退職は人生の撤退戦略。40代で退職してから気づいたこと

40代で退職することは、負け犬になること。

退職を考えている時点で、人生うまく行っていないことの証拠。

このように考えたことはありませんか。

私はあります。

退職に悩んでいた時「自分は負け犬じゃない!」と、必死に否定していました。

でもある時、

「やっぱり自分は負け犬だよ」

と認めてみたんです。

そうしたら、気持ちがスーッと軽くなったことがありました。

人生うまく行っていないんだから、しょうがない。

だったら今の会社からは一度撤退して、他の道を探せば良い。

こんなふうに思うことで、なんとなく踏ん切りがつきました。

会社に退職を告白する勇気が湧いてきたんです。

負けを認める

man smile

「自分は負け犬」「人生うまく行ってない」を肯定することって、かなり重要だと思います。

40代で退職を考えると言うことは、つまり20代30代はそれなりにうまく社会を渡ってこれたと言うことです。

今に至るまで悩みはあったかもしれませんが、立派に仕事をこなし、社会人として信用を築いてきたのです。

それなのに、40歳を超えた今。

会社を辞める決断をしようとしている・・・・・・。

それは会社の競争から脱落してしまった、レールから外れてしまった、ということを意味します。

簡単に言うと、落ちこぼれ、敗北者ということです。

そもそも会社でうまくいっていれば、何も退職なんてしなくて良いんですから。

会社でうまくいっている人と自分を比べれば、どっちが敗者かは確実でしょう。

ここで「違うんだ!俺は負けてない」と反抗したくなるかもしれません。でも、それはまだ会社に未練がある証拠かもしれませんよ。

次に進むためには、いったん負けを認めることです。

「そうだよ。会社では負けたかもしれん。でも自分の人生には必要な負けなんだ。」

「負け」をゴクリと飲み込む勇気はありますか?

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

退職の決意を揺るがすセリフ

man smile

よし、負けを認めようと決意したのもつかの間。

退職の決意を真剣に考え出すと、こんな言葉がせっかくの決意を揺るがせてきます。

「辛くても、みんな歯を食いしばって頑張っているんだよ」

「家族もいるのに、会社辞めちゃってこれからどうするの?」

退職を考えると、こんなセリフが聞こえてくるようになります。

半分は、両親や妻から。もう半分は自分の心の中でのせめぎ合いから。

スポンサーリンク

うまく行っていない事実を受け入れる

「いや違うんだ。どうしても辞めたいんだ」

自分でいくら否定しても、みんなの言うことの方が正解です。

だから無理して否定なんてせずに、受け入れてください。

実際のところ、人生うまく行っていないのは事実なんですから。

うまく行っていないからこそ、軌道修正が必要なんです。

軌道修正して、これからうまくいくようにすれば良いのです。

ロックバンドのフレーズに学ぶ

渋い男性

負け犬として生まれ、勝つために生きる

Born to lose, Live to win

Motorhead

これはモーターヘッドというイギリス出身のロックバンドが言っていた有名な言葉です。

今は負け犬かもしれないけれど、軌道修正してこれからは勝つために生きていく、と言う力強いメッセージです。

負け犬から出発するからこそ、次に勝つことを信じて強くなれるということなのです。

40代からの再出発。

いいじゃないですか。

退職してから気づいたこと

man coffee

退職するというのは、人生の軌道修正ということです。

今の会社でうまくいっていないのは事実です。(だからこそ退職を考えたはず。)

うまくいっていない今の会社からいったん撤退して、起動修正する。

ただそれだけのこと。

撤退は大企業でも普通にやっている

撤退というと、なんだか逃げるみたいですが、企業だって普通にやっています。

大企業だって優良企業だってやっていることです。

新規事業に参入してうまくいかなければ撤退するのも当たり前の話です。

実際に撤退業務をやった経験をお持ちの方も多いでしょう。

タイミングよく撤退することができているからこそ、優良企業たり得ていると言う見方もできるぐらいです。

スポーツ選手だって、試合に負けた時は気持ちを切り替えて次の試合に臨んでいます。

気持ちをうまく切り替えることで、ぼろ負けした次の試合で圧勝することもあるのです。

ならば自分も同じように撤退したら良い、とは思いませんか。

撤退を決断する時が一番辛い

40代男性ビジネス失敗

私も撤退業務に何度か携わった経験があります。

撤退する時って、撤退を決めるまでが一番辛いです。

撤退してしまって本当に良いのだろうか、と何回も悩んだりします。立場の違う人の意見に惑わされて、自分の判断が揺らぐこともあります。

でも、撤退すると決めて、それを公表すれば一気に楽になるものです。

退職も決断するまでが一番辛い

退職も実は同じです。

退職する前は色々考えたり、悩んだりするんです。

でも、退職を決断して上司に退職を告白して退職が公になれば、一気に楽になります。

道がひらけたような気持ちになって、退職後の人生に前向きでいられるようになります。

私も会社の退職を告白した日の解放的な気持ち(達成感もあった)は、一生忘れないでしょう。

 40代で会社に退職告白したときの一部始終

退職は人生の撤退戦略

man success

長い人生、すべて順風満帆とは限りません。

時には情勢が不利な時、逆風が吹き荒れる時もあるでしょう。

だからそういう時は、撤退もアリ。

逆に我慢して踏みとどまっていれば、遭難してしまうから。

「逃げるが勝ち」ってよく言いますよね。

世間体を気にして無理するよりも、自分のために逃げるのも長い人生には必要なのではないでしょうか。

私は退職に悩んで、悩んで、悩んで、40歳になって後がなくなって、もうこれではヤバイと退職しました。

そんな私が退職に関して思うことは、退職は人生の撤退戦略ということです。

一度引いて、まだ態勢を立て直してチャレンジすれば良い。

「逃げるのか」と責めたてる人には、そう言わせておけば良いのです。

周りの人には負け犬として見えるかもしれませんが、あなたの人生はここから始まります。

まさに、「負け犬として生まれ、勝つために生きる」です。

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。PDF冊子「退職の迷い解消ハンドブック」無料プレゼント中!

© 2021 40代退職のリアル