「40歳超えると仕事はない」という言葉は、希望を奪い、そして人生を奪う

「40歳超えると仕事なんかない。」

世間でよく言われることです。たしかにそれは一面では正しいと思います。20代や30代と比べれば40代以上の仕事はたしかに少ないです。ぐっと減ります。

でも、可能性が無いわけではありません。

もちろんそれは自分の条件を無視すれば仕事はたくさんあるという、上から目線の冷たい言い方ではなく、きちんと自分の最低限の条件を満たす仕事というのは、必ず見つかります。

もちろん多少の妥協はする必要はあるでしょう。でも、まるっきりやりたくない仕事や低賃金の仕事をしょうがなくやることではないのです。

このページでは、身を持って体験したことをベースに実際に自分の希望に沿う仕事を見つけた話を書いています。

まずは40代超えると仕事ないという思い込みをやめませんか。私達は、これでどれだけの回り道をしなければならないのでしょうか。

40代越えると仕事は無い

「40を過ぎると仕事ないですからね」

どこ行ってもこんな言葉を投げられます。転職コンサル、派遣の営業、そして支援してくれるはずの就職相談所の相談員からも!

こちらは仕事を探しに行っているのに、まずそんな門前払いの言葉を受けます。こういうのに屈辱を感じる人も多いでしょう。私もその一人です。

「まあ、今あるのは、夜勤の仕事になるかな。介護系や警備系は比較的仕事あるよ」

と、上から目線の相談員。そんな風に言われたら、卑屈になるしか無いのです。

そうだろうな。現実は厳しいのだ。納得する自分がいる。でもしょうがない、お金のためだ。子供の教育費もかかるし、家賃も払わないといけない。こう自分を思い聞かせて、提示された仕事案件の中でも、少しでも条件の良い仕事を選ぶ。

「じゃあこの仕事に応募したいです」

転職コンサル、派遣の営業、あるいは就職相談員はにっこり笑う。

「あなたならがんばれますよ!」

自分のやりたい仕事や希望は一切関係なくなる。最低でもまだこれから30年は働かなくてはいけないのに。

「40歳超えると仕事はない」という言葉は、希望を奪い、そして人生を奪う。

スポンサーリンク

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

現状仕事があるだけマシ。自分はラッキー

お金のためにしょうがなく働く仕事はきつく感じられます。でも人間って不思議なもので、きつく感じられる仕事でも結構慣れてしまうものです。余談だけど、そういう仕事こそ周りの人たちが案外優しいんですよね。

そしてそのうちに、お金のためにしょうがなく始めた仕事が、自分にはなくてはならない仕事になっていきます。

残業が続いても、休日出勤が続いても、上司から嫌味を言われても、「他に仕事ないから」と、耐えることが身に染み付いていきます。

でもあんまり耐えることを続けていると、無意識のうちに現実から逃避しだすようになるんですよね。

ふと気づくと、逃避するために課金ゲームをやってたり、お酒の量が増えてたり・・・・・・・・・。

なんとかしなきゃとは思うけれど、どうにもできないんです。

「40過ぎれば仕事は無いんだ。現状仕事があるだけマシ。自分はラッキーなんだ」

そんな風に思うようになっているからです。

目をつぶると、上から目線の転職コンサルや就職相談員の声が聞こえてきます。

「40を過ぎると仕事ないですからね」

そんな屈辱を受けるぐらいなら、現状維持してた方がマシと思います。

スポンサーリンク

本当にそうなのか?

しかし、そんな現状維持にしがみつく毎日は、長くは続かないようです。

ある日、限界に気づくときがやってきます。

それは人によっては病気だったり、怪我だったり、精神的なものだったりします。

例えば私の場合は、腱鞘炎になりました。ペットボトルのキャップが開けられなくなり、ボタンも閉められず、自転車のハンドルも握れなくなるほど悪化しました。

当然、仕事にも影響します。最初のうちはだましだましやっていましたが、それもそのうち効かなくなります。

病院に行くと仕事を変えたほうが良いとのアドバイスを受けます。でも「40を過ぎると仕事ない」し、腱鞘炎だから、仕事など見つかりそうもありません。あるとすれば、さらに条件の悪い仕事しかなさそうです。

仕事を辞めれば無収入になります。生活のために借金をするか、生活保護を申請するか、一瞬頭をよぎります。

でもいや待てよ?

本当に40を過ぎると仕事ないのだろうか?

スポンサーリンク

実際に動いてみないとわからないこと

そういえば自分のこれまでのキャリアなどまるで聞かれずに、ただ40歳を越えているというだけで、仕事がないと判断されたようでした。

と言っても特にアピールできる立派なキャリアなんて無いのですが、それにしても本人の希望とかなんにもなしに決めつけるのは、やはりちょっとおかしい。

会社を休み、ハローワークに行ってみることにしました。

ハローワークに登録すると、3ヶ月の有効期限内ならネットで仕事を検索できます。社会保険の有無や転勤の有無など、検索条件を細かく設定できるので、40代にとってもかなり便利です。

すると、出るわ出るわ、自分の希望に合うような仕事がけっこう出てきます。とは言え、少し詳しく募集要項を見ていくと、「ああこれは女性を求めているな」「ああこれは若者向きの仕事だな」というのがわかってきます。そして、そのような仕事が大半なのです。

「なるほど、40代を超えると仕事無いというのはこういうことなのか。」

まるで砂漠中に埋もれている宝石を見つけるような、労力の必要な作業なのです。しかしゼロということではありません。少ないですが、ある一定数は存在していることがわかりました。

なんとなく手応えを感じたので、間口を広げて量を増やせばそれだけ40代OKな仕事に当たる確率も高いと判断しました。

さっそく転職サイトや派遣のサイトに登録して、仕事探しを開始。同時に自分のキャリアを棚卸しして、募集要項に合致できるキャリアが無いかを探しました。

その上で、とにかく目についた仕事には、思いついたらどんどんエントリー。1日に10件以上を自分に課し、ひたすらエントリー。

エントリーしても、ほとんどが書類選考で落とされます。それでもあきらめずにエントリーし続けて、100件以上経った頃ようやく面接の声がかかりました。

もうここからはポツポツと面接できるところも増えてきて、最初は冷たく感じられた営業担当も熱心にサポートしてくれるようになってきます。

面接しても当然何社かは落ちてしまうのですが、それでも続けていれば決まるものです。そして、決まるときは早いものです。あっという間に決まってしまいます。

40代転職成功のイメージ
40代転職サイトまとめ。転職経験から厳選7サイトをピックアップ

40代で転職活動した経験から、登録しておきたい転職サイトや転職エージェントのオススメの選び方を紹介していきます。 40代以上の転職実績が豊富で、求人案件も多く、キャリアコンサルティング力にも厚い転職サ ...

続きを見る

スポンサーリンク

世間の風潮に惑わされない

こうして自分の希望通りの仕事をゲットしてみると、世間の風潮と実際とがいかに違うかがわかります。

もし世間の風潮通り「40代は仕事ないんだ」と思っていれば、今頃どうなっていたでしょう。

仕事が見つかっても、おそらくさらに条件が悪く低賃金で不安定な職に就かざるを得ないでしょう。そうなると、おきまりのワーキングプアコース。ワーキングプア状態になると、自分の力だけではもうどうすることもできなくなります。

「40歳超えると仕事はない」という声に惑わされず、本当にそうなのか?と考えて、実際に動いてみないと本当のことはわからないものです。

このことでよく考えるのは、世間の声や常識というものは、表面的な部分しか見ていないということです。本当のことはその表面的な部分を乗り越えて、その中の深いところまで覗き込まないとわからない、ということなのです。

実際のところは、世間の風潮とはまるきり反対ということも現実とあるのです。

だからこそ自分で疑問を持って、自分でその疑問を解決すべく動くことが重要なのだな、と考えるのです。

スポンサーリンク

とりあえず前に進んでみよう

「40歳超えると仕事はない」

この言葉は、行動を奪います。行動を奪われるということは、未来の選択肢が少なくなります。未来の選択肢が狭まるということは、人生をも奪われてしまうということでは無いでしょうか。

まずは、この言葉をそのまま受け入れるのではなく、あきらめないことが大事だと思います。

そして本当にそうなのか?と疑問を持ち、動き出してみると良いです。

最初は半信半疑だけど、とりあえず一歩進むのが大切です。一歩前に出たら、その次の一歩。その繰り返しです。

少し図々しいぐらいでちょうど良いのです。そのぐらいにグイグイ行かないと、本当のところはわからないものです。

40代以上男性でも派遣でデスクワークの仕事あるか
40代仕事ないは本当か?男性でもデスクワークをゲットできたよ

私もそうでしたが、40代以上の男性は「事務系やデスクワーク系は無理」と思い込みがあります。 本当は事務の仕事をやりたいのに、「おっさんだから無理」「どうせ断られる」と思って、慣れない肉体労働や夜間勤務 ...

続きを見る

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

管理人ハタカズ

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。詳しいプロフィール ■PDF冊子「退職の迷い解消ハンドブック」無料プレゼント中!

© 2022 40代退職のリアル