40代転職の進め方 転職成功するための押さえておくべきポイント

転職をうまく進めるには、それなりの進め方のコツがあります。

家族やローン持ちの40代にとって、転職失敗はどうしても避けたいもの。

きちんと計画立てて、スムーズに転職先を見つけましょう。

40代の転職の進め方について、まとめました。

転職が失敗に終わる最大の理由はコレです

転職を進める場合、一番の不安は「失敗したらどうしよう」ということ。

40代や家族持ちの場合、多くの方は家族や住宅ローン、教育の問題などもあるので、若い頃と違って失敗は絶対避けたいところ。

そう、だから転職失敗の最大の理由は、「焦り」と言えるでしょう。

スポンサーリンク

40代転職失敗の最大の理由は「焦り」だった

転職失敗の最大の理由は、「焦り」だと思います。

これは身を持ってそう思います。

焦りがあるから、目についたものから何でもかんでも手を出して失敗するんです。失敗したらさらに焦って、準備もろくにせずに下手な鉄砲数打ちゃ当たる式に、とにかく量を増やそうとして悪循環に陥ってしまいます。

そうしているうちに疲れてしまい、「やはり40代での転職は難しい」と転職をあきらめてしまうことになります。

こうなると今の会社で快く働けるように自分の意識を180度転換しないと、この先ずっと後悔が続き、モヤモヤした人生を送ることになりかねません。

だからこそ、うまくいく転職の進め方は、ステップを踏みながら十分に準備することが重要になってきます。備えあれば憂いなし、というわけです。

うまくいく転職の進め方はこの順番で

転職するための事前準備を省略して、応募の諸条件だけを簡単に確認するだけで書類選考に臨む場合は、特に失敗しやすいんです。

仮に内定が取れたとしても、入社後に「自分のイメージと違った」と後悔する方も、「焦り」が先行して転職を進めてしまった人に多いです。

その意味から言えば、内定をうまく勝ち取るには、じっくり時間をかけた事前準備が絶対に必要です。

転職をうまく進めるには、それなりの進め方があります。

うまくいく転職の進め方

  1. 心構えを決める(焦らない)
  2. 家族から転職の了解を得る
  3. 転職サイトをフル活用する

転職の心構えを決める

転職活動に入る前に、自分はどんな仕事をしたいのか、なぜ今の会社ではできないのか?というところをきちんと整理しておきましょう。

この準備がおろそかになっていると、面接で落とされる可能性が非常に高くなります。

逆に言えばきちんと自分のことが整理できてさえいれば、自分にあった企業も見つけやすくなりますし、他の応募者との差別化もうまくいき、スムーズに採用までたどり着けるはずです。

私の経験から、転職活動を始める前の準備を質問形式で4つにまとめてみました。

これら4つの質問を元に、自分の転職イメージを整理してみてください。

step
1
自分はどんな仕事をしたいのか?

仕事のイメージ

これからあと◯◯年というビジネスマン人生の中で、自分はどんな仕事をしたいのか?

例)RPAシステム構築、大型特殊貨物の物流、南米諸国とのビジネスなど

step
2
なぜ今の会社ではできないのか?

転職の理由

自分のやりたい仕事が、なぜ今の会社でできないと判断したのか?

例)部署が廃止された、会社の経営方針が変更されたなど

step
3
それができる会社はどのようなところがあるのか?

転職先のイメージ

どんな会社なら自分のやりたい仕事ができるのか? 営業分野、希望年収、勤務地、転勤の有無など考慮

例)大手企業、中堅企業、ベンチャー企業など

step
4
その会社で自分が貢献できることは何か?

志望理由

上の1〜3を総合して、自分が働くことで、その企業にどんな利益があるのか?

例)コストダウン、営業の効率化、市場シェアアップなど

step
5
その会社で自分が貢献できることは何か?

志望理由

上の1〜3を総合して、自分が働くことで、その企業にどんな利益があるのか?

例)コストダウン、営業の効率化、市場シェアアップなど

step
6
転職に失敗してしまったらどうするか?

自分はどうするべきか、予め行動を決めておく。

いざ働いてみると、ミスマッチだった場合も想定しておく。

例)転職先がブラック企業だった場合、人間関係に行き詰まった場合などどうするか。再転職するのか、我慢するのか。あるいは独立するのか。 

家族から転職の了解を取る

ある程度転職の情報をとり、自分の意思も固まってきたら、家族へ転職したいと告げましょう。

告げるタイミングとしては、会社に関係する話題が出てきたときに、「転職したいんだよなー」サラッと言うことです。

最初は軽くジャブを何回か打っておいて、反応を見定めます。

あまり抵抗感がなければ、ある程度時間を置いてから本題を投げかけます。この段階で、ほぼ9割はOK取れるでしょう。

抵抗があるようならば、ジャブを打つのはとりあえず三ヶ月ぐらい延期。

あまりしつこいと逆効果になるので、ここは辛抱強く待ちましょう。

ほとぼりが覚めた頃を見計らってジャブを打ち、反応を見ます。

転職サイトをフル活用する

転職サイトに登録するメリットは、多くの求人情報の中から自分にあった求人を探せることと、キャリアエージェントと呼ばれる転職アドバイザーの担当がついてくれることです。

キャリアエージェントというのは、まずは転職希望者と実際にあって希望する職種や待遇面などを親身になってヒアリングしてくれます。

ヒアリングした結果を持って、自分に合う求人をアドバイスしてくれたりもします。

応募するときもキャリアエージェントから転職サイト経由でやってくれますし、面接に進んだ時も適切なアドバイスもしてくれます。

こんな便利な転職サイトですが、転職希望者はすべて無料です。というのも、採用が決まったら企業側から転職サイトに紹介料が支払われる仕組みだからです。

なぜ転職サイトを使うべきか?

転職にあたっては、転職サイトを使うことをおすすめします。

理由は次の2つがあります。

なぜ転職サイトを使うべきなのか?

  1. 効率的な転職活動ができるから。
  2. キャリアコンサルタントとの面談
効率的な転職

自分で独自に企業に応募するよりも、はるかに多くの求人案件を一度に検索することできます。

キャリアコンサルタントとの面談

40代の転職案件に詳しいコンサルタントとの面談を通して、自分に向いていそうな企業の提案、内定を出すためのノウハウなどを得ることができます。

転職サイトを活用することで、転職活動がより効率的になると同時に転職先のミスマッチも減らすことができます。

転職サイトの種類

このように便利な転職サイトですが、さらにより賢く活用するために転職サイトの種類を説明したいと思います。

転職サイトには、大きく分けると2つに区別できます。

一つは、いろんな職種や業界をひっくるめて横断的に探すことのできる総合型

もう一つは、専門の業界に特化した求人を探すことのできる業界特化型です。

総合型・業界特化型にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

どちらかひとつに絞るよりも、両方どちらも活用することで、総合型・業界特化型のそれぞれ良い所を利用することができるのです。

ココがポイント

  • 統合型転職サイト
  • 業界特化型の転職サイト

総合型転職サイトの特徴

「転職なら○○」とかいうキャッチフレーズで、テレビのCMや電車の中で良く広告を見かけると思います。

知名度が高いので、誰もが一度は名前を聞いたことがあるような転職サイトが多いです。

高い知名度を活かして多くの求人が集まってくるので、転職希望者としては選択の幅が広がります。

キャリアエージェントの数も多いので、希望の業界に詳しい人が担当についてくれる場合が多いのも特徴ですね。

多くの転職の実態を経験しているので、面接の時など様々なケースで柔軟に相談に乗ってくれます。

詳しく
40代転職成功のイメージ
40代転職サイトまとめ 初めての転職から海外駐在経験者まで

「40代でも転職できるよ」 これは、私が退職した時の人事面談で出た話。採用にも関わっている人事担当者の言葉です。 退職の面接で人事担当者と話をしていて、「もし起業に失敗したら転職をしたら良い」と転職を ...

続きを見る

業界特化型転職サイトの特徴

ひとつの業界に専門的に特化した求人を探せるのがこの転職サイトの特徴です。

業界内の大抵の企業に定期的に営業に回っているため、業界動向にも詳しいです。

総合型転職サイトでは探せない、ニッチな求人を見つけることができるのも特徴ですね。

難点は、希望するすべての業界に業界特化型転職サイトがあるとは限らないことです。

やはり特定業界内の転職者のボリュームがある程度確保できないと、業界特化型転職サイトは成り立たないのかもしれませんね。

そのため業界特化型転職サイトでは、IT系・介護系・看護師系といった比較的雇用流動性のある業界が多いようです。

詳しく
man smile
40代の強みを生かせる業界別転職サイト比較

40代としての経験の豊富さ、コミュニケーション能力の高さは、企業から見ると非常に価値の高い、評価されるポイントです。 また、IT系や介護系などの成長分野の業種は、常に人手不足の状況にあり、異業種からの ...

続きを見る

転職の進め方のコツ:幅広く求人情報に接する

総合型転職サイトと業界特化型転職サイトについて、それぞれの特徴を説明してきました。

一つの転職サイトに絞るのではなく、幅広く求人情報に接することが重要だと思います。

キャリアアドバイザーにしても、一人の話を鵜呑みにしてしまうのではなく、セカンドオピニオンを聞く要領で、別の転職サイトのキャリアエージェントの話も聞くようにすると、迷った時の判断材料として活用できるでしょう。

最後はあくまでも自分の判断で。

42才男性

転職サイトごとに個性があるので、一回ダメ出しされて悩んでたんですが、別のところに行ってみると話が進んだこともありました。

転職サイトを使うにあたっての注意点

転職サイトを使う場合、気をつけるべき点があります。

それは、その転職サイトがどのような転職者向けのサイトなのかを見ることです。

例えばあなたが40代だったとします。

この場合、新卒や第二新卒を対象にした転職サイトに登録しても、40代の求人案件は乏しいはずです。

カウンセリングしてくれるエージェントにしても、普段やっていない40代を対象としたアドバイスは不慣れ。

だとすれば、40代や50代を対象としたミドルエイジ向けの転職サイトに登録すべき。

そのようなサイトであれば、40代求人案件は豊富に揃っていますし、カウンセラーも40代のアドバイスはお手のもの。

サイトには出てこないような、企業との人的ネットワークも当然たくさん抱えているでしょうし、実際40代や50代の組織経験が喉から手が出るほど欲しいという企業はたくさんあります。

40代でも安心して利用できる転職サイト

40代の登録が多い転職サイトはこちら。

40代以降の求人案件が豊富にあり、初めての転職でもサポートが手厚く信頼できます。

もちろんコンサルティングもしっかりしています。

どのサイトも登録は無料ですし、サイトによって求人案件が違うので複数サイト登録するのがオススメです。

転職はタイミング!

今日中に登録しておきましょう。

れみ

「パソナキャリア」40代ではじめて転職する方にオススメ

pasona_career

40代での転職というのは、なんとなく引け目を感じてしまうこともあるかもしれません。

パソナキャリアなら、スキルや経験だけに頼ったマッチングではなく、転職者の考えや応募企業の社風との親和性も含めて考慮した結果を提案してくれます。

転職希望者との丁寧なコミュニケーションと誠実な対応に口コミでも評価が高いポイント。

リーダー・マネージャークラス~部長・事業責任者クラスまで、3万件以上の豊富な求人を扱っており、40代での転職要望に合った求人案件も多いです。

まずは登録することから始めてみませんか?

正社員未経験も 東京しごとセンター「ミドルコーナー」

東京しごとセンター

大手転職サイトに登録したら、こちらへの登録もお忘れなく!

40代以降の転職をサポートしている「ミドルコーナー」は、東京都の就労支援サービス。

都内の幅広い求人が揃っていて、40代特有の悩みにも親身になって相談にのってくれます。

キャリアチェンジ支援プログラムなど、転職サイトではフォローしきれない充実したサポート体制です。

無料のミドルコーナー説明会&見学会に参加して、支援内容の説明を受けましょう!

40代の転職は情報収集力で決まる!「転職会議」

ある意味、40代の転職に必須の転職サイト

転職先の企業の年収や評価制度、面接時の情報などの口コミが満載です。

口コミ登録されている企業数は19万社以上!会員数も70万以上、その情報量は圧倒的で、このサイトでしか入手できない情報も多いです。

自分に合った仕事内容や社風を持つ企業の求人をお知らせしてくれるサービスも新規スタート。

転職準備段階から使えるので、登録がまだなら最初に登録を済ませておきたいです。

悩んでいる
K助
転職したい。

でも、もう40代だし、家族もいる。

すごく不安

40代での転職や家族持ちでの転職って、

20代・30代や独身の頃とは違って、そうそう失敗できませんよね。

でもキャリアエージェントと面談して、複数の求人情報を見てるうちに、不安が少なくなっていきます。

みんなそこからなんですよね。

管理人
管理人

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル