転職経験でわかった、40歳以降の転職を前向きに考えるポイント

40代の転職は、どうやって進めて行ったら良いのでしょうか? 転職をうまく進められる、転職成功の秘訣があれば知りたいですよね。

私自身の転職経験からわかった40代転職のポイントは、企業のニーズを充分に理解し、不安があっても焦らないこと。その上で家族から協力を得て、転職に臨みましょう。転職エージェントのキャリアアドバイザーはかなり助けになります。

自らの転職経験から、40代での転職を成功させる秘訣を整理しました。

40代転職の成功のポイント

40代の転職は、即戦力になることはもちろん、組織のリーダー的存在になり、企業の幹部クラスともコミュニケーションできる力があるかどうかが、問われています。転職先企業との相性がよく見られているということです。

そのため、面接での受け答えが採用にあたってかなり重視され、転職者の人物像そのものをシビアに見ていく傾向があります。

私の転職経験から言うと、転職理由とかの言葉での受け答えも重要ですが、態度であったり雰囲気といったこともかなり重視されます。

関連記事
man-job-change
40代転職失敗の最大要因。失敗してわかったこと

40代での転職に失敗してしまう理由は、どんなところにあるのでしょうか? これから転職する人はどんなことに気をつけたほうがよいのでしょうか? 私の失敗経験から言えば、40代で転職に失敗する最大の原因は、 ...

続きを見る

スポンサーリンク

自分を見失っている。自分の本音が見えない。

会社辞めたいけど、辞められない。

堂々巡りをスッキリ解消しよう!

PDF「退職の迷い解消ハンドブック無料プレゼント中!

管理人
管理人

40代の求人ニーズをおさえる

なぜ企業は、40代の中途採用を行うのでしょうか?

40代転職成功のポイントは、まずここをおさえておくことからスタートしましょう。

40代を求める背景

  • 団塊の世代が定年退職でいなくなる
  • IT、AIなどの先端技術
  • グローバル化で海外との競争が激化
  • 新しい仕事のやり方を構築する必要性
  • 事業スピードを速める必要性

上記5つほど、企業が40代の中途採用を行いたい理由を考えてみました。

企業が現在直面している課題は、市場の激変にスピーディに対応しなければいけないことです。

数十年前の高度経済成長時代のように新卒を採用して、企業風土にしっかり馴染むように育てていくといったような悠長なやり方では、もはや競争に勝てなく鳴ってきたのです。

このように考えると、現在は40代の転職にかなりの追い風が吹いていると言えるでしょう。

デフレ化で人件費圧縮してきた企業

バブル崩壊後デフレ脱却の道筋が見えなかったこれまで数十年間は、多くの日本企業は利益を出すために採用を制限したりリストラするなどして、人件費を圧縮してきました。

我々40代は、就職氷河期の真っ只中にあり、もっとも割りを食った世代とも言えます。私を含め、就職に苦労して、不本意な形でやむなく就職した人も多いでしょう。

しかし現在では状況は様変わりしており、日本企業は人手不足にあえぐようになっています。

このような状況の中、今多くの企業が40代の転職者に熱い視線を送っているのです。

従来とは違うやり方を模索

情報化社会になって、商品のライフサイクルが早くなりました。

次から次へどんどん新商品を出していかないと消費者からすぐ飽きられ、忘れられてしまいます。

消費者の購買ニーズが低下しているため、市場は年々縮小していっています。残されたパイを争うため、市場内での競争も激しくなる一方です。

仮に新しい市場ができても、あっという間に参入者企業が増えて熾烈な顧客獲得競争が始まります。

企業では激しい競争に打ち勝つためにも、従来とは違うやり方を常に模索しています。

今までと同じやり方や考え方では、他社に勝てないことがわかっているからです。

激変する市場に柔軟に対応する必要性

ITなどの先端技術がどんどん加速する中で、アジアやインド、南米、アフリカも含めてのグローバル化も一段と密度が濃くなってきています。

そのために企業としては、新しい市場ニーズを開拓しなければ生き残れない状態になってきています。

しかし、今まで会社を支えてきた団塊の世代が定年退職でいなくなり、新しいことをやらなければいけないとわかっていながら、人材がいないのでなかなかできないというジレンマに陥っています。

20代や30代は、ITやグローバル化への対応はスムーズにできますが、実務経験や管理者経験が少ないというデメリットがあります。

逆に50代だと実務や管理の経験はあるが、ITやグローバル化への対応は難しい面があります。

関連記事
海外駐在経験は40代転職に有利

海外と日常的にやりとりする仕事、特に海外での駐在経験があるなら、40代での転職に非常に有利な条件となります。 国際的に仕事のできる40代の人材は、国内企業/外資系企業問わず、非常にニーズが高いのです。 ...

続きを見る

関連記事
man laugh
40代未経験でIT系企業に転職する方法

K助 40代でIT業界に転職したい。 ちなみにIT業界は未経験。 どうしたら良い? 管理人 何もエンジニアになるわけではないのでしょう? 現在の自分のキャリアや経験を重視してくれる企業を見つけるのが、 ...

続きを見る

40代に求められている能力を知る

企業は、40代に何を求めているのでしょうか?

20代や30代の社員とは、また違ったものを求めているはずです。

転職を成功させるためには、やはり企業が40代に求めているものも考えていく必要があります。

即戦力

即戦力として期待できる経験豊富な中堅の年代の社員、すなわち40代を必要としています。

20代や30代前半では若すぎて経験が不足したり、独りよがりでコミュニケーション能力が低かったりします。

40代ではそういう問題が少なく、経験も豊富で高度な専門性も兼ね備えています。

新しい組織に移っても、以前の仕事のやり方と比較したり組み合わせたりすることで新しいイノベーションを起こすことができる可能性が高いのです。

企業はそのような40代の潜在的なパワーを必要と考え、求人を出すと考えられます。

20年近い社会人としてのキャリア

40代だと20年近く社会人をやっていることになります。

深く意識はされていないかもしれませんが、その間に蓄積された仕事の進め方仕事のこなし方取引先との交渉力などの社会人としてのキャリアは、企業からすると貴重な資源に見えます。

教育する費用をかけずに、ノーコストですぐに戦力として活用できるからです。

高い専門性、ノウハウの蓄積

プロフェッショナルとして業界の専門知識やノウハウを持っています。

自分ではそんなに価値の無い専門知識ではないと思っているかもしれませんが、外の会社からするとそれが貴重なノウハウということもあります。

業界未経験分野への転職

40代で業界未経験の分野へ転職を考えている方もいらっしゃると思います。

通常であれば、40代で業界未経験分野の転職はキツイと思われるかもしれません。

当然企業は即戦力として活用したいと考えていますから、業界未経験というのは明らかにマイナス要素でしょう。といっても、全てに当てはまるわけでは無いと思います。

未経験の分野でも、今までのキャリアを応用することで十分対応できるかもしれません。業界が違っても、これまで蓄積してきた経験が活かせる場合もあるのです。

コミュニケーション能力

20代や30代と違う、40代としての魅力は、このコミュニケーション能力にあると思います。

これまで会社組織で20年近く仕事をしてきたわけですから、組織の人間関係の調整には慣れているはずです。

複雑な人間関係を調整して、うまく仕事を進めていくコミュニケーション能力を企業は求めています。

スポンサーリンク

転職先企業の業績アップに貢献できるか?

もしあなたが業績アップに貢献できる人物であれば、企業は絶対にあなたが欲しいはず。

もちろん、あなたが実際に貢献できるかどうかは、それは入社して実際仕事をしてみなければわからないことです。

でも、面接で自分はこういうことで業績アップに貢献できるということは、アピールできます。

企画書を作る

自分の経験やスキルのどの部分を使えば転職先企業の業績を伸ばせるか、アイデアを書いた企画書を作るというのはどうでしょうか?

A4用紙1枚にまとめてもいいですし、パワーポイントで4~5枚で作っても良いと思います。

企業は常に業績アップのことを考えていますから、あなたのアイデアを聞きたがるでしょう。

特に人事担当者ってこういう話が大好物です。

あなたの企画書から、この人はどのような部署に向いているのか、同じような発想をする社内の人間はいないか探すでしょう。

こういう企画書があると、あなたの考え方がより具体的にわかるようになるので、企業としてもありがたいことなのです。

私は2回転職の面接経験ありますが、そのうち1回は企画書を作って面接時に手渡ししたことがあります。

最終面接で落ちましたが、聞くところによると結構評判良かったようです。

企画書作るのが恥ずかしいと思うなら、こう考えてみる

企業は、業績をアップさせるためにあなたの経験を購入するかどうかを決めます。

決めるにあたっては様々な判断基準が必要で、そのために採用面接なるものがあるのです。でも、それだけだと、どこかよそよそしい一方通行の会話になってしまいます。

もしあなたが営業経験者で、企業に何か商品を売りに行くことを考えた場合、何も持たずに手ぶらで行くことは考えないでしょう。何かその商品を説明するパンフレットなり資料を見せるはずです。

それと同じことだと思うのです。

採用側企業の資料は、あなたの履歴書と面接官のレポートしかありません。この少ない資料で企業は採用の是非を判断しているのです。

もし他の資料もあれば、より多面的にあなたをアピールできると思いませんか?

焦らない

転職失敗の最大の理由は、「焦り」です。

これは身を持ってそう思います。

焦りがあるから、目についたものから何でもかんでも手を出して失敗してしまいます。

早く転職先を決めて安心したい、早く今の会社を辞めたいという気持ちの焦りから、自分の気持ちをよく考えずに行動してしまいがちになります。

焦りがあると、自分の適正や会社風土との相性をよく考えずに応募してしまい、面接でうまくマッチングできずに不採用となるケースが多いのです。

40代での転職失敗原因は、こちらのページで詳しく説明しています。やはり、早く今の状況から逃げたいという気持ちがうまくいかないようです。

失敗したらさらに焦って、準備もろくにせずに下手な鉄砲数打ちゃ当たる式に、とにかく量を増やそうとして悪循環に陥ってしまいます。

そうしているうちに疲れてしまい、「やはり40代での転職は難しい」と転職をあきらめてしまうことになります。

また、仮にうまく転職先が決まったとしても、転職先の仕事がうまく合わずに「こんなはずじゃなかった」と失敗してしまうことがあります。

だからこそ、40代以上のうまくいく転職の進め方の秘訣は、焦る気持ちをいかに抑えるかがポイントになってきます。

そのためには、ステップを踏みながらじっくりと準備していくことが重要になってきます。

スポンサーリンク

転職の心構えを決める

転職活動に入る前に、自分はどんな仕事をしたいのか、なぜ今の会社ではできないのか?というところをきちんと整理しておきましょう。

この準備がおろそかになっていると、面接で落とされる可能性が非常に高くなります。

私もこの心構えが充分ではなく、すべて面接で落ちました。私の転職活動の体験はこちらのページに書いています。(転職決意してから、転職サイトへの登録、キャリアコンサルタントとの面談、面接の様子をまとめています。)

逆に言えばきちんと自分のことが整理できてさえいれば、自分にあった企業も見つけやすくなりますし、他の応募者との差別化もうまくいき、スムーズに採用までたどり着けるはずです。

私の経験から、転職活動を始める前の準備を質問形式で4つにまとめてみました。

これら4つの質問を元に、自分の転職イメージを整理してみてください。

step
1
自分はどんな仕事をしたいのか?

仕事のイメージ

これからあと◯◯年というビジネスマン人生の中で、自分はどんな仕事をしたいのか?

例)RPAシステム構築、大型特殊貨物の物流、南米諸国とのビジネスなど

step
2
なぜ今の会社ではできないのか?

転職の理由

自分のやりたい仕事が、なぜ今の会社でできないと判断したのか?

例)部署が廃止された、会社の経営方針が変更されたなど

step
3
それができる会社はどのようなところがあるのか?

転職先のイメージ

どんな会社なら自分のやりたい仕事ができるのか? 営業分野、希望年収、勤務地、転勤の有無など考慮

例)大手企業、中堅企業、ベンチャー企業など

step
4
その会社で自分が貢献できることは何か?

志望理由

上の1〜3を総合して、自分が働くことで、その企業にどんな利益があるのか?

例)コストダウン、営業の効率化、市場シェアアップなど

step
5
その会社で自分が貢献できることは何か?

志望理由

上の1〜3を総合して、自分が働くことで、その企業にどんな利益があるのか?

例)コストダウン、営業の効率化、市場シェアアップなど

step
6
転職に失敗してしまったらどうするか?

自分はどうするべきか、予め行動を決めておく。

いざ働いてみると、ミスマッチだった場合も想定しておく。

例)転職先がブラック企業だった場合、人間関係に行き詰まった場合などどうするか。再転職するのか、我慢するのか。あるいは独立するのか。 

関連記事
転職に失敗。これからどうすれば良いか
転職に失敗しても人生終わりではない。これからできる5つのこと

転職に失敗してしまった。これからどうしたらよいのか。自分の人生、もうこれで終わった感じすらします。 でも、実はそうではありません! 私も40代で転職に失敗してかなりショックを受けましたが、実は転職に失 ...

続きを見る

家族から転職の了解を取る

ある程度転職の情報をとり、自分の意思も固まってきたら、家族へ転職したいと告げましょう。

告げるタイミングとしては、会社に関係する話題が出てきたときに、「転職したいんだよなー」とサラッと言うことです。

最初は軽くジャブを何回か打っておいて、反応を見定めます。

あまり抵抗感がなければ、ある程度時間を置いてから本題を投げかけます。この段階で、ほぼ9割はOK取れるでしょう。

抵抗があるようならば、ジャブを打つのはとりあえず三ヶ月ぐらい延期。

あまりしつこいと逆効果になるので、ここは辛抱強く待ちましょう。

ほとぼりが覚めた頃を見計らってジャブを打ち、反応を見ます。

もう少し詳しい家族への打ち明け方は、こちらのページ「妻に退職を言う作戦 賛成してもらうために必要なこと」にまとめています。基本は外堀から埋めていくことですが、もし反対された場合の対処法についても説明しています。なかなか打ち明けられない方は参考にしていただければ嬉しいです。

ITスクールで専門知識を学ぶ

40代転職では、面接が重要な要素ではありますが、自分ひとりだけが面接を受けているわけではありません。

必ず何人かがライバルになります。

ライバルに少しでも差をつけるためにもプラスアルファで専門知識を学んでおくと、面接でのアピールに役立ちます。

もちろん、転職先での業務にも役立ちます。

オススメは、WEBマーケティングやデータ分析が学べるITコース。

新しいパソコン1台分の費用で、最新の専門知識を習得できます。

関連記事
独立や転職に有利 40代に人気のプログラミングコースBEST5

40代だけどプログラミングを勉強したい! でも、実際問題として、どの分野を学べばよいのかよくわからないですよね。40代の場合は、ゼロからITエンジニアを目指すのではなく、これまでの社会人経験や知識を生 ...

続きを見る

転職サイトを活用する

転職サイトに登録するメリットは、多くの求人情報の中から自分にあった求人を探せることと、キャリアエージェントと呼ばれる転職アドバイザーの担当がついてくれることです。

キャリアエージェントというのは、まずは転職希望者と実際にあって希望する職種や待遇面などを親身になってヒアリングしてくれます。

ヒアリングした結果を持って、自分に合う求人をアドバイスしてくれたりもします。

応募するときもキャリアエージェントから転職サイト経由でやってくれますし、面接に進んだ時も適切なアドバイスもしてくれます。

こんな便利な転職サイトですが、転職希望者はすべて無料です。というのも、採用が決まったら企業側から転職サイトに紹介料が支払われる仕組みだからです。

なぜ転職サイトを使うべきか?

転職にあたっては、転職サイトを使うことをおすすめします。

理由は次の2つがあります。

なぜ転職サイトを使うべきなのか?

  1. 効率的な転職活動ができるから。
  2. キャリアコンサルタントとの面談

効率的な転職

自分で独自に企業に応募するよりも、はるかに多くの求人案件を一度に検索することできます。

40代での転職は、情報の量が勝負になります。

複数の転職サイトを使い、なるべく多くの転職情報を獲得しておきましょう。

キャリアコンサルタントとの面談

40代の転職案件に詳しいコンサルタントとの面談を通して、自分に向いていそうな企業の提案、内定を出すためのノウハウなどを得ることができます。

転職サイトを活用することで、転職活動がより効率的になると同時に転職先のミスマッチも減らすことができます。

転職サイトの種類

このように便利な転職サイトですが、さらにより賢く活用するために転職サイトの種類を説明したいと思います。

転職サイトには、大きく分けると2つに区別できます。

一つは、いろんな職種や業界をひっくるめて横断的に探すことのできる総合型

もう一つは、専門の業界に特化した求人を探すことのできる業界特化型です。

総合型・業界特化型にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

どちらかひとつに絞るよりも、両方どちらも活用することで、総合型・業界特化型のそれぞれ良い所を利用することができるのです。

ココがポイント

  • 統合型転職サイト
  • 業界特化型の転職サイト

総合型転職サイトの特徴

「転職なら○○」とかいうキャッチフレーズで、テレビのCMや電車の中で良く広告を見かけると思います。

知名度が高いので、誰もが一度は名前を聞いたことがあるような転職サイトが多いです。

私のオススメは、リクルートエージェントとパソナキャリアの2社です。

2社とも高い知名度を活かして多くの求人(もちろん40代以上の案件も多い)が集まってくるので、転職希望者としては選択の幅が広がります。

キャリアコンサルタントの数も多いので、希望の業界に詳しい人が担当についてくれる場合が多いのも特徴ですね。

多くの転職の実態を経験しているので、面接の時など様々なケースで柔軟に相談に乗ってくれます。

関連記事
40代転職成功のイメージ
40代転職サイトまとめ。転職経験から厳選7サイトをピックアップ

40代で転職活動した経験から、登録しておきたい転職サイトや転職エージェントのオススメの選び方を紹介していきます。 40代以上の転職実績が豊富で、求人案件も多く、キャリアコンサルティング力にも厚い転職サ ...

続きを見る

関連記事
40代転職でリクルートエージェントに登録した感想
40代の転職でリクルートエージェントが一番良かった理由

40代での転職でリクルートエージェントは、実際のところどうなのでしょうか? 転職先企業の紹介やキャリアアドバイザーの雰囲気など、実際に40代でリクルートエージェントを利用して転職活動をした感想を紹介し ...

続きを見る

業界特化型転職サイトの特徴

ひとつの業界に専門的に特化した求人を探せるのがこの転職サイトの特徴です。

業界内の大抵の企業に定期的に営業に回っているため、業界動向にも詳しいです。

総合型転職サイトでは探せない、ニッチな求人を見つけることができるのも特徴ですね。

難点は、希望するすべての業界に業界特化型転職サイトがあるとは限らないことです。

やはり特定業界内の転職者のボリュームがある程度確保できないと、業界特化型転職サイトは成り立たないのかもしれませんね。

そのため業界特化型転職サイトでは、IT系・介護系・看護師系といった比較的雇用流動性のある業界が多いようです。

詳しく
man smile
40代の強みを生かせる業界別転職サイト比較

40代としての経験の豊富さ、コミュニケーション能力の高さは、企業から見ると非常に価値の高い、評価されるポイントです。 また、IT系や介護系などの成長分野の業種は、常に人手不足の状況にあり、異業種からの ...

続きを見る

あなたのこれまでのキャリアには価値がある

あなたのこれまでのキャリアには価値があります。

これまであなたは20年近く現役で社会人として働いてきました。

今は多様な問題を抱えているにせよ、あなたが築いてきたキャリア・経験は評価されるに値します。

もちろん企業は最終的にはあなたの人柄を考慮して採用を決定します。でも一番重要なのは、あなたのキャリアそのもの。

企業はあなたの経験を買うのです。

できないことに着目するのではなく、今まで築いてきたもの、できることに焦点を当ててみてください。

もっと自信を持って良いのです。

自信を持ってあなたのキャリアをアピールしてください。

転職成功には事前準備が不可欠

転職するための事前準備を省略して、応募の諸条件だけを簡単に確認するだけで書類選考に臨む場合は、特に失敗しやすいです。

仮に内定が取れたとしても、入社後に「自分のイメージと違った」と後悔する方も、「焦り」が先行して転職を進めてしまった人に多いです。

その意味から言えば、内定をうまく勝ち取るには、じっくり時間をかけた事前準備が必要になってきます。

できれば、転職サイトに登録する前に、自分のことをよく見つめる機会を持つことが重要だと思います。転職サイトに登録すれば、たくさんの求人を紹介してくれます。キャリアコンサルタントもあなたのキャリアに合う企業を提案してくれるでしょう。

しかし、キャリアコンサルタントはあなたの本心まではわかりません。

あなたは本当に転職したいのでしょうか、実は焦りや今の会社から逃げたいと思っているだけではないでしょうか?

退職に悩んでいるなら、こちらの記事も参考にしてみてください。私が退職に悩んでいた時期に考えていたことです。なにかのヒントになれば嬉しいです。

転職まで何年我慢すれば良いか 三年以上は我慢しない方が良い理由

私は現在40代後半ですが、なんでもっと早く転職しなかったのだろうと、今すごく後悔しています。 転職はタイミングってよく言いますが、私にも転職するタイミングはいくつかありました。でもなんとなくズルズルと ...

続きを見る

会社辞めたい40代へ。「退職は勢い」は本当でした

「会社辞めたい!」 でも、実行に移すのは至難の業。それはわかっているけど、じゃあどうしたら辞められるのか? 40代で会社を辞めた私の経験から言うと、40代で会社を辞めるにあたって一番必要なのは、「気持 ...

続きを見る

stop-sign
40代の転職は厳しいし年収も激減する。それでも転職する?

40代で転職を考える時に一番最初に越えなければならないのが、「40代での転職は大変厳しい」という言葉です。 ほとんどの転職系の情報サイトや転職の口コミでも40代の転職は厳しく、年収も激減するということ ...

続きを見る

落ち込まない

最後にひとつだけ。

万が一不採用になっても落ち込まないで、次行ってみようー。

会社はまだまだいっぱいある!

転職失敗しても人生終わりではないです。

チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ

本田宗一郎 本田技研工業 創業者

決して屈するな。決して、決して、決して!

ウィンストン・チャーチル/イギリスの政治家

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。PDF冊子「退職の迷い解消ハンドブック」無料プレゼント中!

© 2021 40代退職のリアル