20代30代の方へ

未経験からITエンジニアとして転職する方法

やっぱりIT業界で働きたい!

でもプログラミングのスキルもない。

仮にスキルを身につけたとしても、思うように転職できるとは限らない。

やっぱりあきらめるしかない、でもやっぱりあきらめきれないと悩んでいる・・・・・・。

私もそうでした。

でも最近この悩みを解決する方法を見つけたんです。

もしこのやり方を事前に知っていたら、私の将来は完全に変わっていたはず。

40代で退職して起業に失敗するということなく、昔からやりたかったIT系の会社に転職できていたでしょう。

未経験でのITエンジニア転職を難しくする原因

何をしたら良いかわからない

新卒で入った企業に違和感を感じたまま過ごしている方も多いんじゃないでしょうか。

その中でも、「密かに」IT業界(ITエンジニア)への転職を希望されている方も多いはず。

「こんなはずじゃなかった」と思いながらも、現状の仕事をこなしている毎日。うんざりしますね。

私もそうでした。

やりたい仕事ができず、いつも悶々としていたんです。

本当はITエンジニアとしてIT系の会社で働きたいんですが、じゃあ実際どうしたら良いかがわからないんです。

スポンサーリンク

未経験業界への転職は、誰にも相談できない

実は「密かにIT業界への転職を希望している」というのが、実は大きなポイント。

未経験の業界へ転職したいと思っても、人と相談しようにもなかなかできないんですよね。

だから自分一人で抱え込んで悩んでしまう。

プログラミングって、なんとなく若い人や学生のものっていう先入観もあります。

そのため、人に相談しようとしても、バカにされそうでなかなか相談もできません。

それでやむなくあきらめてしまって、自分の人生こんなじゃなかったと後悔する羽目に。

ITエンジニアへ転身のベストタイミング

はっきり言います。

未経験でITエンジニアへ転身するのは、20代がラストチャンスでしょう。

30代や40代で転身すればよかったと後悔しても、タイミングとしてはもう時すでに遅しと考えた方が良いです。

だからもしあなたが20代であれば、今のうちに行動しておいた方が良いです。

私の経験からすると、「まだ先がある」と思っているうちに、20代はあっという間に過ぎてしまいますから。

私は現在40代です。もう私はITエンジニアにはなれません。

20代の時にITエンジニアになりたいと思っていましたが、先延ばしにしていくうちに気づいたら30代後半になってしまい、とうとうITエンジニアとして転職する夢は叶いませんでした。

「あの時思い切って、行動していたらなあ」と、今ほんとうに後悔しています。

じゃあもう30代、40代になってしまった人はどうしたら良いのか?

ITエンジニアにはなれないでも、IT系の企業でこれまでの経験を活かした仕事をすれば良いのです。

IT系の企業といっても全員がエンジニアではありません。IT系の企業でも営業、財務、人事といった職種があるのです。

未経験 ITエンジニアへキャリアスイッチする方法

programming

未経験でITエンジニアへ転身するには、まずプログラミングのスキルが必要です。

しかし、独学でプログラミングを習得するのは結構ハードルが高いんです。

まずプログラミングを動かす環境を整えるだけで一苦労です。

私も独学で勉強しようと思いましたが、MacローカルでPHP + PostgreSQLを動かせる環境が作れず、挫折しました。

それにうまくプログラムが動かない時などは、相談する人がいなければどうしようもない。立ち往生です。

苦労してプログラミングスキルを独学で身につけられたとしても、それが果たして企業で通用するのかという問題もあります。

一生懸命勉強して身につけたスキルが、採用面接の場で「その技術は当社では採用しておりません」と言われたりしたら、もうどうしていいかわかりません。

それならば転職を目標としたプログラミングスクールがあればどうでしょうか。

最初から企業が必要とする技術に絞って集中的にスキルを身につけられますし、わからないところはスクールで解決できます。

転職特化型のプログラミングスクールは、ITエンジニアとしてIT業界転職への残された最後のチャンスと言って良いでしょう。

では、具体的にどんなスクールがあるのでしょうか? 次へお進みください。

転職特化型のプログラミングスクールとは?

ポイント

転職特化型のプログラミングスクールとは、ただのプログラミングスクールではありません。転職サポートが付いているプログラミングスクールです。

プログラミングのスキルを身に付けた後で、転職マッチングのサービスが受けられるという、至れり尽くせりのスクールなのです。

年齢の問題はどうか?

なんか良いことばかりだけど、やっぱり年齢的に無理なんじゃない?

と思ってしまいますよね。

でも、このプログラミングスクールはそこで終わりません。

40代未経験での成功事例も

実際に42歳から未経験でITエンジニア挑戦の事例もあります。【ポテパンキャンプ】

この事例を知ってしまうと、年齢は大したハードルではないのかもしれないです。ただの思い込みに近いのかもしれません。

とはいえ、40代からの事例を読んでみると、習得はかなりの覚悟が必要だったことがわかります。通常はここまで覚悟のある方はいませんから、特殊ケースと捉えた方が良いかもしれません。

でも逆に言うと、覚悟さえ決めれば40代でもできると言う希望はありますよね。

転職特化型のプログラミングスクールのメリット

普通のプログラミングスクールは、スキルを習得したらそれで終了です。

でも、ここならその先に進めるんです。転職先の企業を紹介してもらえます。

私が20代の時は、こういうスクールはありませんでした。

もしその時、このようなスクールがあることを知っていたら、間違いなくチャレンジしたでしょう。

不満を持ちながらの人生は、あまりにもはかないと思いませんか?

このチャンスをものにしたい方は、どうぞ次へお進みください。

未経験でIT業界へキャリアスイッチする方法をご説明します。

転職特化型プログラミングスクール 厳選2校

ポイント

おすすめの転職特化型プログラミングスクールを2件紹介します。

2件とも事前にカウンセリングが受けられるので、自分のやりたい事や実際どんなキャリアがあるのか明確にわかるというメリットがあります。

転職コンサルタントやスクール担当者とのカウンセリングで、自分の適性を見極めることができます。

今までの膿を出し切って、新しい人生を切り拓くチャンス。

社会人でプログラミングスクールに通われる方も非常に多いです。

今の会社で腐ってる暇があれば、やって見る価値は十分あります。

さっそくどんなスクールがあるのか見ていきたいと思います。

42歳の事例も! 「ポテパンキャンプ」


一番のおすすめは、「ポテパンキャンプ」。

プログラミングスクールを運営している会社がITキャリア専門の転職支援企業なので、圧倒的に転職に強いです。

これはかなり特殊な事例となりますが、独自の転職ノウハウを駆使し42歳の方が未経験からRubyエンジニアになった事例があります。

IT系に限らず、やはり40代でエンジニアに転身するのは実際問題としてハードルは高く、大変な苦労があっただろうと推測されます。

もしあなたが30代であれば、多分最後のチャンス。今のタイミングで決めておくべきです。

本日中のお申し込み完了をおすすめします。

熱意が冷めないうちに。

転職成功率98% 「WebCampPRO」

転職成功率98%を誇る、転職特化型のプログラミングスクールです。

未経験からIT業界へ転職したい方でもしっかりしたサポートがあるのが特徴です。

\お申し込みはコチラから/

転職特化型のプログラミングスクール オススメの理由

man-sub-job

安心感がある

何と言っても、プログラミングを身につけた後の転職先を見つけやすいという点で、普通のプログラミングスクールより安心感があります。

転職特化型だから、職探しする苦労も少なくなります。

そのため、プログラミングスキル習得に目一杯集中することができます。

今の会社に勤めながら通える

プログラミングスクールに通うために、会社を退職する必要はありません。

今の会社に勤めながら、週末などの空いた時間で通えます。

家族の理解が得やすい

転職先を見つけやすし、会社を辞めずにスクールに通うことができるので、家族からの理解も比較的得やすいです。

と言っても未経験業界への転身だから、確実に給料は下がると思った方が良いです。収入の面においては、家族への説得は必要です。(お金が少なくなっても、身の丈に合った生活をしていれば、実際はなんとかやっていけます。)

将来的に独立起業の夢を実現できる

ITエンジニアへ転身する場合、一番大きなメリットは何と言っても将来的に起業しやすい点でしょう。

ITスキルという手に職をつけておけば、自分でアプリを作って販売したり、気の会う友人とソフトウエア会社を立ち上げることも十分可能です。

今後さらにIT社会が深化するのは間違いない

定年という制度が今後どうなるのかわかりませんが、70才まで働くとして、これから何十年もあります。

20代の方なら、50年近くにもなります。恐ろしいですね。

この間にどのくらいITは進歩していくのでしょうか。

ガラケーがスマホに置き換わったのがこの数年の出来事という事実を鑑みれば、50年という時間があれば想像もつかないほど社会は様変わりしているでしょう。

ということは、ITはまだまだ伸びる。伸び代が十分あるということです。

もしかすると、まだ今は黎明期なのかもしれません。始まったばかり。

AIに仕事を奪われるか戦々恐々とするぐらいであれば、今のうちにキャリアチェンジして自分のやりたいことを伸ばして行った方が、社会にも役立つのでは無いでしょうか。

こんな人は挑戦してみるべき

light

諦めきれない人

今の仕事に満足できず、どうしてもIT業界で働きたい人。

このままずっと悶々と悩んでいたくない人。

将来的にIT分野で起業したい人

プログラミングスキルを身に付け、企業でしっかり経験を積み、将来的に独立起業を目指している人。

起業家から見ると、ITエンジニアは喉から手が出るほど欲しい人材。

また教育分野でもプログラミングスキルというのは、これから確実に需要が高まります。

定年後、仕事に困ることは無いです。

転職特化型プログラミングスクール登録はこちら

頑張れ!

「もう遅い」と諦めるのは、まだ早いです。

年齢を気にして悩んでいるなら、思い切ってみませんか?

誰にでもチャンスはあるんです。

要は、チャンスを見過ごすか、摑み取るかの違いだけ。

お申し込みはこちらです。

40代成功事例も!「ポテパンキャンプ」



40代成功事例

かなり特殊な事例になりますが、40代の成功事例もあります。

もしあなたが30代であれば、これが最後のチャンス。すぐに行動すべきでしょう。

要チェック

無料カウンセリング申込受付中!

本日中のお申し込み完了をおすすめします。

熱意が冷めないうちに。

転職成功率98% 「WebCampPRO」



転職成功率98%

\お申し込みはコチラから/

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

Copyright© 40代退職のリアル , 2019 All Rights Reserved.