「四十にして惑わず」という言葉に、ものすごく共感する理由

平均寿命を80歳とすると、40代は、人生で言うとちょうど真ん中の時期になります。

人生の折り返し地点です。

20代で会社に入って、60歳で定年を迎えるとすれば、会社人生は約40年と言えます。40代は、会社人生でもちょうど真ん中。折り返し地点です。

折り返し地点だからこそ、考える

今まで会社で働いてきて、実績を積み上げてきて仕事も充実してくる一方で、だんだんゴールが見えてくる年齢です。

でも、定年までにはあと20年あります。人生を終えるまでにあと40年です。

人生のゴールも見えてきた。今までは遠い存在だった自分の「死」も、だんだん迫ってくるようになってきます。

自分の人生はこれで良いのか? このままで良いのか?

残りの人生をどう生きようか。

40代は、ちょうどそんなことを考える年齢とも言えます。

スポンサーリンク

実感する、「四十にして惑わず」という言葉

論語には、「四十にして惑わず」という言葉があります。

四十歳になって、道理も明らかになり自分の生き方に迷いが無くなった、というような意味です。

迷いが無くなったということは、それまで「さんざん迷ってきた」からこそ迷いがなくなったとも言えます。

たくさん迷って悩んできたけど、そろそろ迷いに終止符を打とう、というのが40代ということだと思います。

このまま会社員として定年まで勤めあげるか、それとも、かねてからやりたかったことに挑戦してみるか。今まで迷ってきたけど、そろそろこの迷いに終止符を打とう、というのが「四十にして惑わず」だと思います。

https://40taishoku.com/family/taishoku-no-timing-ga-wakaru/

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル