退職後は体が資本 40代で退職を決心したら健康チェックは必須

退職を決めたら、まずはご自身の健康状態を再確認してください。

退職後は、なんといっても健康が第一です。

これから最高の人生を過ごすためにも、気になるところはできるだけ無くしておきたいですよね。

健康を見直すのにちょうど良い機会

40代は人生のちょうど折り返し地点。

健康状態も曲がり角に来ています。

40代で体力がガタッと落ちた人も多いと思います。

私もそうですが、普段意識していない箇所がある日突然痛み出し、病院に行ったら老化が原因だったということが多くなります。

40代で退職し、転職や起業・独立でやりたいことを仕事として続けていくには、やっぱり健康がベースとなります。

体調が悪いと、仕事もうまくはかどりません。そもそも起業や独立したら、仕事を休んでも給料はでません。

健康を見直すのにちょうど良いタイミングと考え、特に退職前は自身の健康状態について真剣に向き合っておきたいです。

40代の健康問題については、こちらの記事でも書いています。

https://40taishoku.com/jumbi/health/taishoku-health/

一番やっておきたいのは歯科治療

これだけは絶対やっておきたいのは、歯科治療です。

もうこれはマストです。絶対やっておいた方がいい。

嫌いとか言っている場合じゃないです。

スポンサーリンク

40代から歯が衰え始める

若いころは虫歯とか親知らずの抜歯ぐらいの治療がメインだったと思います。

でも、40代を過ぎると虫歯に加えて、歯周病とか知覚過敏とかが出てくるんですよ。

今は健康だと思っていても、知らず知らずのうちに進行していたりするので怖いです。

近所のかかりつけの歯科医に行って定期的に歯周病チェックをするようにしたいです

放置しておくと命を縮める

歯周病ってマジに怖いです。

放置しておくと、だんだん歯がグラグラして抜けちゃうんですよ。

口臭もひどくなるし、そうなると仕事どころじゃなくなります。

歯が一本や2本抜けても大したことないと思うかもしれません。

でも、この本(「新版 歯から始まる怖い病気」波多野 尚樹著)を読む限り、実際はかなり影響大きいようです。1本でも抜けると結構ヤバイみたい。

いや脅しじゃないです。気になるなら一度読んでみてください。かなり怖くなります。

それに歯周病菌って口の中だけの病気じゃないんです。

体の中に入り込むと、心筋梗塞を引き起こしたりします。

退職決めたら、必ず歯医者は行っておいた方がいいです。自分のため、そして家族のためにも。強くお勧めします。

dentist

人間ドックは受けたほうが良いか?

歯について強く語ってしまいましたが、健康というと成人病のことを心配される方が多いと思います。

会社で生活習慣病の検診受けていれば必要ない?

これは私の私的な意見ですが、会社での生活習慣病検診で問題ある箇所がなければ特に人間ドックまで受ける必要はないと思います。

私も退職前、人間ドックは受けていません。

しかし、心配な方や気になる箇所がある場合は、念の為に人間ドックを受けたほうが良いかもしれません。

人間ドックといっても検査項目が非常に多岐に渡るため、何を受けていいのかわからない方は、こちらの「人間ドックや検診の早見表」(他サイトにリンクします)が便利です。

年齢別に必要受診項目が一覧で整理されていてわかりやすいです。

知人が40歳前半で亡くなったこともあり、個人的に気になるのは、40代に多い「くも膜下出血」です。脳ドックで脳の血管に障害が無いかを確認しておくだけで、事前対策ができると思います。

どこで人間ドックを受けたらよいか?

人間ドックを受けようかと思った場合、一体どこに行けば良いのかわからないですよね。

近所の個人病院ではたぶんできないと思います。それなりの検査機器が充実している病院やクリニックでしょう。

全国の人間ドックを受診できる医療施設を検索して、予約もできるサイトはこちらです。早めに受診しておき、健康面の問題をクリアしてから退職するほうが良いでしょう。

退職後に大きな病気が見つかれば、それだけで夢を断念せざるを得なくなるかもしれません。

 人間ドックのここからだ

退職後の検診どうするか

気になるのは、退職後に検診を受けられるかどうかですよね。

それは、あまり心配しなくて良いと思います。

転職された場合は、転職先の健康保険組合の実施する検診を受けられます。

起業や独立して任意継続にした方なら、今まで同程度の検診を受けることができます。

国民健康保険の場合は、市町村によって違ってきますが、だいたいの市町村で40代以上を中心に検診を行っているようです。

さらに、市町村でがん検診なども行っている自治体もあります。自己負担金額も安くおさえられているので、退職後は確実に受診したいところです。

https://40taishoku.com/jumbi/money/nini-keizoku/

引っかかった場合

検診に引っかかってしまった場合は、納得行くまで医師に相談することが第一だと思います。

悪い数値が出てしまった場合は、生活習慣を見直すなどの対策を取る必要があります。

退職前に治療できるものは治療しておき、退職後に備えておきたいです。

関連記事 健康保険は、とりあえず任意継続で決まり!翌年は国保へ切替も。

まとめ

転職にせよ、独立・起業するにせよ、40代で退職を考えているなら、このタイミングで自分自身の健康にも留意しておくべきでしょう。

40代から自分の肉体には明らかに老化現象が見えてくると思います。今まで無理が効いてきたことも、40代を境にガクッとできないことが徐々に増えてきます。健康診断の数値も徐々に悪い数値が出てくるのも40代です。

退職を考えているのであれば、是非健康問題にも気にするようにしたほうが良いでしょう。

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル