40代での退職は負け犬人生の始まりなのか?

今ままで20年近く勤めて来た会社を辞めてしまうのは、負け犬人生の始まりなのでしょうか?

それは、ある一面から見れば正解かもしれません。

独立や起業をしてうまく行かなければ、無一文になるかもしれません。転職してうまく行かなければ、条件を下げてでも次の転職先を見つけなければいけません。

40代で安定した生活を辞めてしまうのは、大きなリスクが伴います。

そのリスクの大きさから、一度退職してしまえば転落人生が始まっていくようなイメージを持ってしまいます。

でも、本当にそうなんでしょうか? ちょっと考えてみたいと思います。

そもそも何に対して負けるのか?

負け犬人生って言いますが、一体何に対して負けるのでしょう?

会社の出世コースから脱落

「出世コースからの脱落」

これは、まあそうかもしれません。

会社を辞めてしまうのですから、会社に残っている人から見れば、退職したあなたは出世コースに負けたということになるのでしょう。

でも、それがどうした? と言いたいです。

役職といっても、所詮小さな会社の中の話です。

給料が上がるとしても、大金持ちになれるわけではありません。

ちょっぴりエリート気分は味わえるかもしれませんが、それは一生続くものではありません。

定年になってしまえば、会社の中の役職ほど役に立たないものはないですからね。

スポンサーリンク

正社員=安泰というレールから脱落

「正社員イコール安泰」

これは、いわゆる世間の声というやつです。

世間で言うところの正社員という言葉には、常に安泰というイメージがあります。

毎月安定して給料とボーナスが貰えて、ローンやクレジットカードの審査も通りやすい。なんとかいう企業で働いています、というだけで周りから信用される。保険や年金も会社から優遇されているし、確定申告すらする必要もない。会社の仕事さえ真面目にこなしてさえいれば、なんの苦労もいらない。

安泰な正社員を何故捨ててしまうのか? という世間の声。

このレールを踏み外してしまえば、苦労が待っているだけ。すなわち、転落人生が始まるというわけです。

自分に対してはどうか?

会社の出世レールからの脱落は、会社に残っている人から見て、負け。

正社員という安泰レールからの脱落は、世間の声から見て、負け。

これは全部他人から見た判断です。

じゃあ、自分自身はどうなのでしょう?

自分の心の声に対しては、負けなのでしょうか?

honest

自分の人生に負けるのはどっち?

誰が勝敗を決めるのか?

あなたは、他人の人生を生きているわけでは無い。

自分の人生を生きているわけです。

自分だけの人生を生きている。

ならば、誰があなたの人生の勝敗を決めるのでしょうか?

それは、やはり自分自身でしかないと思うのです。

自分が負けと思えば負けだし、勝ちと思えば勝ちなのです。

このまま退職せず、会社で頑張る人生

退職したい気持ちをおさえてそのまま会社に残るという選択をしたら自分はどう感じるかを、自分自身に問いかけてみてください。

自分の心を欺いてでも、安泰な人生を選んでよかったと感じるか。

多少のリスクをとってでも、自分の心の声に忠実に生きる人生を生きたかったと悔やむか

さあ、どっちでしょう。

一退職者からの声

私の場合は、このまま会社に残ったら必ず人生に悔やむと感じました。

自分の心の声に忠実に生きたかったのです。自分に嘘をついてまで、安泰を取りたくはなかった。

だからこそ、退職することを選びました。

かなり葛藤を繰り返しましたが、自分で出した答えは退職することでした。

退職の決断を誇りに感じている

あのとき勇気を出して自分の心の声に忠実になることができた、ということが、退職した今、自分自身の中で誇りに感じていることです。

もし今死んだとしても、志半ばで倒れてしまっても、自分に嘘はつかなかったという一点で、自分の人生に悔いはないと思っています。

退職後に手がけたビジネスが失敗して、今はなんとか生活するのに精一杯の毎日ですが、私自身は退職して負け犬になったとは思っていません。

どうにかして前に進んでいこうと、挑戦を繰り返しています。

リスクヘッジも大切

といっても、40代での退職は大きなリスクが伴います。家族にも負担がかかります。

自分の心の声も大切ですが、退職後のリスクを減らすことも忘れてはなりません。

こちらの記事で退職前の準備について書いているので、しっかり準備をしてリスクに備えることが必要と思います。

関連 退職前にやっときゃよかった。退職後に本気で後悔した3つのこと

20年間の葛藤
不安・憂鬱・プレッシャー!しがらみから逃れたい40代会社員の叫び

私は、40代前半で約20年勤めた会社を退職しました。 特に何かに秀でているわけではありません。どこにでもいる普通の会社員です。 毎日、定められた仕事を真面目にこなし、家に帰れば優しい父親。会社に残って ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル