転職か独立か?退職に悩んだ時に役立つ「人生のテーマ」設定方法

退職するか会社に踏みとどまるか、あるいは転職するか独立するか。

どちらにするか判断つかない場合は、自分の「人生のテーマ」を考えてみると、意外と腑に落ちたりします。

「人生のテーマ」と言うのは、自分の人生で何を大切にしたいのか自分に問いかけてみる、ということです。「人生のテーマ」は、人によって様々ありますね。人生いろいろということです。

ちなみに私の人生のテーマは、「他人からあれこれ指図されたくない」です。会社員というのは、「他人から指図される」ことで給料をもらっています。でも、私の場合はそれをとても窮屈に感じていました。もっと自分で決めたい。自分で自分の人生をコントロールしたいと思ったのです。そのため、退職という決断をしたのです。

退職した今から思うと、今の生活に100%満足しているわけではないですが、自分の「人生のテーマ」に沿って退職したことは、決して間違いではなかったと思っています。二度と会社員に戻りたくないので、必死にがんばっております。

今の自分は、「人生のテーマ」に沿っていますか?

空

果たして今の自分は、「人生のテーマ」に沿って生きているか?

退職に悩んだ時は、「人生のテーマ」に照らして考えてみると心が軽くなるときがあります。今後どうしようか、光が見えてくるきっかけになったりします。

もし、自分の「人生のテーマ」に沿って生きていないなら、直ちに軌道修正する必要があります。なにかがおかしくなっているのです。そのまま放っておくと、自分の思いとは別の方向に人生がすすんでいく可能性があります。

スポンサーリンク

「人生のテーマ」は、簡単に決めつけない

でも、自分の「人生のテーマ」は、簡単に決めつけない方が良いです。よくいるんですよ。簡単に自分のことを決めつけてしまう人が。私もその1人なんですけどね。一度思い込んだら、簡単には変えられない性格の人に多いんですよね。

というのも、「人生のテーマ」って、とっても勘違いしやすいのです。ほら、自分っていろんな顔があるでしょう? 意地悪な顔だったり、案外人に優しい面があったり。人間っていろんな顔があるから、それだけ勘違いもしやすいのです。

勘違いして間違った「人生のテーマ」にもとづいて、大切な人生の判断を狂わせてしまったら恐怖です。まあ、それも勉強なのかもしれませんが、できるなら、この機会にじっくり考えておきたいですね。

じっくり自分を観察する

「人生のテーマ」を考える時は、1日とか1週間で答えを出すのではなく、少なくとも1ヶ月~半年はじっくり自分を観察してみるのが重要です。

ヒントは、自分の気持ちにフォーカスすること。特に、「嫌な気持ちになった時」と「嬉しい気持ちになった時」。これら2つの気持ちに焦点を当てると良いです。

嫌な気持ちになったとしたら、なぜそんな気持ちになったのかを考えてみる。また、嬉しい気持ちの時は、どうして嬉しい気持ちになったのかを考えてみる。そうすると、だんだん「人生のテーマ」が炙りだされてきます。

私の場合、嫌な気持ちの時は、必ず嫌いな人からアレコレ指図された時でした。自分が尊敬できる人から指図されるのは特になんとも無いのですが、それ以外の人はどうしても嫌な気持ちになってしまうのです。

日記に記しておく

頭で考えているだけだと忘れやすいので、日記みたいに記録しておくと良いでしょう。何回も見返していると、これは違うんじゃないかな? 本当はこういうことじゃないのかな? と気付くことができるようになります。

日々の仕事に流されているだけだと、このような自分の気持ちに気付かないで放っておくことになりかねません。ほんのちょっとでいいので、自分の気持ちにフォーカスする習慣を作っておきましょう。

その習慣は、今度のあなたの人生のあらゆる場面で力を発揮すると思います。

おすすめの日記の付け方

ちなみ私は、パソコンで日記をつけていました。

ファイルメーカーというデータベースソフトを使って、自分でオリジナルの日記帳を作っていました。

プログラミングの知識がなくても、レゴみたいなブロック感覚で、自分好みのレイアウトとかで作れるので、すごく親しみやすくなります。

3日坊主になることもなく、今も続けています。

紙の日記だとかいたらそれっきりで、後で見返すのも面倒ですが、パソコンで日記を書くと、検索できるので便利。例えば、1年前になにしてたっか?というのが瞬時にわかります。

このブログも、退職に悩んでいた日記をもとに書いています。日記をつけていなければ、このブログも無かったかも知れません。

ファイルメーカーでの日記の書き方は、ネットで調べるといろいろヒットしますので、参考にして作ってみると良いでしょう。

割とオススメは、こちらのサイト。有料ですが、サクッと作り方を知るには良いと思います。

最後に

40代は、人生の折り返し地点。さらには、キャリアの折り返し地点でもあります。この時期にしっかり自分に問いかけてみるというのは、決して時間の無駄では無いと思います。あなたがこうして退職について考えているのも、つまりは、これからの残りの人生を形作っていきたいという思いのあらわれかもしれません。

https://40taishoku.com/taishoku-decision/madowazu/

2度と無い人生。答えはすぐには出ないかもしれません。何日もかかるかもしれません。後悔しないようにしっかり考えたいです。20代の若い頃と違って、今のあなたは40代。人生においても社会においても成熟した考えができるはずです。

https://40taishoku.com/family/taishoku-no-timing-ga-wakaru/

是非、この機会にあなたの「人生のテーマ」を考えてみてください。

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル