会社行きたくない理由 つらい経験からわかったこと

私自身の経験から考えると、会社に行くたくないときや出社拒否のときは「本当にやりたいこと」と「現実にやっていること」とのギャップが大きすぎるときに起こります。

そして、そのギャップを埋めようと努力するけどなかなか埋められない場合に、自分の人生に失望を感じて会社に行くのが嫌になってしまうのです。

もちろんこれは私自身の経験から考えることなので、すべての人にドンピシャで当てはまるわけではありません。まあでも、だいたいの人は当たらずとも遠からず、といったところではないでしょうか。

仕事行きたくない日は、休むのが正解。休む理由はこれで決まり。

仕事に行きたくない! 長い人生、そんな時期もあります。 でもそれがあまりにも長い期間(1年とか2年とか10年とか)続くようだったら、少し真面目に考えた方が良いです。 仕事に行きたくない!という日が続く ...

続きを見る

本当にやりたいことと現実との差が大きい

例えば、本当はIT分野で起業したいのに、現実は物流会社の営業職をしている。営業先で会社の商品をアピールするけど、内心は起業のことばかり考えていて、身が入らない、という場合なら、 「本当にやりたいこと」と「現実にやっていること」とのギャップが大きいということです。

家族もいるし、住宅ローンもあるから、なかなか退職には踏み切れない。転職しようにも年齢の問題でなかなか行動できない。閉塞感を感じている場合は、 ギャップを埋めることができない失望感ということです。

他にも、自分はもっと仕事ができると思っているのに、現実ではたいして仕事ができなくて、上司や同僚の希望に沿えることができなかった場合なども該当するでしょう。

なぜなら、「本当にやりたいこと」と「現実にやっていること」が違うので、いまいち今の仕事に打ち込めないからです。

こういうギャップがあるので、仕事もつまらなく感じます。

仕事がつまらないので、仕事をふってくる上司や同僚も鬱陶しく感じるようになります。こうなると、だんだんと仕事自体にも嫌気がさしてくるようになり、会社に行きたくないと思うようになるのです。

人間関係が悪化する予兆とコントロールする方法

私はどうも協調性に欠けている面があるらしく、学生時代から人とうまくやることができない性格のようで、いつも人間関係で悩んでいました。 特に上司との人間関係が悪くなる事が多く、転勤や配置換えなどで最初に会 ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル