40代転職サイトまとめ 初めての転職から海外駐在経験者まで

「40代でも転職できるよ」

これは、私が退職した時の人事面談で出た話。採用にも関わっている人事担当者の言葉です。

退職の面接で人事担当者と話をしていて、「もし起業に失敗したら転職をしたら良い」と転職を薦められました。

「40代での転職は難しいのでは?」と人事担当者に聞いた所、「実際は、そうでもないよ」と答えてくれました。

40代や50代の中途採用の方が即戦力でガンガン働いていますし、企業としては業績アップにつながる人材を常に探しているとのことです。

だから、40代でもまだまだ大丈夫。

これから転職をしようと考えている方、もっと自信を持って良いと思いますよ。

40代以降の転職活動で、登録しておきたい転職サイトを紹介していきます。

PR 転職の第一歩は「リクルートエージェント」がオススメ

リクルートエージェント

情報収集に有利なサイト

笑顔の男性

40代はすでに社会人経験も豊富。企業や組織の実態や事情もよくわかっています。

自分のやりたいこともある程度見えてきていて、仕事としての自分の能力も自己認識ができています。

そのため、40代の転職に際しては、まずは求人情報を多く当たることです。

どんな企業のどんな職種、どんな年収条件の求人があるのか。そこで自分はどんなアピールができそうか、まずは情報を多く収集してみることから始めましょう。

アプリで簡単にチェックできます。

これから転職を考えていこうと思う方にもオススメです。

このポイントに強いのは、転職会議、ミイダス、です。

40代の転職は情報収集力で決まる!「転職会議」

ある意味、40代の転職に必須の転職サイト

転職先の企業の年収や評価制度、面接時の情報などの口コミが満載です。

口コミ登録されている企業数は19万社以上!会員数も70万以上、その情報量は圧倒的で、このサイトでしか入手できない情報も多いです。

自分に合った仕事内容や社風を持つ企業の求人をお知らせしてくれるサービスも新規スタート。

転職準備段階から使えるので、登録がまだなら最初に登録を済ませておきたいです。

転職を考えたら登録して損は無い「ミイダス」

「ミイダス」は、転職を考え出したらすぐに登録しておくべき転職アプリ。

あなたの転職がどのくらいの現実性があるのか、アプリでチェックできるのが最大の特徴です。

職務履歴や実務経験の登録でチェックできる

  • あなたにマッチする企業の求人数
  • 同じような条件の人がどのくらいの年収実績
  • 面接確約オファー数(書類選考クリア済)

ミイダスの凄さはこれだけではありません。

自分のキャリアを登録しておくことで、あなたに興味を持った企業からアプローチが来ます。

「ミイダス」は優良企業が多く利用していることもあり、転職を考えたら登録して損は無いアプリと言えます。

こちらも
WORKING WITH MACBOOK OUTSIDE
40代転職の進め方 転職成功するための押さえておくべきポイント

転職をうまく進めるには、それなりの進め方のコツがあります。 家族やローン持ちの40代にとって、転職失敗はどうしても避けたいもの。 きちんと計画立てて、スムーズに転職先を見つけましょう。 40代の転職の ...

続きを見る

スポンサーリンク

親身なキャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

40代で初めて転職活動するという人は、30代就職限界説もあり、果たして転職できるのかとても不安になります。

詳しく 40代以上の転職が難しいのは本当なのか どうすればよいか

経歴などの断片的な情報だけで機械的にマッチングするだけでは、本当に自分に合っている企業を紹介してもらえたのか疑問に思ってしまいます。

転職活動のやり方、やりたいこと、企業の選び方、年収交渉など、キャリアアドバイザーからの支援があれば、仕事や家庭に何かと忙しい40代の転職活動にとって力強い武器になります。

やはり親身になって話を聞いてくれる専任のキャリアアドバイザーがいれば、自分の人間性も含めて紹介してもらえる実感が湧き、安心して転職先企業を探すことができます。

転職活動をスタートさせると、なかなか時間調整するのも難しくなってきます。一人で抱え込んでしまうより、キャリアアドバイザーを活用することで転職活動にフォーカスできます。

これって、けっこう重要なポイントだと思いますよ。

詳しく 40代転職のポイントは、キャリアコンサルタントとの信頼関係

このポイントに強いのは、パソナキャリア、MS-Japan、リクルートエージェントです。親身なサポートと幅広い求人で40代で初めての転職経験者にも満足度が高いです。

「パソナキャリア」40代ではじめて転職する方にオススメ

pasona_career

40代での転職というのは、なんとなく引け目を感じてしまうこともあるかもしれません。

パソナキャリアなら、スキルや経験だけに頼ったマッチングではなく、転職者の考えや応募企業の社風との親和性も含めて考慮した結果を提案してくれます。

転職希望者との丁寧なコミュニケーションと誠実な対応に口コミでも評価が高いポイント。

リーダー・マネージャークラス~部長・事業責任者クラスまで、3万件以上の豊富な求人を扱っており、40代での転職要望に合った求人案件も多いです。

まずは登録することから始めてみませんか?

管理部門の転職なら「MS-Japan」

経理・財務・人事・総務・法務などの管理部門の転職に特化した、人材紹介会社です。

創業から25年以上で2万人以上の転職のサポート実績を持ち、管理部門と、会計事務所や監査法人等の会計スペシャリストに特化した人材紹介会社では業界トップの実績を持ちます。(2017年3月(株)楽天リサーチ調べ)

管理部門の転職については、一人一人の実情に照らした対応が好評で、満足度も非常に高いです。

現在約4000件以上の求人が掲載されており、これから転職を進めるにあたって、有力な情報源となるはず。

管理部門での転職なら、「MS-Japan」がオススメ。

転職は「リクルートエージェント」の登録からスタート!

リクルートエージェント

転職を考え始めたら、悩むより「行動」が大事です。

リクルートエージェントなら転職支援実績が豊富なので最初に登録するべき。求人数の多さも安心できるし、キャリアアドバイザーも親身になって相談を聞いてくれます。

最初はドキドキするけど、自分の希望に合った企業を紹介してくれるし、うまく背中も押してくれます。企業側にとってもリクルートエージェントの知名度が高いこともあり、業界や求人数が幅広いです。今まで自分が知らなかった優良企業との出会いもあります。

場所も各都市の便利なところにあるし、けっこう夜中まで開いているので、会社帰りに寄れてオススメです。

転職の意思がまだ固まっていない人でも、相談に乗ってくれます。

まだ登録していなければ、無料なので忘れないうちにご登録を。

こちらも
shake hands
40代転職のポイントは、キャリアコンサルタントとの信頼関係

中年の危機とよく言われますが、40代を迎えると、これまでのキャリアに疑問を持つことが多くなります。 果たしてこのままで良いのだろうか、他に道があるのでは?と、悩んだりすることが40代になると強く出てき ...

続きを見る

海外部門・管理職経験者に有利なサイト

global team

英語を使った業務経験や海外駐在経験を持っている方は、40代転職にとって有利なポイントになります。

日本市場以外にビジネスを拡大させたい企業は多いですが、実際に事業展開したくてもなかなかできないと嘆いている経営者が多いのです。

なぜなら、海外の企業と仕事ができる人材が不足しており、社内で育成しようにも時間もコストもかかってしまうからです。

英語を使った業務経験があり、また部下をつかった管理業務をした経験がある40代は、どの企業も欲しい人材です。

このポイントに強いのは、、MS-Japan、ロバートウォルターズです。40代・50代の案件も多く、やりがいのある仕事を探せます。

管理部門の転職なら「MS-Japan」

経理・財務・人事・総務・法務などの管理部門の転職に特化した、人材紹介会社です。

創業から25年以上で2万人以上の転職のサポート実績を持ち、管理部門と、会計事務所や監査法人等の会計スペシャリストに特化した人材紹介会社では業界トップの実績を持ちます。(2017年3月(株)楽天リサーチ調べ)

管理部門の転職については、一人一人の実情に照らした対応が好評で、満足度も非常に高いです。

現在約4000件以上の求人が掲載されており、これから転職を進めるにあたって、有力な情報源となるはず。

管理部門での転職なら、「MS-Japan」がオススメ。

グローバルに活躍できる企業への転職に有利「ロバートウォルターズ」

ロバート・ウォルターズ

海外駐在経験など日常的に英語を使ったビジネス経験を次のステップに活かすなら、「ロバートウォルターズ」がオススメ。

ロバートウォルターズは「グローバル人材」に特化した人材紹介会社で、「英語を活かせる求人」だけを扱っているのが特徴です。1985年に英国ロンドンで設立され、日本では2000年から営業しています。

世界有数のグローバル企業はもちろんのこと、ベンチャー企業や中小企業まで幅広い企業の求人ネットワークを持ち、専門分野はメーカー、IT、金融、小売、ロジスティックなど多岐に渡ります。

経験豊富な業界専門がコンサルタントがチーム体制でサポートしてもらえ、転職者の満足度も93%と非常に高いです。

海外駐在経験がなくてもTOEIC900点以上あるなど、もっと英語力を活かした仕事をしたい方は、すぐに相談してみるべき。

こちらも
海外駐在経験は40代転職に有利

海外と日常的にやりとりする仕事、特に海外での駐在経験があるなら、40代での転職に非常に有利な条件となります。 国際的に仕事のできる40代の人材は、国内企業/外資系企業問わず、非常にニーズが高いのです。 ...

続きを見る

都内でカウンセリングやセミナーに参加するなら

seminar

もし、40代の転職になんとなく自信がない、未経験の分野に挑戦したい、転職したいけどどうしてよいかわからない場合は、こちらの転職支援サービスがオススメです。

40代の転職に豊富な実績があり、40代のことをしっかり理解してくれる転職支援サービスで、30代後半から50代までの転職に特化しています。

40代以上特有の転職に関わる悩みについても詳しいです。

個人的にはイチオシです。

このポイントに強いのは、ミドルコーナーです。都内で働くことを希望する30~54歳の就職・転職をサポートしています。

正社員未経験も 東京しごとセンター「ミドルコーナー」

東京しごとセンター

大手転職サイトに登録したら、こちらへの登録もお忘れなく!

40代以降の転職をサポートしている「ミドルコーナー」は、東京都の就労支援サービス。

都内の幅広い求人が揃っていて、40代特有の悩みにも親身になって相談にのってくれます。

キャリアチェンジ支援プログラムなど、転職サイトではフォローしきれない充実したサポート体制です。

無料のミドルコーナー説明会&見学会に参加して、支援内容の説明を受けましょう!

 

k助

なるほど。

40代以上でも転職できるんだ!

管理人
管理人

最近は珍しいことでは無くなってきましたよ。

40代以上に特化した転職サイトも今後増えていくでしょう。

 

40代転職のコツ

40代での転職活動というのは、これまでの経験から何でも自分で判断してしまうことがよくあります。

キャリアコンサルタントも年下の場合も多く、「こんな自分より年下に偉そうに言われたくない!」とついつい思ってしまい、中途半端に話を聞き流してしまいがち。

転職活動は必ず相手の企業がいるので、独りよがりで活動していると空回りしてしまうことが多いのです。

空回りでは、転職活動の効率も非常に悪くなります。

転職した後で、「こんなはずではなかった」と愕然とするのは、もう終わりにしたいですからね。

キャリアコンサルタントや転職サイトの担当者は、企業の情報を多く持っていますから、自分だけの判断に頼らずに謙虚に耳を傾けてみましょう。(もちろん自分の直感も大切ですが)

k助

40才過ぎてるし・・・・・・、

すっかり人生あきらめていたけど、まだまだいけそうな気がしてきたよ。

こちらも
40代転職体験談の記事まとめ

「40代転職の体験談」の記事一覧 転職失敗の体験談 人気 40代の転職に失敗した最大の理由。不採用になるのはこんな人 家族持ちの転職 詳しく 40代妻子持ちの転職成功ポイントは、家族からの理解を得るこ ...

続きを見る

不安の解消は行動から

実際に転職しようとなると、不安だし怖いです。

実を言うと、私もそうだったんです。メチャクチャ怖かった。周りから色々言われるんだろうなあ、と考えてしまい何回も挫折しました。

でも最初からあきらめていては、何も変わらないんですよね。

本当に転職が難しいのかどうか、実際に行動してみないとわからないです。

たとえ転職に失敗したとしても、今の会社を辞めなければなんの問題もないですよ。

2〜3の会社を受けてみて、それでダメだと悟ったらその時点であきらめても良いわけです。

転職活動もせずに定年までグズグズ悩んでいるよりかは、だいぶマシだと思うんですよね。

K助

まずは転職サイトに登録するところから、始めてみようかな。

ちょっと不安だけど、やってみようかな。

こちらも
man-job-change
40代で転職に失敗しました。なぜうまくいかなかったのか。

私は40代で転職活動をしました。 結果は、3社面接を受けて3社とも不採用。全滅です。書類選考はうまくパスしたんですけど、面接でうまくいきませんでした。 転職に失敗したので、反省の意味も込めてもう一度自 ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル