危険地雷!異業種交流会には、落とし穴がたくさんあるぞ

異業種交流会。いろんな業界の人たちが、新しいビジネスを求めて集まっています。パーティみたいな感じでなんか楽しそうな感じがします。そこから様々なビジネスが生まれていっているのでしょう、多分。

独立前の人たちが集まる交流会というもあります。プレゼンの練習をしたり、どんなビジネスをやりたいかグループで発表したり。私も参加したことがありますが、まあ、面白いです。

でも、起業セミナーと同じく、異業種交流会も落とし穴がありますので、気をつけた方が良いです。しかも、起業セミナーより危険度はワンランクアップです。

起業セミナーは、たくさんのカモがいて、カモを狙う人は講師1人だけでした。でも、異業種交流会は講師はいません。講師がいないなら、安全なのでは?と思うかもしれません。でも、そこが落とし穴だったりします。

スポンサーリンク

実は、異業種交流会ってカモを狙う人が参加者に混じっているのです。交流会で出会った人とビジネスをやろうと盛り上がったけど、蓋を開けてみたら高額商品を勧誘された、とか意気投合したと思って油断したら自己啓発セミナーに連れていかれたという話、あります。

実際、異業種交流会に参加している人は、カモを探しに来ているわけですから。カモといったら言葉がすぎるのかもしれません。お客さんを探しに来ているんですね。士業の人、保険屋さん、WEB制作、講師業、コンサルタント系の人達が圧倒的に多いです。間違ってもそこでビジネスパートナーを探そうなどと考えないほうが良いです。

実は、私は、ビジネスパートナーを探そうと思い、異業種交流会に参加したことがあります。一緒に自分の事業をやってくれる同士はいないだろうか?と。結果は、そんな人はいませんでした。皆無でした。結果は、使いものにならない大量の名刺をゴミ箱に捨てるだけで終わりました。

そこで知り合った人は、そこで大量の名刺やチラシを撒いて、自分の主催するセミナーに集客するためのツールとして異業種交流会を活用していました。なるほど、そういう風にして集客する方法があるのか、と感心しましたが、私にはどうもそういうやり方は向いていないようでした。なぜなら、私のお客さんは異業種交流会には参加していなかったから。

もし、あなたが異業種交流会に参加するのであれば、あなたのビジネスのお客さんがいるかどうかで参加を判断したら良いと思います。で、参加すると決めたら、プライドを捨てて大量にチラシと名刺を参加者全員に押し付けることが必要です。なんでもいいから、ばらまくことが必要です。そこからあなたのビジネスが始まっていくのですから。種まきですね。

https://40taishoku.com/after/really-regrets/

起業・独立のオススメ本まとめ

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル