40代の不安・悩み 会社が嫌

毎日が辛い!会社が嫌いな人が今すぐ考えておくべき、究極の2択

私は、会社が嫌でした。

会社を退職する直前の1~2年は、会社が嫌で嫌でしょうがありませんでした。

毎朝、抑うつ気味で出社していたことを思い出します。

でも、退職した今から考えると、それはそれで意味のあることだったと思います。

もし、会社が嫌じゃなかったら、そもそも退職なんてしませんからね。

会社が嫌!から、新しい人生が始まる

一体いつまで憂鬱を続けるのか?

私の場合。

もうね、日曜日の朝から憂鬱になるんですよ。

「ああ、今日も会社が嫌だ。いったい、いつまで会社が嫌だ、といい続けるのか?」

何回嘆いたことでしょうか。

でね、結局、嘆いている自分すら嫌になってくるんですよ。自己嫌悪に陥るんです。

「定年まであと20年嘆き続けか・・・・・・」

「このまま嘆き続ける人生って、意味あるのか」

そう思うと目の前が真っ暗になるんです。

もう、こうなったら病気ですね。

私は、自分でこの病気を、「会社イヤイヤ病」と名づけました。

会社が嫌で嫌でしょうがなくなる病気です。私が勝手につけた病気で、本当の病気ではありません。

そんなに会社が嫌だったら、さっさと辞めればいいのに。

そう思うかもしれません。

でも、そう簡単に辞められないから、そんな病気になっちゃうんですよね。

スポンサーリンク

変わらなきゃいけないのは、「自分」だった

そんなことを繰り返していると、ある日、気づくんです。

「会社が嫌だ」と嘆いているだけじゃ、何も変わらないことに。

会社が嫌と思っているのは、自分自身。

会社は、何も悪く無い。

だったら、自分自身を変える必要がある!

「会社が嫌なのは、結局自分が原因だ」ということに気づくのです。

まあ、アタリマエのことですけど。

水平線の写真

2つの選択肢

そのことに気づいたら、選択肢は2つあります。

「会社を好きになるか」、それとも、「会社を去るか」。

どっちかひとつです。

どっちかを選んでください。

実は、ずっと以前から無意識ではわかっていたんです。「会社を好きになる」か、それとも「会社を去るか」で悩んでいたんです。

でも、どっちを取るか選べなかったんです。決められなかったのです。

この決断を下せないから、苦しくなっていたんです。悩んでいたのです。

いまこそ決めよう!

ずっと苦しんでいても何も始まりません。会社が嫌だと嘆くばかりでは、何も変わりません。そして、誰も助けてはくれません。

結局、全て自分の力でどうにかするしかないのです。

会社を好きになるか、それとも、会社を去るか。どっちかひとつです。

「会社が嫌でしょうがない!」という状態は、無意識がそろそろどっちか決めてよ!と悲鳴を上げている証拠です。

これ以上先延ばしにしていても、辛いだけです。

決めてしまいましょう。

目をつむって、直感で考えるといいですよ。世間体はあまり考えずに。

まだまだ人生はわかりませんよ。

40代は人生の折り返し地点。

あなたの人生で、今が一番「若い」のですから。

https://40taishoku.com/taishoku-decision/theme-of-your-life/

https://40taishoku.com/taishoku-decision/mayoi-atarimae/

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

Copyright© 40代退職のリアル , 2019 All Rights Reserved.