「40代ではもう遅い」年齢問題を完全に卒業する方法

「40代ではもう遅い」という年齢問題ってありますよね。

転職するにしたって、30歳限界説なんてよく言われるし。

私も40歳になった頃、そんな風に物事を考えていました。

もう40代だから、会社を辞めるなんて無理・・・・・・。

20代や30代ならまだしも、また一から始めるなど今更無理。絶対無理。

40になって家族も養わなきゃいけないし、体力も落ちてきた。プライドもあるし、そんなのできるわけない。そんな対した能力持ってないし。

今の会社や生活に満足しているわけじゃないけど、給料もあるし殺されるわけじゃない。定年までなんとか我慢すればいい。

嫌だけど・・・・・・、しょうがない・・・・・・。

そうやってなんとなくあきらめてしまい、今日も明日も明後日も来年も・・・・・・、悶々として過ごしていました。何年も・・・・・・。

でもある時を境にして、この「40代はもう遅い」年齢問題は克服できることに気がついたのです。

視点を変えてみる

portrait

もう40代だから、転職なんて無理。

独立や起業なんてもってのほか。

自分には出来っこない。

そうやって年齢を理由に人生を諦めていました。完全に。

今の会社から飛び出して自由に活躍している理想の自分。

片や、諦めムードいっぱいの惨めな現実の自分。

この二人の自分を比較して、ため息ばかりついていたんです。

でも、、、、、

実はそれはただの幻想だったんです。

自分が勝手に作り出した幻想にすぎなかったんです。

この幻想を吹き払う方法は意外と簡単です。

考える視点を変えさえすればいいのです。

100歳から見たら、40代は若造

old man smile

日本人の平均寿命は80歳って言われていますよね。

最近では100歳時代とか言われてて、80代で髪の毛フサフサの五木寛之さんが書いた「百歳人生を生きるヒント (日経プレミアシリーズ)」なんて本が売れているみたいです。

経済誌なんか読むと「長寿リスク」とか言われていて、長生きするのがマイナスなこととして捉えられていて、びっくりするほどの社会になっています。

裏を返せばそれほど日本人って長生きするようになったということです。

ところで、先日居酒屋で知り合ったおじいちゃんは、72歳でした。

ビール、焼酎をガンガン飲んでました。仕事も現役だそうです。

彼から見たら、自分は40代なんです。30歳以上も年下。

72歳と比べれば、まだまだ若い範疇に入るのではないでしょうか。

自分が70代になるには後30年あります。

80代までには、後40年もあるんですよ!

スポンサーリンク

70代の自分と40代の自分

そういえば周りの人を見ても、70代でも現役で働いている人はかなりいます。

80代プログラマーの女性がTEDで話題になったりしていますよね。

とすれば、自分も70になっても働いていることが余裕で想像できます。

もし自分が70歳になって、40代の時の自分を思い返した時どう思うでしょうか。

40代で退職に悩んでいる自分。

「あの時チャレンジしておけばよかったな」と思うでしょうか、「やっぱり踏みとどまってよかったな」とホッとしているでしょうか。

70歳のあなたはどっちだと思いますか?

「あの時チャレンジしておけばよかったな」と、70歳のあなたが少しでも考えるかもしれないなら、迷わず今の時点で退職するべきではないでしょうか。

もちろん「やっぱり踏みとどまってよかったな」と思いそうなら、退職しないほうが良いでしょう。

将来の時間に投資できているか

statue

私は30歳の頃から会社に違和感を感じていて、いつか辞めようと密かに思いながらもズルズル40歳を迎えてしまいました。

そんな自分が嫌でしょうがなかったんですが、ある時、自分にこう問いかけました。

「自分が死ぬ時、あの時会社辞めておいたほうがよかった、と後悔するだろうか」

そう自問してみたんです。

そしたら、やっぱり後悔しそうだ、と思いました。

だから怖かったけど、チャレンジしました。40代で退職したんです。

退職後は、一人で起業しました。というか、ずっと起業したかったんです。

でも結果うまくいかなくて失敗に終わってしまいました。

それでも退職したことについては、何も後悔していないのが正直なところなんです。

金銭的にはかなり苦労しているけど、幸運にも家族からの理解もあって、これから再起するぞ!という希望に燃えているのが今の自分です。

もし今も退職せずに毎日悶々として暮らしていたら、と考えるとゾッとするくらいです。

お金は退職前の方があったけど、希望がなかったんです。

でも今は将来に向けて頑張っていこうという気持ちになれるんです。

そこが大きな違いです。

残り時間はあと50% 多いか、少ないか。

good luck

今日は、あなたに残された時間の中で一番若い時です。

40だからもう何しても遅いと考えると、その途端に何もできなくなります。

人生80年としたら、あと40年あるのです。つまりは人生の時間の50%が手付かずで残っている、ということです。

これまでの人生がたとえうまくいっていなかっとしても、これから挽回すれば良いのです。その時間はたっぷり残されています。

あなたの最良の人生は、これから始まるのです。

残りの50%の時間、あなたはどう過ごしますか?

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル