退職タイミング 40代退職の実際

「あ、いけるかも」と思ったときが退職告白するベストのタイミング

退職前に悩んでいた時、心の中では退職を決意しているつもりだけど、いざ会社に退職を告白しようとすると、とたんに弱気になってしまうことがよくありました。

今日の朝一番で会社に退職を言おうと決心していても、上司の顔を見た途端に怖気づいてしまって、結局何も言えなかったことも・・・・・・。

なんで言えないんだろう、といつまでも切り出せない自分の不甲斐なさを責め、こんなんで本当に退職できるのだろうか、と心配になったこともありました。

踏ん切りがつかないのは、まだ退職の準備ができていないから

退職の一歩手前で躊躇してしまうのは、自分の中ではまだ準備できていないということです。

頭では退職しようと決めていても、無意識ではうまく消化しきれていない状態にあるのです。つまり、無意識のブレーキがかかっているのです。

頭では早く退職したいと強く意識してアクセルを踏み込んでいるのに、無意識で退職はまだ早いとブレーキを踏んでいる状態と言えるでしょう。

こういう状態にあるときは、無理やり退職しようと焦るのではなく、「今は時期じゃない」と自分に言い聞かせて無意識のブレーキが外れるのを待った方が良いと思います。

無意識のブレーキはいつ外れるのか

と言っても、無意識のブレーキなんかいつ外れるのかわからない!今すぐ外したい!と思うかもしれません。

時間はかかりますが、その時が来れば自然にブレーキが外れて、会社に退職を告げる時がやって来ます。本当に驚くくらい、自然に言い出せる時がやって来ます。

今まで躊躇していた自分が信じられないくらいの自然さです。

スポンサーリンク

「あ、いけるかも」

portrait

その時が来れば自然にブレーキが外れる、と書きましたが、その時というのは一体どういう時なのでしょうか?

退職する準備ができた時というのは、具体的にはどういう時なのでしょうか?

それは、自分の中で「あ、いけるかも」と思った時です。

あるいは「もしかして大丈夫かも」とか「なんとなくやっていけそう」と思った時です。

今まで心配で不安だった感情がふんわり安心した気持ちに切り替わる時、すなわち無意識のブレーキが外れた時、「あ、いけるかも」と直感します。

こうなったら、いつでも会社に退職を言うことができます。今までの自分が嘘のように、自然に上司に退職の話を切り出していることでしょう。

無意識のブレーキが外れるまでにやること

では一体なにをすれば、「あ、いけるかも」と直感できるようになるのでしょうか。

それは独立・起業内容を精査することでも、転職活動に精を出すことでも無いと考えています。

むしろ家族との話し合いにこそヒントがあると思います。

退職後どういう生活をするか、貯金額はきちんと確保されているか、退職後うまく行かなった場合はどうするか、などざっくばらんな感じで家族と話し合うことで、退職後の生活が現実のものとしてイメージしやすくなります。

真面目な感じだと重苦しい雰囲気になってしまいがちなので、雑談の延長で少しずつ話をすると良いでしょう。

家族との話し合いが進んでくると、退職しても大丈夫と自信がついてきます。

20代や30代前半での退職ならば自分の身だけ考えれば良いですが、40代での退職は家族の協力が必要です。もし家族の後押しがあれば、「あ、いけるかも」と思えるはずです。

今はその時期じゃない

bench

今踏ん切りがつかなくても自分を責めないでください。

無意識のブレーキが外れるその時は必ずやってきます。

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

Copyright© 40代退職のリアル , 2019 All Rights Reserved.