起業 40代起業・独立開業 40代退職その後

40代起業成功の秘訣は、自分の決定に自信があるかどうか

会社員でいる時の自分と、起業後の自分。

一体どこがどういう風に変わっていくのでしょうか。

私の経験で言うと、両者の一番の違いは、すべてのことを「自分一人だけ」で決めているかどうかということです。

会社員時代は、周りに合わせているだけ

会社員時代は、「自分一人だけ」で決めることは、実は殆ど無いと言って良いくらいです。決めていると思っていてもそれは単なる幻想でしょう。ただ、周りに合わせているだけです。

会社の仕事だって自分一人で決定することは殆ど無いはずです。会社員であれば、組織論理、上司からの指示、前例や慣習、周りの意見などをミックスして判断しているはずです。

その証拠に、会社員は自分がした判断が正しかったかとても気にするものです。自分の判断について上司や同僚、取引先からどんな評価を受けているのか、非常に気になるはずです。

それはつまり、あなたが下した判断というのは、実は周りを意識して、周りに合わせた判断ということなのです。

起業すると、すべてを「自分一人だけ」で決定する

でもこれが退職後起業してしばらく経ち、サラリーマン意識が抜けてくると、すべての決定を「自分一人だけ」で決めるようになります。しかも100%の自信を持って。

その決定が人と違っても弱気になりません。人と違って無いが悪い、と開き直りさえします。

本当ですよ。その理由を見ていきましょう。

スポンサーリンク

自分の決定と生活が直結している

一番の理由は、上司がいないこと。つまり自分が最終責任者であるということ。

起業すれば自分がトップですから、自分で決定せざるを得ません。周りの意見などあるわけないし、前例や慣習さえおぼろげです。失敗すれば、すべて自分に跳ね返ってきます。

間違った判断を下せば、すぐ売上に直結します。売上に直結するということは、つまり生活がかかっているということです。

良い判断を下せば成果を得られますが、間違った判断ならば廃業するしかありません。事業が成り立たなくなれば、当然生活も苦しくなります。

ノウハウが自信となる

それを避けるためには、自分の頭で考え抜くしかありません。前例や慣習など、関係ありません。そんなのに頼っても成果がでなければ何にもならないからです。

成果をあげるにはどうしたら良いのか、自分で考えて実行していくしかありません。

まずは小さな成果をあげることから始めて、それをノウハウとして積み重ねていく。ノウハウが増えていけば、次はもう少し大きな成果をあげることができる。それをまた積み上げていく。この繰返しです。

実績としてノウハウが積み上がっているからこそ、下す決定についても自信が出てくるのです

それが業界の常識と違っていても、成果が上がっている限りは全く気になりません。自分はうまくやっている、人と違って何が悪いという感覚なのです。(成果が上がらなければ間違いを修正します)

起業しても自信持てないなら、事業内容を変えよう

会社を退職して起業すると、遅かれ早かれ自分の決定方法の変化に気がつくでしょう。

起業して最初のうちはまったく成果が上がらず、自分の決定に不安を持つかもしれません。自信も失うかもしれません。

でも、そのうち少しずつ成果が出始めれば、自分の判断にも自信をつけることができるようになります。周りがどう思おうが、成果が出ている限り弱気になるようなことは無くなります。

家族がいて40代での起業はうまくいくか不安だと思います。

貯金など充分準備しておき、少しずつでも成果が上がる事業内容にしておけば、早晩自分の決定100%の自信を持てるようになるでしょう。

もし、起業してしばらくたっても全く自信が持てないなら、成果が出ていないのでは無いでしょうか。事業内容を修正し、少しでも成果が出るように変更すれば、徐々に自分の決定に自信がついてくるようになります。

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

Copyright© 40代退職のリアル , 2019 All Rights Reserved.