40代転職の成功の秘訣 「逃げ」「焦り」は失敗の元

40代の転職は、どうやって進めて行ったら良いのでしょうか? 転職をうまく進められる、転職成功の秘訣があれば知りたいですよね。

40代転職の成功の秘訣は、不安があっても決して焦らないこと。広く情報を吸収し、転職コンサルタントとの連携も重要になってきます。そしてわすれてはいけないのが、家族からの同意を得ることです。

自らの転職経験から、40代での転職を成功させる秘訣を整理しました。

40代転職の成功のポイント

転職を進める場合、一番の不安は「失敗したらどうしよう」ということ。

40代や家族持ちの場合、多くの方は家族や住宅ローン、教育の問題などもあるので、若い頃と違って失敗は絶対避けたいところ。

年齢の問題もあり、早く転職先を見つけたい気持ちもあります。

そう、だから転職失敗の最大の理由は、「焦り」と言えるでしょう。

40代での転職成功のカギは、「いかに焦らないか」に尽きると思います。

40代での転職を成功させるには、焦りは禁物

転職失敗の最大の理由は、「焦り」です。

これは身を持ってそう思います。

焦りがあるから、目についたものから何でもかんでも手を出して失敗してしまいます。

早く転職先を決めて安心したい、早く今の会社を辞めたいという気持ちの焦りから、自分の気持ちをよく考えずに行動してしまいがちになります。

焦りがあると、自分の適正や会社風土との相性をよく考えずに応募してしまい、面接でうまくマッチングできずに不採用となるケースが多いのです。

40代での転職失敗原因は、こちらのページで詳しく説明しています。やはり、早く今の状況から逃げたいという気持ちがうまくいかないようです。

失敗したらさらに焦って、準備もろくにせずに下手な鉄砲数打ちゃ当たる式に、とにかく量を増やそうとして悪循環に陥ってしまいます。

そうしているうちに疲れてしまい、「やはり40代での転職は難しい」と転職をあきらめてしまうことになります。

また、仮にうまく転職先が決まったとしても、転職先の仕事がうまく合わずに「こんなはずじゃなかった」と失敗してしまうことがあります。

だからこそ、40代以上のうまくいく転職の進め方の秘訣は、焦る気持ちをいかに抑えるかがポイントになってきます。

そのためには、ステップを踏みながらじっくりと準備していくことが重要になってきます。

スポンサーリンク

転職成功のステップ

うまくいく転職の進め方

  1. 心構えを決める(焦らない)
  2. 家族から転職の了解を得る
  3. 転職サイトをフル活用する

転職するための事前準備を省略して、応募の諸条件だけを簡単に確認するだけで書類選考に臨む場合は、特に失敗しやすいです。

仮に内定が取れたとしても、入社後に「自分のイメージと違った」と後悔する方も、「焦り」が先行して転職を進めてしまった人に多いです。

その意味から言えば、内定をうまく勝ち取るには、じっくり時間をかけた事前準備が必要になってきます。

できれば、転職サイトに登録する前に、自分のことをよく見つめる機会を持つことが重要だと思います。転職サイトに登録すれば、たくさんの求人を紹介してくれます。キャリアコンサルタントもあなたのキャリアに合う企業を提案してくれるでしょう。

しかし、キャリアコンサルタントはあなたの本心まではわかりません。

あなたは本当に転職したいのでしょうか、実は焦りや今の会社から逃げたいと思っているだけではないでしょうか?

転職の心構えを決める

転職活動に入る前に、自分はどんな仕事をしたいのか、なぜ今の会社ではできないのか?というところをきちんと整理しておきましょう。

この準備がおろそかになっていると、面接で落とされる可能性が非常に高くなります。

私もこの心構えが充分ではなく、すべて面接で落ちました。私の転職活動の体験はこちらのページに書いています。(転職決意してから、転職サイトへの登録、キャリアコンサルタントとの面談、面接の様子をまとめています。)

逆に言えばきちんと自分のことが整理できてさえいれば、自分にあった企業も見つけやすくなりますし、他の応募者との差別化もうまくいき、スムーズに採用までたどり着けるはずです。

私の経験から、転職活動を始める前の準備を質問形式で4つにまとめてみました。

これら4つの質問を元に、自分の転職イメージを整理してみてください。

step
1
自分はどんな仕事をしたいのか?

仕事のイメージ

これからあと◯◯年というビジネスマン人生の中で、自分はどんな仕事をしたいのか?

例)RPAシステム構築、大型特殊貨物の物流、南米諸国とのビジネスなど

step
2
なぜ今の会社ではできないのか?

転職の理由

自分のやりたい仕事が、なぜ今の会社でできないと判断したのか?

例)部署が廃止された、会社の経営方針が変更されたなど

step
3
それができる会社はどのようなところがあるのか?

転職先のイメージ

どんな会社なら自分のやりたい仕事ができるのか? 営業分野、希望年収、勤務地、転勤の有無など考慮

例)大手企業、中堅企業、ベンチャー企業など

step
4
その会社で自分が貢献できることは何か?

志望理由

上の1〜3を総合して、自分が働くことで、その企業にどんな利益があるのか?

例)コストダウン、営業の効率化、市場シェアアップなど

step
5
その会社で自分が貢献できることは何か?

志望理由

上の1〜3を総合して、自分が働くことで、その企業にどんな利益があるのか?

例)コストダウン、営業の効率化、市場シェアアップなど

step
6
転職に失敗してしまったらどうするか?

自分はどうするべきか、予め行動を決めておく。

いざ働いてみると、ミスマッチだった場合も想定しておく。

例)転職先がブラック企業だった場合、人間関係に行き詰まった場合などどうするか。再転職するのか、我慢するのか。あるいは独立するのか。 

家族から転職の了解を取る

ある程度転職の情報をとり、自分の意思も固まってきたら、家族へ転職したいと告げましょう。

告げるタイミングとしては、会社に関係する話題が出てきたときに、「転職したいんだよなー」とサラッと言うことです。

最初は軽くジャブを何回か打っておいて、反応を見定めます。

あまり抵抗感がなければ、ある程度時間を置いてから本題を投げかけます。この段階で、ほぼ9割はOK取れるでしょう。

抵抗があるようならば、ジャブを打つのはとりあえず三ヶ月ぐらい延期。

あまりしつこいと逆効果になるので、ここは辛抱強く待ちましょう。

ほとぼりが覚めた頃を見計らってジャブを打ち、反応を見ます。

もう少し詳しい家族への打ち明け方は、こちらのページ「妻に退職を言う作戦 賛成してもらうために必要なこと」にまとめています。基本は外堀から埋めていくことですが、もし反対された場合の対処法についても説明しています。なかなか打ち明けられない方は参考にしていただければ嬉しいです。

転職サイトをフル活用する

転職サイトに登録するメリットは、多くの求人情報の中から自分にあった求人を探せることと、キャリアエージェントと呼ばれる転職アドバイザーの担当がついてくれることです。

キャリアエージェントというのは、まずは転職希望者と実際にあって希望する職種や待遇面などを親身になってヒアリングしてくれます。

ヒアリングした結果を持って、自分に合う求人をアドバイスしてくれたりもします。

応募するときもキャリアエージェントから転職サイト経由でやってくれますし、面接に進んだ時も適切なアドバイスもしてくれます。

こんな便利な転職サイトですが、転職希望者はすべて無料です。というのも、採用が決まったら企業側から転職サイトに紹介料が支払われる仕組みだからです。

なぜ転職サイトを使うべきか?

転職にあたっては、転職サイトを使うことをおすすめします。

理由は次の2つがあります。

なぜ転職サイトを使うべきなのか?

  1. 効率的な転職活動ができるから。
  2. キャリアコンサルタントとの面談

効率的な転職

自分で独自に企業に応募するよりも、はるかに多くの求人案件を一度に検索することできます。

キャリアコンサルタントとの面談

40代の転職案件に詳しいコンサルタントとの面談を通して、自分に向いていそうな企業の提案、内定を出すためのノウハウなどを得ることができます。

転職サイトを活用することで、転職活動がより効率的になると同時に転職先のミスマッチも減らすことができます。

転職サイトの種類

このように便利な転職サイトですが、さらにより賢く活用するために転職サイトの種類を説明したいと思います。

転職サイトには、大きく分けると2つに区別できます。

一つは、いろんな職種や業界をひっくるめて横断的に探すことのできる総合型

もう一つは、専門の業界に特化した求人を探すことのできる業界特化型です。

総合型・業界特化型にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

どちらかひとつに絞るよりも、両方どちらも活用することで、総合型・業界特化型のそれぞれ良い所を利用することができるのです。

ココがポイント

  • 統合型転職サイト
  • 業界特化型の転職サイト

総合型転職サイトの特徴

「転職なら○○」とかいうキャッチフレーズで、テレビのCMや電車の中で良く広告を見かけると思います。

知名度が高いので、誰もが一度は名前を聞いたことがあるような転職サイトが多いです。

私のオススメは、リクルートエージェントとパソナキャリアの2社です。

2社とも高い知名度を活かして多くの求人(もちろん40代以上の案件も多い)が集まってくるので、転職希望者としては選択の幅が広がります。

キャリアコンサルタントの数も多いので、希望の業界に詳しい人が担当についてくれる場合が多いのも特徴ですね。

多くの転職の実態を経験しているので、面接の時など様々なケースで柔軟に相談に乗ってくれます。

リクルートエージェント(クリックするとリクルートエージェントの登録サイトに飛びます)は、私の経験では一番使い勝手が良いです。情報量も圧倒的に多いですし、コンサルタントもプロフェッショナルです。

パソナキャリア(クリックするとパソナキャリアの登録サイトに飛びます)も登録しておきたいです。丁寧なキャリアコンサルティングが40代の転職者から良い評価を受けています。

もちろん、オススメの転職サイトはこれだけではありません。

こちらのオススメ転職サイトまとめのページに、もう少し詳しく紹介しています。転職情報を広く収集できるアプリや40代以上専門の転職サイトも紹介しています。

業界特化型転職サイトの特徴

ひとつの業界に専門的に特化した求人を探せるのがこの転職サイトの特徴です。

業界内の大抵の企業に定期的に営業に回っているため、業界動向にも詳しいです。

総合型転職サイトでは探せない、ニッチな求人を見つけることができるのも特徴ですね。

難点は、希望するすべての業界に業界特化型転職サイトがあるとは限らないことです。

やはり特定業界内の転職者のボリュームがある程度確保できないと、業界特化型転職サイトは成り立たないのかもしれませんね。

そのため業界特化型転職サイトでは、IT系・介護系・看護師系といった比較的雇用流動性のある業界が多いようです。

詳しく
man smile
40代の強みを生かせる業界別転職サイト比較

40代としての経験の豊富さ、コミュニケーション能力の高さは、企業から見ると非常に価値の高い、評価されるポイントです。 また、IT系や介護系などの成長分野の業種は、常に人手不足の状況にあり、異業種からの ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル