心療内科は怖くない!40代会社員のための受診マニュアル

会社に行くのが、ものすごく辛い日ってあるんですよね。

特に朝。目が覚めた時などがそういう辛い感情を感じる時がよくあります。何もする気力が湧かない、会社に行く元気がない。いっそ死んでしまったら楽になるかな、そんなことをふと思ったりする時。心当たりある方も多いのではないでしょうか?

相談相手がいない、40代

我々40代の会社人間って、そんな辛い感情を自分の中に抱え込みがちです。抱え込んでしまって、誰かに相談したいんですが、なかなかそう簡単にできないものなんです。実は、私もそうでした。人に相談すると、自分が弱い人間だと思われてしまうんでは?と考えてしまうんです。

家族に相談するにしても、余計に心配させてしまうかもしれないし、会社に相談すると人事評価に影響する。社外の人といっても、会社が辛いといった話を聞いてくれそうな人もいない。「40歳にもなって何甘えたこと言っているの?」って言われそう。

40代会社員って、実際のところ、相談相手がいないんですよね。

辛い感情を吐き出せないまま抱え込むので、どんどん辛くなる。→ でも、誰にも相談できないから、さらに辛くなる。 → どうしようもなくなる。こんな風に悪循環になりがちです。

心療内科は怖くない

私はね、辛いときは、早めに心療内科に行くのをオススメします。重症になる前に、まだ軽いうちから行くのがいいんです。

重症になってからでは遅いですよ。いっそのこと、休職になって会社を長期休みたい、とか思いがちですが、そんなことはありません。何事も重症になる前に対処するのがベストです。休職となったら家族もつらい思いをしますね。ここは一家の主として、早めに対処するべきです。

ひとつ言っておきますが、待っていても誰も救ってはくれません。なぜなら、あなたが辛いと思っていることは、外からは決してわからないからです。待っていても誰にも気づいてもらえません。それが事実です。自ら動くしかないのです。

スポンサーリンク

空

会社に知られる心配はない

心療内科に行って保険証を使うと、会社に知られてしまうのではないか、と恐れる心配はありません。健保組合から会社への病院名や病名などの情報は行きません。

1年に1回発行される「年間医療費のお知らせ」にも、心療内科の病院名は記載されないことがほとんどです。私も心療内科を受診したことがありますが、会社に知られたことはありません。「年間医療費のお知らせ」も確認しましたが、病院名は記載されていませんでした。

会社の同僚も、心療内科受診をしたことがある方が結構います。みんな表立って言わないだけで、普通に受診しているようです。

初めて行くなら、当日予約できる心療内科がベスト

心療内科とかメンタルクリニックって、予約制のところが多いです。1週間ぐらい前に予約が必要、とかそういうやつ。でも、サラリーマンって1週間先の予定ってなかなか読めないんですよね。急に予定が入ったりするし。それに、仮に予約入れたとしても、当日になって別に辛くもなんともなくなるということもありえます。

でも中には当日予約できる心療内科もあるので、初めて心療内科に行くという人にとっては良いと思います。

朝起きて、「辛いな」と思ったら、そのまま病院へ直行できますからね。これができるのが一番良いですよ。朝の気分を忘れずにお医者さんやカウンセラーに伝えることも出来ます。

家族には、辛いからカウンセリングに行くと言っておく

さて、心療内科に行くとなったら、妻には、ひと言「辛いから心療内科に行ってくる」と伝えておきましょう。少しばかり動揺させてしまうからもしれませんが、自分が「つらいと思っている」ということに気づいてもらえるはずです。

また、動揺してしまうようなら、心療内科にはカウンセラーがいるので、いろいろと相談してスッキリしたいというようなことを言えば、少し安心すると思います。心療内科から帰ってきたら、診断結果などを妻へ話をしましょう。そこから、退職への話が切り出せたりします。

診断書を書いてくれる

症状によっては、診断書を書いてくれる場合もあります。それを職場に提出すれば、業務量の軽減を配慮してくれる可能性があります。

だけど、私としては、あまりそれはやらない方が良いと思います。まあ、ケースバイケースなんでしょうけど、転職を考えている場合は、うつ病とかで休職となると、キャリアに傷がついてしまう場合も。

私も、抑うつの診断書を書いてもらったことが有ります。この診断書は、もうどうしようもならなくなったときに使おうと、伝家の宝刀のようにして机にしまっておきました。実際には会社へ提出せずに退職してしまいましたが、なにかあったら診断書を会社に出せると思うだけで、かなり気が楽になりました。

よっぽどひどくない場合を除いては、最後の最後の手段として取っておいた方がいいと思います。

まとめ:心療内科は怖くない

心療内科って、診察代の他にカウンセリング料や不眠の薬とか、けっこうお金がかかります。まあ、でも1回は行っておいて、免疫つけておくと良いと思いますよ。辛くてどうしようもないときなど、あそこに行けるという安心感ができますからね。

心療内科では、カウンセラーが話を聞いてくれます。悩み事を話すだけで、かなり気が楽になります。

自分で抱え込んでいると、悪循環にかかりやすいので、早めに心療内科に行ってみると良いです。

関連記事

関連 40代男性を襲う、朝の憂鬱。早朝覚醒のリアル

おすすめ記事を読む

記事を検索する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル