会社を辞めるのは、自分で稼げるようになってからの方が良いのか?

辞めたい気持ちは持っている。でも、辞めた後の生活がとても不安。

私は、退職するまでずっとこんな気持ちを抱えていました。まだ稼げないから、稼げる目処が立っていないから、自分で稼げる自信がないから・・・・・・。そんな理由をつけて、ズルズル先延ばしにしてきました。

ああ、どうしよう・・・・・・、どうしたらいいんだろう?とか、ものすごく悩むんですよ。そうすると不安になるんで、本を読み漁ったり、グーグルで検索したりするんです。

気になる本や記事を読むと、どんな記事でもやっぱり同じようなことが書いてあります。→「退職する前に最低でも稼げる目処をたてておいた方がよい」そりゃ、そうだわな。

退職前に自分で稼ぐ目処をたてなければ、退職できないのか?

私としては、退職後これをやりたいというものはありましたが、実際に事業をスタートしたわけではありませんので、稼げるかどうかはわかりませんでした。

なぜなら、私の会社では副業禁止されていたからです。余談ですが、この副業禁止っていう規則はなんなんでしょうかね? 私は会社員時代ものすごく不満でした。会社は、起業家精神を育めとか偉そうなこといっておいて、自らビジネスを体験する機会を規則で奪っていれば、そんな精神など育めるわけがない!

評論家や起業塾の連中などが、ベンチャー推進とか、起業家育成とか、うまいこと言って甘い汁ばっかり吸いやがって!言うだけじゃなくて、この副業禁止という悪則を外すように汗をかいて動いてくれよ!と何回思ったことか。

副業禁止は、今でも矛盾しているルールだと思います。日本の総務部や人事部の皆様、どうか会社規則に副業禁止の足かせを外してください。いや、検討するだけでも良いです。検討の結果100%外せないなら、社員に起業家精神を出せと脅迫するのはやめてください。どうか、お願い致します。

さて、話を戻します。まあ、副業禁止と言われておきながら、名前を隠したりプライベートで作った人脈から稼ぐなどして、退職前から生活に充分な売上を上げている人は実際にいます。

そういう人は、無理なく問題なくスムーズに退職して、そのまま生活していけるでしょう。会社員時代よりも高い収入を得ることもできるでしょう。

でも、私はそういうことはできませんでした。失敗するか成功するかわからないけど、見切り発車するしかありませんでした。退職前に稼げればベストなんだけど、私はまず会社員という舞台から降りよう。そこから行動しよう。そう思ったのです。

結局、会社員として動いていても片手間なんですよね。メインは、会社の仕事なんですから。そっちがどうしても優先するわけなんです。

急な出張が入れば、そっちを優先するわけですし。いつどこで、急な仕事が入るわからないですよ。そんな状態で片手間で本格的なビジネスなんて、普通の人はできっこないですよ。

もちろん、飲食店や雑貨店の経営など退職後にやりたいビジネスが決まっていれば、事前にリサーチしたり商売している人に話を聞いたり。そういう準備はできます。準備したからといって成功するかは、実際やってみないとわからないわけですけどね。

水平線の写真

スポンサーリンク

いつまで悩んでいても始まらない

40代で退職したいけど悩んでいる方のほとんどが、退職後の生活が不安で退職に踏み切れないと感じていると思います。私もそうでした。

経験から言うと、そうやって悩んでいるだけだと、一歩も動けなくなるんです。退職をどんどん先延ばしにしちゃうんです。退職したい退職したい、独立したい独立したい、という想いに悩みながら、定年退職の日を迎えるという結果になるんです。(最近は、定年起業なんていう言葉が流行っていますけど。)

私は、そういう結果になるのは嫌だと思ったので、まずは「退職したい」という自分の気持ちに向き合うことにしました。自分の気持ちを自分で認めてあげるのです。

「ああ、自分はまだ稼げていないんだけど、退職したいと思っているんだ。」と、自分で気持ちを認めてあげます。そうすると、「いつまでも悩んでいても始まらないなあ」という気持ちが芽生えてきます。

稼げるようになってから退職するのがベストだとは思う。でも、自分の場合はそれがうまいことできないんだけど、退職したいとずっと悩んでいる。そして、そこから出ることができないでいる・・・・・・。このままずっと悩んでいるのは嫌だ。

ならば、まずは「会社員を辞めてみる」から始めてもいいんじゃないか?と思うようになりました。その途端、「その為には何をしたらいいんだろう?」と、考えるチャンネルが切り替わったのです。

最後に。オマハの賢人と言われる投資家のウォーレンバフェットの名言をご紹介します。

履歴書を良くするために好きでもない仕事ばかりするのは馬鹿げてると思うよ。まるで年寄りになるまでセッ◯スをとっておくみたいなもんだね。-- ウォーレンバフェット

「セッ◯ス」を「退職」に置き換えて見てください。あなたは、ずっと悩んだまま動けないでいますか?それとも、やってみますか?

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル