していないから。まだ最初のステップの自分の事務所を持つことすら達成できていない。せめて自分の事務所を持つことぐらいは達成して、自分の人生を終えたいですよ。

自分の事務所で働いているといるシーンを想像して、いつか本当に実現したい!そう思うから、なんとか粘ることができているのです。

スポンサーリンク

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

もはや「平凡な毎日は嫌だ」と、言っていられなくなる

あなたの人生の目標。

一言で即答できていなくても、何かあるはずです。

死ぬまでにこれをやりたい!

「死ぬまでにこれをやりたい!」といった感じのもの。

「世界一周旅行をしたい」「本を出版したい」「アプリを作りたい」

こんな感じの願望のようなものでも良いです。なにかひとつぐらいはあると思います。

目標を実現するために今なにをしてる?

もしその目標があるのであれば、今その目標を達成しようと動けていますでしょうか?

今の生活は、それを達成するためのレールの上に存在していますでしょうか?

もしかすると今乗っかっているレールは、ゴール予定地点とはまったく違う方向を向いているかもしれません。(だからこそ「平凡な毎日は嫌だ」と、無意識で心が叫んでいるのかもしれません。)

あるいは同じレールに乗っていたとしても、自分の目標を忘れているだけかもしれません。

もしそうであれば、今一度思い返してみたいです。平凡の毎日が黄金の毎日に一瞬に変わるかもしれません。

人生の軌道修正は40代がベスト
なぜ40代は人生を見つめ直す必要があるのか?

40代というのは、不思議な10年です。人生においてどんなステージにあるのか、これから先を見据えて今やるべきことは何なのか。実体験から語っています。

続きを見る

スポンサーリンク

平凡の毎日を黄金の毎日に変える

自分の目標に向かって毎日なにか少しずつ行動を積み重ねることで、充実感が生まれます。

たとえば世界一周旅行を実現するのであれば、その準備として旅行ルートを計画するなどの行動が必要になってくるでしょう。

世界一周旅行実現に向けて、毎日少しでも前に進めている実感があれば、もう「平凡な毎日」など消えてしまうと思います。その代わりに、毎日が充実してきます。少しずつ自分の目標達成に近づく行動をすることによって、一日一日が意味のある時間となるからです。

そして未来の遠くない日に目標を達成したとき、世界一周旅行の計画をしていた頃を振り返って、こう思うでしょう。

「準備をしていた頃があったから、いま自分は目標を達成することができた。あの頃は、まさに黄金の毎日だった。」

目標に向かって準備を始めよう

自分の人生の目標を達成するために動けていないなら、じゃあ、何をするべきでしょうか?

こんなことしていられない!

そう思うはずです。

と言っても、いきなり会社を辞めることはせずに、たっぷり時間を取ってしっかりと準備や計画を練るべきです。なんといっても今は会社から給料をもらえているのですから。

会社にいながら空いた時間を使って準備することはできるし、むしろそのほうが最短ルートで達成できるかもしれません。(会社を辞めてしまえば、様々な問題に直面してしまい、自分の目標達成どころではなくなってしまう場合も多いです。)

何を準備するのか?

目標を達成するためには、越えるべきハードルがたくさんあります。

世界一周旅行なら、まずはお金の問題でしょう。どのくらい時間がかかるものなのかを計算しつつ、交通手段をどうするか、安全をどう守るのか等々、事前に準備することが出てきます。

実際に世界一周旅行をした人の話が聞きたくなるかもしれません。体験記を読んでみたり、体験記を書いた人にコンタクトして会って話しを聞くこともしようと思うかもしれません。

旅行費用を貯めるために、家計を見直して節約を始めることも準備のひとつです。目標とする金額を貯めることができれば、それが世界一周旅行のタイミングになるわけです。

スポンサーリンク

いつまでにやるのか、最終期限を決める

いくら準備や計画をしていても、準備のための準備や計画のために計画をしていたのでは、何の意味もありません。

いつまでにそれらの準備や計画を終わらせるのか。つまり、いつまでに目標を達成するのか、その最終期限を決めることです。

最終期限を決めたら、今度はそこから逆算していつまでに何をやるかを設定していきます。こういう風に設定していくと、目標までの道のりができてくるはず。

できればその道のりを簡単なリストにして、スマホなどに入れていつでも見れるようにしておくと良いです。私もスマホに入れていますが、気分が落ち込んだときなどに見返すと、勇気が出てきます。

退職日までのロードマップ
退職当日までのロードマップを作ってみよう!

退職しようかどうしようかと悩んでいるときは、退職に至るロードマップがきちんと描けていない場合が多いです。退職ロードマップを描くことで、自分のやるべきことが明確になり、会社を辞めたその先まで見通すことができます。すぐにできるロードマップの作り方を説明しています。

続きを見る

スポンサーリンク

今からでも遅くない

死に神

自分の人生の目標?

40歳過ぎて、何言ってるの?

そんな歳になって人生の目標を達成していないなんて、完全に敗北者だよ。

こういう風に言う人もいるかもしれません。

でも、「人生の目標をいつまでに達成しなければならない」という法律もルールもないのです。誰もが、いつでも好きなときに目標を計画し達成する権利を持っています。

たとえば、90歳のおじいちゃんが100歳までに10個のスマホアプリを制作する目標を立てたとして、誰が非難するでしょうか。誰もが「やってみると良い」と賛成するはずです。もしかすると、それだけで全国のニュースになるかもしれません。

今からでも決して遅くはありません。なぜなら、まだ人生は続くからです。

まだ終わっていないんです。

と、ここまで書いて、北野武監督の映画「キッズリターン」の最後の台詞を思い出しました。

「マーちゃん、俺たちもう終わっちゃったのかな?」

「バカヤロー、まだ始まっちゃいねぇよ」

北野武監督「キッズリターン」より

この意味深な名台詞を胸にしみこませて、前を向いて歩んでいきたいです。

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

ハタカズの部屋
7日間お試し無料!

退職の迷い解消ハンドブックバナー

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

管理人ハタカズ

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。詳しいプロフィール ■PDF冊子「退職の迷い解消ハンドブック」無料プレゼント中!

© 2022 40代退職のリアル