仕事行きたくない日は、休むのが正解。休む理由はこれで決まり。

仕事に行きたくない!

長い人生、そんな時期もあります。

でもそれがあまりにも長い期間(1年とか2年とか10年とか)続くようだったら、少し真面目に考えた方が良いです。

仕事に行きたくない!という日が続くようなら、私の経験からとりあえず会社を休むのが正解です。なぜなら、自分の心が壊れてしまいそうだ、いう無意識からのサインだからです。どうしてもその日は外せない仕事があるという場合は、他の日を見つけて休んでしまいましょう。

精神的につらいという理由で会社を休むことに罪悪感を覚えてしまう人もいますが、それはまったく必要ありません。休む理由も本文できちんと紹介しています。

私は20年近く会社行きたくないと内心思っていながら、それでも我慢して会社に行き続け、結果抑うつ症で苦しみました。

今は退職して抑うつ症は過去のものになりましたが、会社行きたくないと悩んでいた頃は、もう少し気を楽にして会社休んでも良かったんじゃないかなあ、と思っているほどです。

そうしておけば、もっと自分の心に正直になれたような気がします。

このページでは、会社行きたくないと思ったときの対処方法について、自分の経験から紹介しています。

仕事行きたくない日の会社の休み方

まずは会社休むと決める

仕事に行きたくない!という朝は、私の経験からとりあえず会社を休むのが正解です。

どうしてもその日は外せない仕事があるという場合は、他の日を見つけて休んでしまいましょう。

精神的につらいという理由で会社を休むことに罪悪感を覚えてしまう人もいますが、それはまったく必要ありません。

つらいときでも無理して会社に行くのが美徳という風潮は、高度成長期の名残ではないでしょうか。

日本の歴史を見ると、明治や大正、いや江戸時代、いやもっと昔の平安時代以前から、表向き病気と称して出仕を休むことはしょっちゅうありました。

どうしても仕事行きたくないと言う日ほど、無理しない方が良いと思います。

人間関係で悩む
40代でやっとわかった、仕事を休む罪悪感を解決する方法

会社行きたくない! でも自分が出社しないと、仕事が回らない!  だから無理しても出社しなきゃ!と思ってしまいます。 会社を休む罪悪感で結局無理して会社に行く羽目に。 でも、それって本当なんでしょうか? ...

続きを見る

スポンサーリンク

休む理由はこれで決まり

会社を休む場合は、会社へは連絡した方が良いです。

連絡が無いと、無断欠勤扱いになったりして給料が減ったり、人事評価が下がったりする恐れがあります。

そうした不利益を被らないようにも、ここは面倒だけど連絡しておくのが無難です。

連絡さえしておけば、あとはゆっくり休めますからね。

休む理由は、「体調が悪い」系の理由で十分です。

正直に言う必要はありません。会社は医者じゃないですからね。

たとえ精神的につらくて休みたいと思っていても、「体調が悪い」とかを理由にしましょう。

嘘をつくのは悪いと思ってしまいますか?

でもそれは嘘ではありませんよ。精神的に辛くて「体調が悪い」のですから。

会社が嫌で当日欠勤するなら、会社へは連絡するべきです

出社拒否のときはすごく気が重いです。 精神的に追い詰められてとてもつらいのですが、それでもやはり会社には連絡するべきです。 電話でもメールでも良いので、「休む」ということは会社には伝えておくべきです。 ...

続きを見る

会社休んだ日の過ごし方

  • 一日寝る
  • 好きなことする

けっこうオススメなのが、一日中寝てること

私の経験からいうと、精神的につらい場合は、ふとんかぶって一日寝てるのがオススメ。

実はこの方法、ドン・キホーテの創業者、安田隆夫氏の不安脱却策でもあります。

adult
40代起業独立の夢を支え続けてくれる本 18選

40代家族持ち、社宅住まい、両親からの大反対を乗り越えた末、退職しました。 自分だけの考えひとつで、人生の大きな決断をすることなどできません。まして、周りを説得することもできません。 何かを自分を支え ...

続きを見る

どうすればこの不安を解消できるかを一日考えてみるんです。すると、不思議となにかアイデアが湧いてきます。

それは会社のことかもしれませんし、会社以外の何かこれからやってみようと思っていることかもしれません。

そうなればしめたもの。アイデアを実践したくてたまらなくなります。

一日寝てるので体力も回復してます。

好きなことをする

好きなことをするのもおすすめです。

これまで我慢していてやれなかったことを、あえてやってみる日にすると良いです。

これまでの自分を見つめ直す良いきっかけになります。

私も、会社が嫌で休んで、美術館めぐりをしてみたり、昔のアニメを観まくったり、ロックのライブに行ったりしました。

起業して独立したかったので、レンタルオフィスを借りて、一日そこで過ごしたこともあります。

休むときは、何をやるか予め決めておく

休むときは、その日なにをやるのかテーマを決めておくと良いです。

何も決めていないと、そのままダラダラと一日過ごしてしまいますからね。

私も昔、当日欠勤した日があって、その日は何も決めていなくて、喫茶店とかをウロウロしただけで一日終わってしまいました。

まあ会社から解放された気分だけは味わえたので、それはそれで良かったのですが。

悩む男性
当日欠勤のリアル。その日の出来事、会社への欠勤理由や周囲の反応

どうしても会社に行きたくない! 今日休んでしまおうかな、でも・・・・・・・・・。 会社で働いていれば、そんな日もあります。 結論から言えば、1日ぐらい当日欠勤しても周囲からの反応は何も変わりませんでし ...

続きを見る

思い切って会社を休んでみたら、どうなった?

思い切って会社を休むということって、実はけっこう深いことなんです。

今までは会社休みたくても休まなかった。

でも今はその流れを断ち切って、休むことにした。

だから、これまでとはまったく違う新しい決断をしたということです。

かっこよく言えば、人生の新しい第一歩を踏み出した、ということでしょうか。

思い切って会社を休んでみると、新しい風景が開けることもよくあることです。(私も何回か会社を休んで、退職の意思を固めていきました。)

rest
思い切って会社を休んでみると、メリットがあることに気づいた

私は退職に悩んでいた頃から、会社行きたくない気持ちが強い日がときどきあり、何回か出社拒否したことがあります。 なんか出社拒否とかいうとネガティブなイメージがありますが、当時を振り返ってみると、会社に行 ...

続きを見る

会社を休める環境を作っていこう

コロナの時代になっても、なかなか仕事を休めない部署もまだまだ多いです。

そういう休みづらい環境を嘆いてばかりもいられません。

自ら休みやすく変えちゃいましょう。

私の経験ですが、そういう休みづらい部署の場合は、半休をとることから始めると良いと思います。

午前休や後半休なら、上司の許可も得やすいです。

休みづらい会社でも確実に有休を取るコツ。まずは半休から。

あなたの職場は、休みを取りづらい雰囲気ですか? 職場にひとりでも無欠勤を誇らしげに語る人がいると、とたんに休みを取りづらくなりますよね。 そんな人に流されずに、休みづらい職場の雰囲気にも流されずに、確 ...

続きを見る

休みづらい部署といっても、「休みたくない!」と思っている人はいません。課長も部長も社長も本音は休みたいんです。

休みやすい環境にしたほうがメリットがあるという方向に持っていけば、雰囲気はガラリと変わります。

仕事に行きたくないと思う理由

これは私の経験から思うことですが、会社に行きたくない!と思う理由は、おそらく現実にやっていることと、自分の本音がうまく噛み合っていないのではないでしょうか。

会社行きたくない理由 つらい経験からわかったこと

私自身の経験から考えると、会社に行くたくないときや出社拒否のときは「本当にやりたいこと」と「現実にやっていること」とのギャップが大きすぎるときに起こります。 そして、そのギャップを埋めようと努力するけ ...

続きを見る

そういう場合は、健康も害することが多いので慎重に考えた方が良いと思います。

私は、抑うつ症になり、会社に行きたくない気持ちの強い朝は、咳が止まらず、吐き気や嘔吐もひどかったです。

sleep
40代男性を襲う、朝の憂鬱。早朝覚醒のリアル

毎朝の目覚めはどうですか? ぐっすり眠れていますか? 目覚めが悪くて、ぐっすり眠れない方は注意した方が良いですよ。 特にまだ夜明け前の時間から目が覚めてしまっている方は、要注意レベルにあるかもしれない ...

続きを見る

会社に行きたくない日が増えてきたら、なにかを変える必要があります。

会社の仕事なのか、それとも自分のやりたいことが他にあるのか、それ以外なのか。

会社が嫌で仕事を休みすぎてしまったときの不安

退職の決心を固める前までは、会社が嫌で、けっこう会社を休んでました。 当日欠勤することも多かったです。(当日欠勤の技術も磨きました) このときに一番不安だったことは、会社から何か事情を聞かれるのでは? ...

続きを見る

出社拒否や出勤拒否とかまではいかなくても、会社に行きたくない日が増えてきているということは、やはりなにかのサインと考えた方が良いと思います。

無意識のレベルで心が発信しているSOSのサインだと、過去の経験から私はそう思っています。

出社拒否
出社拒否は、SOSのサイン。会社行きたくない日は無理せず休もう

会社に行きたくない日は、会社員にとっては普通にあることです。 でもある時、どうしても会社に行きたくない!と強く思うことがあります。まるで会社に出社するのを拒否しているような強い拒絶感を感じ、会社に行け ...

続きを見る

 

最後の最後は逃げても良い

もうどうしてもつらくなったら、逃げても良いんです。

「逃げたら負け犬」と思ってしまうかもしれませんが、長い人生、そういう場面があって良いと思います。

映画だって主人公が追い詰められるシーンがあります。そして見事ドン底を克服するシーンが描かれるはずです。

映画の前半の主人公とラストの主人公は、かならず成長しているはずです。

そしてその成長は、主人公のどん底があったからこそ。

「もうダメ、限界!」

そういうときは、新しい道を探すタイミングなのかもしれません。

nature
ドン底を経験してわかった、行き詰まったら「逃げるが勝ち」 

私は、会社に行くのがどうしても嫌になって、生きている意味を失いかけた時があります。 それでもなんとか前を向いていこうと必死になっていたんですが、とうとう壁を越えることができなくなってしまいました。 こ ...

続きを見る

ここをうまく乗り越えることができれば、新たな出発点になります。

私も出社拒否でつらい時期があったからこそ、40代で家族がいるのに退職を決断することができました。もし会社に行きたくないと思わなければ、そもそもこういう決断はしていなかったと思います。

morning
出社拒否のひどい朝があったからこそ、40代での退職を決意できた

会社にどうしても行きたくない日ってありますよね。 もうそういう日は思い切って休んでしまいましょう。 仕事に行きたくない、どうしても休みたい!って時というのは、体が拒否している時なんです。そういうときは ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル