もし退職しなかったら? 退職していない自分と退職後の自分を比較

歴史にif(イフ)は無いというけれど、もし退職していなかったら今頃どうしているんだろう?

最近こんなことをよく考えています。

そこで、「退職していない自分」と「退職後の今の自分」とを比較してみることにしました。

退職したけど、まだ勇気が出ない方。

本当に退職してもいいのか悩む方。

今より良くなるのか、それとも悪くなるか不安な方。

退職後実際にどう変わったのかを知っていただき、退職について具体的に考えるきっかけになれば幸いです。

40代退職後に起業失敗。今の生活

私は、20年ほど勤めた会社を40才前半で退職しました。

退職後はIT系のビジネスでひとりで起業することに。

その後1年ほどで廃業。

今は貯金の切り崩しとバイトで生活しています。

関連記事
dog-sad
40代家族持ちで会社辞めて起業。その後どうなった?

40代で会社を退職して起業しました。 でも、1年で失敗して軌道修正しました。 笑っちゃうしかないですね。でもこれが現実です。 独立したは良いものの結局失敗です。 退職後は、結局ダメダメでした。今は、貯 ...

続きを見る

もちろんこのままの生活をずっと続けたいわけではないので、なんとか再起を図るべく奮闘の毎日を送っています。

関連記事
hiker
40代家族持ちの起業失敗ストーリー。起業は甘くなかった。

私は40代過ぎて家族持ちで、20年近く勤めた会社を退職して起業しました。 でも、うまくいかず1年で起業失敗し廃業しました。 起業失敗した後は、貯金を崩したりバイトしたりして生活しつつ、なんとか再起を目 ...

続きを見る

そんな毎日でありながら、もし退職してなかったら今頃一体どうなっていただろう?と、ふと想像する時があります。

もし、あの時退職していなかったら?

man alone

もしあの時退職していなかったら、今頃どうなっていたのだろう。

もしあのまま会社を辞めず、我慢して嫌な会社にしがみついていたら?

こう想像してみると、真っ先に思い浮かぶことがあります。

それは、

もしあの時退職していなかったら、

「今頃は、絶対後悔しているはず。」

ということです。

会社に居続ける自分を想像するだけで吐き気

もしまだ退職していなかったとしたら。

会社を辞めるに辞められず、今も悶々とした生活を続けているのは間違いありません。

何でもっと早く辞めなかったんだろう、こんな人生は嫌だと毎日辛い思いをしているはずです。

まだあの会社にいるなんて、想像するだけで吐き気がしてくるほどです。

思い切って退職して良かった

そのことからすれば、会社を辞めずに我慢し続けるより、退職後決して成功したわけじゃないけど、思い切って退職してよかったと思っています。

家族もいたし、社宅住まいで、両親から退職に反対もされたけど、自分としては会社を辞めてよかったと心からそう思います。

そこで、退職前と退職後でどう変わったのか、仕事面、家庭、お金、人間関係といった観点から、比較してみました。

40代退職前と退職後どう変わったか比較

crossroads

仕事面

もし退職していなかったら

上から仕事をやらされていると言う意識がある。

やりたくない仕事も、自分で無理やり納得させるしかない。

「仕事をしない理由」をすぐ考える。誰かがやってくれるだろう。という意識。

今の自分

自分でゼロから仕事を作って、大きく育てていく感覚がある。

うまく育たない時の苦労は大きいけど、仕事のありがたみを実感している。

家庭

もし退職していなかったら

多分、自分にしか目を向けず、家族のことは全部妻に任せていたかもしれない。

今の自分

家族の一人一人に目を配る余裕ができた。

お金

もし退職していなかったら

暮らしていく分には不自由しない。でもお金を稼いでいる実感が乏しいまま。

今の自分

金銭的に苦労することが多いけど、お金を増やすことに貪欲になった。

人間関係

もし退職していなかったら

自分で人間関係がコントロールできず、嫌な人とも無理して付き合っていた。それでストレスが溜まっていた。

今の自分

嫌な人とは一切付き合わない。無理に付き合いを増やさない。

人間関係は自分でコントロールできている。

健康

もし退職していなかったら

多分、健康のことは他人事だと思う。自分の年齢を考えずに若ぶっていただろう。大病したら、人生を悲観しただろう。

今の自分

健康維持に前向き。病気予防する余裕も出てきた。大病して死んでも悔いはない。

ストレス

もし退職してなかったら

ストレスだらけ。

上司との人間関係がさらに悪くなり、抑うつ症がひどくなっていたはず。

今の自分

ストレスは、ほぼ無い

人生の考え方

もし退職していなかったら

自分に自信が持てず、オドオド。常に他人と比較して、優劣を競ってるはず。

今の自分

こうなったら、次はこうして、と言う目標を立てて、それに前進していける。他人は他人。自分は自分。

常にいつ自分が死んでも良いと言う感覚。

関連記事
man smile
自分に嘘をつかなくていい分、40代で退職して良かったと思います

先日近所の図書館に行ったときのことです。 ビルバオと言うスペインの貿易都市があるのですが、その都市の写真が偶然目にとまり、ついつい見いってしまいました。 歴史のある古い都市でなんだか楽しそうなので、い ...

続きを見る

自分が本当に退職するなんて、悩んでいた頃は信じていなかった

本当は、自分は退職なんてできるとはあまり信じていなかったです。

退職する時、40歳超えてたし、家族もいた。子供も小学校入る前でした。

それに住んでいるところは社宅だったから、退職して住むところもわかりませんでした。

自分や妻の両親からも退職を反対されていました。

そもそも自分が起業しようとしているビジネスにも自分自身そんなに自信がなかったです。

それに自分は貯金残高が減って行くのを見るのが非常に辛いタイプで、どっちかといえば石橋を叩いて、叩いて、それでも渡らないタイプ。

そんな性格だから、本当に退職しちゃうなんて自分では信じていなかったように思います。

でもやっぱりどうしても会社を辞めたい一心でいたら、本当に辞めてしまった。

退職して成功しているわけではなく失敗の部類に入るけど、それでも退職して正解だったと思う。

もし退職してなかったら、自分のことも他人事だったかも

man smoking

退職後1年で廃業を決めた時は、ドン底でした。(精神的にも金銭的にも)

今は、貯金を切り崩しバイトを続けながら、少しずつ自分で稼げる範囲を増やしていっています。

今はそこに希望を見ています。

もしあの時退職していなかったら、金銭的には余裕あるけど、希望も何も無く、自分がなぜ生きているのかすらわからないに違いありません。

人間関係を恨み、仕事にも集中できず、会社組織からお荷物の人間になっていたかもしれません。

自分の人生に納得していない人間が、自分の人生に責任を持てるとは思えません。

家族はもちろん、自分の健康さえもどこか他人事にしてしまっているだろうからです。

退職後、会社の夢を見るときがあります

時々、以前の会社の夢を見ることがあります。一緒に仕事をしていた同僚の顔もあったりします。

会社の夢は、決まって悪夢。

目覚めた時、あー辞めてよかったなーって心底思うのです。

退職した今、金銭的な不自由さはあるけど、精神的な自由はかなりあります。(自分でスケジュールを完璧にコントロールできるし、何しろ仕事を休む、休まないを会社に言わなくても良い。)

あとは、何とかして自分でお金を稼げるようにすれば良いだけです。

もうね、あの時のアメリカ人のセリフは正しいと思う。

「嫌ならやめりゃーいいじゃん」

そうだよ。本当にそう思う。

関連記事
maemuki-cat
「そんなに嫌なら辞めればいいじゃん」月収6万円のアメリカ人青年の言葉

私がなぜ会社を辞めたいと思っていたかというと、大きく分けるとふたつの理由があります。 自分で事業を始めたいというのがひとつ目の理由で、ふたつ目は、会社員というものにどうしても馴染めなかったからでした。 ...

続きを見る

管理人
管理人

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル