スムーズに家族へ退職を伝えたい!実際に効果抜群だった方法

退職について悩んでいるときは、どうしても自分のことに意識が集中してしまいます。

いつ会社に退職を切り出そうか、このタイミングで退職を切り出してもうまく仕事は回るだろうか?、退職後はうまく収入を得ることはできるだろうか、収入が安定するまでどのくらいの時間がかかるのだろうか?、などなど一度考えだすと、不安はどんどん膨れ上がります。

会社にいるときは目の前の仕事に追われているため、このような悩みは一旦棚上げされています。一度、会社から離れてプライベートの時間となると、このような悩みに自分の意識が支配されがちです。

それは、家族とのコミュニケーションに一番顕著に現れます。意識が自分にばかり向いてしまっていると、気づかないうちに自分と家族の間に距離が出来始めます。家族の方でも、なんとなく話しかけづらいなあと思ったりして、自然と距離を置くようになります。

一旦家族と距離が開いてしまうと、放っておくとどんどん離れていきます。テレビで見るアザラシの親子が流氷で離れ離れになってしまう、涙が出てくるほど悲しいシーンを見たことはありませんか? そんなイメージで、家族との距離がどんどん離れていってしまうでしょう。そうなる前に何か対策する必要がありますね。

そんな状態(家族との距離が遠ざかって行く状態)で妻に退職を切り出すというのは、火に油を注ぐくらい最悪といっていいタイミングでしょう。「何自分勝手なことばかり言って!」と、場合によっては、離婚という話になってしまうかもしれません。

やっぱり、自分で決めたとはいえ、退職によって家族を失うのは避けたいです。これからの人生は長いんです。家族は、ずっと同じ流氷にのっていたいものです。

そのために何ができるかといえば、夫婦の家事の分担率を上げることが基本になります。これで、開いてしまった家族との距離をぐいぐい縮められます。

家事をやっている暇は無いんだ、それよりも自分の悩みを解決することのほうが先決だ!と考えていませんか? 実は、そういうのが一番怖いんです。悩んでしまってどうしようも無い!という時でも、頭を切り替えて妻の家事を手伝いましょう。

スポンサーリンク

なぜ家事の分担率を上げるのが良いのか?

これは、自分の経験から断言できます。一見大したことないように感じられますが、効果は絶大です。

<理由1:信用向上>

家事は、家族で行う共同作業です。すべてを妻に押し付けて自分は何もやらないということは、どういうことかわかりますよね?例えば、学校でクラスで掃除をする時間なのに、何もやらないような人はみんなから信用されないですよ。

それと同じで、妻からの信用を失い、相手にされなくなります。妻から相手にされなくなると、子供から相手にされなくなるのも時間の問題でしょうね。

共同作業なんだから、お皿を拭くとか、お風呂掃除をするとか何かを手伝うようにすれば、妻からの信用もどんどん向上していくでしょう。

<理由2:コミュニケーション向上>

すすんで妻との家事分担率を上げる事で、妻との会話が自然に増えます。例えば、食後の食器の片付け。今までは、すべて妻が片付けしていたとします。当然そこには何も会話は発生しませんね。当たり前です。でも、妻が食器を洗い、自分がお皿を拭くとなったらどうでしょうか?

夫婦ふたりがキッチンで横に並び、1人が食器を洗い、1人が拭く。これは間違いなく共同作業ですね。

そこには必ず会話が発生するんです。黙ってもくもくと作業するより、何か会話しながら作業した方が絶対楽しいですから。

でも、無理に会話しようと思わないでも良いです。自然に妻が話しだしてくれるでしょう。実は、妻は、話をしたくてウズウズしてるんです。今日あった出来事、ママ友のこと、地域のこと・・・・・・。こんなに話題に尽きないのか?とびっくりするくらい会話が続きます。あなたは、黙って聞き役に徹することが大事ですね。

家事の共同作業といっても、別にお皿の片付けばかりではありませんよ。一緒に洗濯を干したり、掃除をしたり。部屋のレイアウトを変えたり。一緒に作業できることは山程あります。何かやれることはないかな?と探してみると一つやひたつ、見つかるでしょう。

実は、このコミュニケーション向上が非常に大事なんです。なぜなら、このような会話の場ができあがることで、退職を切り出すのタイミングが自然にできるからです。言い出しにくいことでも、家事を一緒にやっていると、サラッと自然に言えたりします。

水平線の写真

<理由3:自分勝手の緩和>

退職するということは、言ってしまえばあなたの自分勝手なわがままです。あなたのわがままを家族に押し付けることになるのです。あなたのせいで、家族みんなの生活が変わってしまうのです。あなたの退職は、あなたの家族に迷惑をかけるのです。

せめてもの罪滅ぼしに、家事の分担率を上げる、というのは当然だと思うのですが、どうでしょうか。

退職は、あなたのわがままです。さらに、家事をやらない、というもあなたのわがまま。2重のわがまま。あなたはわがままな人間だ、という風に家族は受け取ります。

そうなったら、ますますあなたは孤立することになります。家族との距離はどんどん離れていきます。

まとめ

男としてのポリシーとして、家事はやらない!という人もいるかもしれませんが(いないかもしれませんが)、退職を家族に切り出す前は極力家事を手伝って、夫婦の家事分担率を上げた方が良いと思います。

私の経験から言っても非常に役にたちました。一番最初に妻に退職を切り出したタイミングというのは、実は一緒に家事をやっている時でした。切り出すタイミングが図れない、という方は、是非この方法を取り入れてみてください。

また、この夫婦の会話の場が担保されるというのも、もう一つ重要なことかと思います。何か言いたいことがあれば、家事の場で言おうと思えるからです。そういう話し合いの場すら無い、という家庭も最近は多いのではないでしょうか?

でも、こういうことも言えるかと思います。もし、あなたが退職を決めなければ、そうやって夫婦が話し合う機会は生まれなかった。つまり、退職によって、家族の絆が生まれた、ということになりませんかね?

おすすめ記事を読む

記事を検索する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル