退職理由「職場の雰囲気が合わない」は、こう言い換えよう

退職理由「職場の雰囲気が合わない」はこう言い換えよう

職場の雰囲気がどうしても合わない。もう辞めたい!

そんな気持ちを抱えている方へ向けて、このページでは私の経験からわかったことをシェアしたいと思います。

「職場の雰囲気が合わない」と感じているときの状況を分析し、なぜそのように考えているのか理由を解説します。その上で会社を辞めるか、続けるかの判断方法を紹介し、印象の良い退職理由を提案します。

モヤモヤした気持ちを解消し、スッキリした気分で前に進む一助になれば幸いです。

「職場の雰囲気が合わない」が意味する所

まず考えたいのは、あなたが「職場の雰囲気が合わない」と感じている時の状況です。

いったいどんな意味があるのでしょうか? 分析してみたいと思います。

詳しく見ていきましょう。

「職場の雰囲気が合わない」は、仕事に悪影響を及ぼす

職場の雰囲気が合わないというのは、かなりのストレスを感じます。

疎外感を感じ、仕事ができなくなることにもつながります。本来なら職場が一致団結してチームとして仕事をしなければならないのに、自分ひとりだけが馴染めずに仕事に打ち込めなくなってしまいます。

また、自分の仕事が正しく処理されているのか判断もできなくなり、仕事への意欲も低くなります。その結果、チームとしてのコミュニケーションも悪くなり、ミスや不安全な行動にもつながります。

このように「職場の雰囲気が合わない」は、あなた自身だけではなく、職場の人全体、ひいては会社にとっても悪い影響を及ぼします。まるで、一粒の水滴が水たまりに落ちたときの波紋のように、全体に影響が広がっていくのです。

あなたのせいではない

しかし、究極的に言えば「職場の雰囲気が合わない」のは、部門長の責任であり、その上の社長の責任でもあるということです。なぜなら、社員が最高のパフォーマンスをあげられるように配慮するのが、管理者の仕事だからです。

だからあなたはなにも引け目を感じることはありません。あなたは悪くはないのです。

あなたがやることは、与えられた仕事をやることです。職場の雰囲気が合わないことにあまり気を取られていてもしょうがないのです。そんなことは気にせず、目の前の仕事をやれば良いのです。

とはいえ、自分の気持ちはそれだけではしっくり来ませんよね。自分に合った良い雰囲気で働きたいですよね。

では今度は、「職場の雰囲気が合わない」が自分にとって何を意味しているかを考えてみましょう。

心が離れている

職場の雰囲気が合わないと感じているときは、会社・職場・仕事のいずれかから心が離れているときです。

そろそろ別のことがしたかったり、仕事に飽きがきているかもしれません。もう既に別の方向を向いている可能性も高いです。

いずれにしても、これからも長くその職場で働き続けたいという気持ちはなくなっているはずです。もっと良い仕事をしたいとか、もっと認められないという気持ちすら持てなくなってきていると思います。

自分の働き方・生き方を見直す時

職場の雰囲気が合わないと感じ、心も離れていると感じているならば、これからの働き方を見直すタイミングが来ています。働き方を見直すということは、これからの生き方をも見直すこと。

あなたがこれからどのような人生を歩んでいきたいのか、是非一度見直して見ましょう。

関連記事
「仕事向いていない」はレベルアップのチャンス
「仕事向いていない」と感じたら、次の2つから選べ

「仕事向いていない」と感じたときは、あなたがレベルアップするチャンスのタイミングです。そのタイミングでできる選択肢は2つしかありません。どちらを選択しても大きく飛躍することができますが、それには条件があります。

続きを見る

スポンサーリンク

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

辞めるか・続けるかは、ゆっくり決める

職場の雰囲気が合わないから、もう退職するべきか、それともこのまま続けるべきか?を悩むことも多いでしょう。

でもその判断は、性急に決めてはいけないと思います。最終的に直感で決めるのがベストだと私は経験からそう考えていますが、性急になっているとそもそも直感は働きません。性急になっている場合というのは、混乱していてパニックにも近い状態になっているので、判断ミスを起こしやすいのです。

ゆっくり時間をかけて、自分の気持ちを確認していくのが良いです。なるべく結論を急がないで先送りするのがコツです。焦るのが一番良くないのです。

焦って退職して、焦って仕事を探して、次の仕事先が自分に合えばラッキーですが、そうでないことも多いはずです。

もちろん、あまり先送りしてしまうと辞めるタイミングを失ってしまいます。必要もないのに、雰囲気の合わない職場に無理やり居続けるのは時間の無駄だし、人生や労力の無駄遣いです。

「参考記事」「いつか辞めよう」と思いながら、気がついたら40代だった

その間に自問自答を繰り返しながら意思を固めていき、辞めるタイミングが来たらすぐに辞められるように準備をすることです。

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

決定打が見つかる時が辞める時

早く辞めたい気持ちはわかりますが、まずは焦らないことです。

辞めるときはいずれやってきますから、その時が来るのを信じて早急な決断をしないことです。

これは私の経験から言うのですが、多くの場合その時はある日やってきます。嘘みたいなんですけど、そんなものです。

「あ、これで辞めよう」みたいなポイントがある日やってきます。

その時が来ても慌てないように今から準備しておくことです。

スポンサーリンク

職場の雰囲気が合わないを退職理由にしたいなら、こう言おう

「職場の雰囲気が合わない」は、印象を悪くする

「職場の雰囲気が合わない」というのは、退職理由としてはあまり使わない方が良いでしょう。

冒頭で説明したように、職場の雰囲気を良くするのは管理職である上司の仕事ですから、職場の雰囲気が合わないから辞めたいというのは、上司に向かってあなたは仕事ができないと非難しているようなもの。

あなたの上司がどう受け止めるかは未知数ではありますが、印象を悪くする可能性があるので避けたほうが良いです。どうせ辞めるから印象などどうなってもいいや、という考え方もありますが、わざわざ悪くすることもありませんよね。

こう言い換えよう

「職場の雰囲気が合わない」を退職理由にしたいなら、次のように言い換えると印象が良くなります。

このように言い換えてみよう

  • 他にやりたい仕事が出てきた
  • 他の仕事にチャレンジしてみたい
  • 前からやりたい仕事をどうしても諦めきれない

「他の仕事」というのは、なんでも良いです。プログラミングとか、資格を生かした仕事とか、留学とか、英語を使った仕事とか、なんでも良いです。必ずしも本当にチャレンジする必要はありません。あくまで退職理由として。

なぜこのような言い換えになるかというと、「職場の雰囲気が合わない」というときは、心が離れているときだからです。つまり、今の仕事とは別の方向に心が向いているということなのです。

だから「他の仕事」に移りたいというのが、「職場の雰囲気が合わない」ときの自分の本心にもっとも近くなるため、スムーズに言い換えることができるはずです。

この言い方なら、前向きな気分も含んでいるため、あなたの上司を傷つけることなく、円満な退職理由になるはずです。

スポンサーリンク

今やるべきこと

「職場の雰囲気が合わない」と感じたときは、自分の働き方や生き方を見直す良いチャンスでもあります。

このチャンスを活かして、今からできることをリストアップしました。

理想を考える

自分の理想とする働き方って、どんな感じでしょうか?

一度文章にしてみるのをおすすめします。

モヤモヤした感じがクリアになって、あ、こんな仕事がやりたいんだ!って、改めて気づくことが出来ます。

次の職場はこんな感じが理想というイメージができていれば、転職するときもその理想に近い仕事を探すことが出来ます。

情報を集める

理想のイメージができたら次は、じゃあどうやってその理想に近づけるのか?というところを探って行きましょう。まずは情報収集をやると良いです。

転職するなら、どんな求人があるのか情報を集めるところからはじめてはどうでしょうか。

転職アプリなんかは、この点すごく便利です。一つだけだと情報も偏るので、2つぐらい入れておいて広く検索するのがコツです。

起業とか独立したいなら、まずは起業関連の本を読んでみるのも良いですね。

関連記事
adult
20年悩んで40代でやっと起業を決断できたのは、本のおかげです

40代で夢を叶えたい!脱サラして起業したい! でも長くサラリーマンをやっていると会社員生活に浸ってしまい、独立や起業に向けた準備はなかなかできません。 そんなときに夢を叶えるためのおすすめの本はありま ...

続きを見る

ロードマップを作ってみる

情報収集をしていくと、だいたいの状況を把握できてきて、何をすれば良いのかが徐々にわかってきます。

この次にやるのがどうやったら理想のイメージに近づけるか、その道のりを考えて見ることです。

自分なりのロードマップ(道すじ)を持っていると、もし何か不測のことが起こったとしても、不本意なことをしてしまったり、横道にそれてしまったりすることもありません。

ロードマップの作り方は、こちらの記事を参考にしてみると良いです。

関連記事
退職日までのロードマップ
退職当日までのロードマップを作ってみよう!

退職しようかどうしようかと悩んでいるときは、退職に至るロードマップがきちんと描けていない場合が多いです。退職ロードマップを描くことで、自分のやるべきことが明確になり、会社を辞めたその先まで見通すことができます。すぐにできるロードマップの作り方を説明しています。

続きを見る

動き出す

情報収集したりロードマップを作ってみたら、少しずつ動き出してみましょう。

辞めるか・続けるかを決断していないまま動き出しても構いません。自分が動いているうちに、次第に心が決まってくることも多いです。

私は、以前の会社で雰囲気が合わないと感じていた時に、クリエイター向けのイベントに参加したことがありました。そこで多くのクリエイターと接して、自分はサラリーマンよりクリエイターと一緒に仕事をしたいなーと実感し、それが起業するきっかけにもなったのです。

新しい土地に引っ越すというのも面白いです。

そういえば、この漫画、引っ越しが転機になった人のエピソードがたくさんあってよかったです。ちょっと感動して泣いちゃいました。まだ読んでいない方はオススメです。

amazon 「吉祥寺だけが住みたい街ですか?

「職場の雰囲気が合わない」は退職のサイン

「職場の雰囲気が合わない」と感じたときは、心は職場から離れているときです。本当は今の仕事とは別のことをやりたいのかも知れません。

それならば、どんな仕事をやりたいのかを考える良いタイミングなのではないでしょうか。

無理して雰囲気に合わせて自分を偽っても、嫌な思いを続けていくだけです。少し前向きに気持ちを切り替えて、自分のやりたいことをやる人生に切り替えていくと良いと思います。

もし辞める時が来たら、退職理由は「職場の雰囲気が合わない」とストレートに言わず、「他の仕事にチャレンジしてみたい」というように言い換えるのをオススメします。

何年か経って今のことを思い出す時が来たら、「あのときが自分の転機だったのかな」と気づくかも知れません。

ハタカズの部屋

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

退職の迷い解消ハンドブックバナー

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

管理人ハタカズ

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。詳しいプロフィール ■PDF冊子「退職の迷い解消ハンドブック」無料プレゼント中!

© 2022 40代退職のリアル