「どうせ失敗する」からの卒業。うまくいかない人の実践方法

どうせ失敗するの対処方法

どうせ失敗する

自分に自信がない

なにやってもだめ

どうせ自分の人生こんなもの

気分が激しく落ちこむ月曜日の朝

出勤前のこんな憂鬱な気分はどうにかならないのでしょうか?どうしたらこんな最悪な気分を消せるのしょうか?

40代で退職し失敗ばかりの人生を歩んできた筆者ですが、それでも後悔なく前を向けるのは、「どうせ失敗する」「なにやってもだめ」の対処方法を実践してきたからです。この方法はだれでも実践でき、私も毎日気づいた時にやって効果も得ています。

とくにどうしてもプラス思考などできっこない!無理!という方にお勧めする方法です。なぜなら、私もプラス思考無理だから。

なんのことはない。これは全部自分のこと

どうせこんなもん。失敗する。どうせうまく行かない。俺の人生、どうせこんなもん。

なんのことはない。全部私のことです。

ぶっちゃけ私は失敗だらけです。人生で良かったのは、会社を辞めれたことぐらいです。

起業にも失敗して、派遣でもクビ切られる始末。自信ゼロです。人と会うとダメ出しを食らうのではないか、といつもビクビクしています。

再起を賭けたプロジェクトだって遅々として進まない。むしろ後退していっています。カネはどんどんなくなるし、いったいどうするの?という感じ。

こんなことを毎朝思って苦しんでます。

そんなことを言われても、どうしようもない

でも、こんなことを言っても仕方ないでしょう。聞いている方としては、どうしようもないですよね。

まるで、うまくいかなくて泣き叫んでいる子供みたいですよね。ネガティブなことを言えば、誰かに助けてほしいと同情をひこうとしているかのように聞こえますよね。

いい歳した大人に、誰もかまっちゃくれないのです。泣き叫んでも誰も助けてくれません。むしろ、変な目で見られるのが関の山。

何言ってるの?そんなの自己責任でしょ?

だから、できる限り自分で対処するしかない。あるいは、相談できる公共の施設に行くか。でも、そこでも結局は医者行けで終わるかも。

もし仮にも無償で助けてくれる親切な人がいれば、それはあなたを搾取しようという下心があるから、とも言えます。世の中そんなに甘くはないのです。

関連記事
仮想物語「ひとり起業破滅への道」

退職して、ひとりでフリーランス的に起業しようと考えている方も多いと思います。 私の経験では、ある程度社会人経験のある30代〜50代の方が、ひとり起業を考えている人が多いように思います。 ひとり起業をや ...

続きを見る

じゃあ、どうしたらいいのだろうか? 絶望しかないのだろうか?

スポンサーリンク

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

プラス思考になりなさいとは言うけれど

人に相談すると、考え方がネガティブだからプラス思考になりなさいと教えてくれます。

ネットを検索すると、プラス思考になるのが一番良い方法というアドバイスが多いようです。

一見もっともらしいように思えるのですが・・・・・・・・・。

そんなの無理

でも実際問題として、プラス思考ってどうしても感情的に受け入れられないものがあります。

プラスに考えようとしても、どうしてもネガティブになってしまうのです。ネガティブが強過ぎるんです。

プラス、プラス、プラスと考えていても、すぐにネガティブ、ネガティブ、ネガティブに戻ってしまいます。それほど根が深くマイナスに考える癖がついてしまっています。

いまこんなに気分がマイナスなのに、プラス思考してる余裕なんかありません!

そもそもプラス思考ができる人は、幸運で満たされている人ですよね。私のネガティブな思考を作り出している状況など、経験したことも無いのでしょう。だからこそ、上から目線でプラス思考になりなさいと言っているのではないか?と疑ってしまいます。軽く敵意すら感じます。

私はそんな人じゃないから、「ぜったい無理!」なのです。

プラス思考は疲れる

そうはいっても、一時は試したことはありましたよ。何事もプラスに考えられる自分になれれば、なりたいですからね。

でも、わたしには合いませんでした。疲れちゃったんですよ。プラス思考のふりをするのに。

根っこがネガティブなのに、上からプラス思考でカバーし続けるのはパワーが必要なんですよ。

ところで、次のような話をご存じでしょうか?失敗する人の典型例です。

スポンサーリンク

起業失敗する人の典型だった・・・・・・・・・

古典的な自己啓発書で有名な「大きく考えることの魔術」ダビッド・シュワルツ著に、事業や仕事で失敗した人の話が出ています。

そういう人たちの失敗の理由として多く出てくるセリフは、「どうせうまくいかないだろう、と思っていた」という類いのものだということです。心が信じていなかったり、疑っているときには、心が自分を信じない理由をあれこれ作り出してしまい、それが失敗を生み出すのだ、と書かれていました。

「どうせうまくいかない」「どうせ失敗する」という否定の言葉を常に自分に投げかけている人は、それが理由で失敗する、ということです。

「どうせうまくいきっこない」と嘆いてばかりいる私も見事失敗する人の典型に当てはまる、ということです。

でももう、失敗は懲り懲りです。できるなら、うまくいくようにしたい。でも、プラス思考に変えるのは受け入れられない。

じゃあ、いったいどうしたらいい? 

ここからは、私の実践している方法をご紹介します。

【amazon】 大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある

実践して効果があった方法はコレ

ちょっと結論を出すまで引っ張りすぎてしまいましたが、私が実際に実践している方法を紹介します。

「大丈夫、うまくいく」に置き換える

置き換えシンキング

私のやり方はとてもシンプルです。

「どうせ失敗する」と考えてるなと思ったら、「大丈夫、うまくいく」と考えるだけです。

なんか置き換えダイエットみたく、「どうせ失敗する」というネガティブな思考が浮かんできたら、「大丈夫、うまくいく」に置き換えてあげるんです。

これなら、無理やりプラス思考しなきゃ、というプレッシャーもなく、その都度考え方を置き換えるだけだから、とても簡単です。

気分が落ち着くのが最大のメリット

「大丈夫、うまくいく」に置き換えてあげると、これまで不安でいっぱいだったのが、ふわっとした安心感みたいなのがやってきます。

効果は、それだけです。

でもネガティブな状態のときって、それだけでもありがたいんです。実際、不安で眠れないときは、「大丈夫、うまくいくよ」と考えを置き換えてみると、うまく眠れるときがあります。これだけでラッキーだと思います。

余談ですが、全身麻酔の経験はありますか? 人によって違うかもしれないんですけど、麻酔のクスリが体に入ってくる瞬間って、フワッてなってなんかすごい安心感が湧いてくるんです。それと同じような感覚です。わかりにくいかもしれないですけど。まあなんかそんな化学的な効果がある。考えるだけで、そんな効果がある。

砂漠状態のところにいきなりオアシスができたみたいなイメージです。これまで殺伐とした感じがスーッと消えて、気持ちも落ち着いてきて、なんとなく「前に進めそうかもしれない」感じが見えてきます。

何回も繰り返す

でも、すぐに効果なくなるんです。長続きしないんですよ。

またすぐに自信無くなって「どうせ失敗する」モードに戻っちゃうんです。だから、また置き換えするんです。それを何回も繰り返します。

すると、そのうちにネガティブ思考して事自体忘れちゃうんです。

また翌日、翌週、同じようなネガティブ思考が出てくるかもしれません。でも出てきたら、その都度「大丈夫、うまくいくよ」と置き換えて上げるだけ。

スポンサーリンク

ネガティブ思考に気づこう!

どうせなら、この置き換え思考法を習慣すると良いです。

一日の中で何回かネガティブ思考に気づいたら、サッと置き換えてあげます。そんな癖をつけていくと気持ちも大きくなって、行動範囲も広がってくる感じがしてきます。

今まで敬遠してたYoutube動画も見てみようという気になったり、ずっと先延ばしにしてた仕事も今日やってみようという気になるかもしれませんよ。

無理やりのプラス思考は疲れちゃう方、プラス思考というノリに拒絶反応をしてしまう方に、とくにオススメです。

一瞬でできるし、お金もかからないし、是非試してみてください。

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

関連キーワード

, , ,

退職の迷い解消ハンドブックバナー

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

管理人ハタカズ

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。詳しいプロフィール ■PDF冊子「退職の迷い解消ハンドブック」無料プレゼント中!

© 2022 40代退職のリアル