会社がつらい時期の不安が、自分を成長させてくれた

憂鬱。なにもしたくない。

この不安な気持ちを消してほしい。

将来のことを考えると、とてつもない不安が襲ってくる時があります。

特に会社がつらいと感じている時期などは、メンタル的にも耐えきれないほどです。

なにしろ不安な気持ちを抱えているときは、ものすごく辛い。何をするにも自信が無く、行動が億劫になってしまいます。

不安などこの世から消えて無くなれば良いと考えることもあります。

でも、不安な気持ちのままでは何も進みません。

どうやって不安な気持ちを乗り越えて行けば良いのでしょうか?

退職した後でその時のつらかった不安を思い返してみると、実はその不安が自分を成長させてくれるスイッチだったということに気が付きました。

不安は無くならない

私も会社がつらい時期は、かなり不安にやられていました。

抑うつ症になったり、布団から起き上がれなくなったり、出社拒否したり、原因不明の吐き気と咳が続いたこともありました。

毎日、不安と戦っていました。

「不安よ、無くなれ!」

と毎日祈っていました。

でも無くなるどころか、反対にどんどん強くなっていきました。

スポンサーリンク

不安を感じた後は必ず成長する

でも退職からしばらくたった最近になって、あることに気づいたのです。

それは、不安を感じた後は必ず成長できているということです。

不安を感じている時と不安が無くなった後の自分を比べていると、明らかに前進していることがわかるのです。

つまりこういうことです。

不安を感じているときは苦しいので、なんとか解消しようとします。

いろんな本を読んだり、人に相談したり、ネットで調べたりします。

調べたことをいろいろ試してみます。

そんなことをやっているうちに以前はできなかったことができるようになっていて、気がついたら不安など消えている。

不安を感じて苦しいからこそ、そこから脱却しようとあれこれ行動するから前にすすめるのです。

もし不安を感じることがなかったら、できないものはできないままだったかもしれません。

不安を感じた時はラッキー

このことに気づいてからは、不安を感じた時は「ラッキー」とさえ思うようになりました。

そういえば、みうらじゅんさんも不安を感じた時は、「不安タスティック」(fantastic)と前向きに考えようと、ほぼ日のこの記事に書いていました。

http://www.1101.com/21lifeis/2014-11-07.html

不安の後に成長できる理由

不安は成長の起爆剤

不安を感じた時は、不安を無くそうと思うのではなく、ラッキーと思うようにしてください。

なぜなら、不安はあなたを成長させてくれる起爆剤だからです。

今感じている不安がなくなった時、あなたは随分と成長していることでしょう。

できなかったことが、自然とできる自分になっています。

こんなことができるのは、辛い不安があったからこそ。

不安がなければ、あなたは何も変わらなかったはずです。

不安が行動につながった

なぜ、不安を感じた後、成長できるのでしょうか?

それは、行動したからです。

不安を無くそうと、必死にもがいて行動したから、その結果として成長できたのです。

何もしないで悶々としていれば、成長しません。そのままです。

だから、無意識はあなたにもっと行動を促そうとして、不安を倍増させていくのです。

不安を無くそうと行動に移していけば、不安は徐々に消えていきます。

どうやったら不安がなくなるか考えて、自分で考えた不安を無くす方法を考えて実践することで不安は無くなっていきます。

本当ですよ。

関連記事 40代退職前の不安「失敗したらどうしよう」は幻想に過ぎなかった

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル