たとえ今が辛くとも、辞表を出すタイミングを間違うな

会社が辛い方、いらっしゃると思います。

人間関係や仕事の重圧、プレッシャーに押し潰されそうな方。この生きづらい世の中、そのような方が多いと思います。

辞めても楽にはなりません

私にもとても辛い時期がありました。人間関係でかなり悩んだ時期があります。

そんな辛い時は、会社を辞めればすべて解決すると思いがちです。会社をやめさえすれば、悩みなどきれいサッパリ消え去さり、新しい道が広がっていくと思いがちです。

でも、実際は、それはただの「幻想」に過ぎません。

会社を離れてしまえば、もう給料は入ってきません。自分で稼がないといけません。

家賃、ローン、光熱費、保険代・・・・・・。生活するにもお金がかかります。

自分のビジネスを軌道に乗せるにもお金がかかります。

スポンサーリンク

1円でも稼がないと、どんどんお金が減っていきます。

毎月確実に貯金の残高が減っていくのです。

いままでは毎月給料が振り込まれていたのに、今度は減っていくのです。

これは、かなりの恐怖です。夜、眠れなくなります。

でも、そこを乗り越えていくことで、自分に強さが出てくることも事実です。

今まで眠っていた回路をフル稼働して、稼ぐ方法を見つけていくのです。

会社を辞めた後も、このように新しい悩みが次々にあなたを襲います。

だから、辛い時こそ、「辞表」は胸にしまっておいてください。

「辞表」はいつでも出せます。

もし、退職後の生活に希望が見えてくるならば、「辞表」を出すタイミングは必ずやってきます。

その時に気持良く出せばいいのです。

辛いからと言って、焦ってはいけません。

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル