40代退職者向け「完璧な退職理由のテンプレート」

40歳過ぎてから、本気で退職しようと決意しました。

でも正直なところ、決意したは良いものの会社にどう言おうかすごく悩みました。

私の場合はうまく転職できず、結果として起業を決意するに至ったのですが、40過ぎてから起業するってなんとなく第三者に言うのが恥ずかしいと考えていましたからです。

下手な退職理由を言って、上司や上の会社幹部から慰留されたり否定されたりするのが怖くて、なかなか退職を言い出せませんでした。

それで思いついたのが、突っ込まれようのない完璧な退職理由を考えることでした。

このページでは、完璧な退職理由について説明します。

完璧な退職理由の定義

円満退職できる完璧な退職理由とは、

退職を告げたときに

「あいつの人生、ここで退職するのが正解なのかもしれないな」

とまわりの人に思ってもらうことです。

そして、

「そうか退職したいのか。それじゃしょうがないな」

と思ってもらえることです。

間違っても、

「退職なんか止めておけ。家族もいるんだろ?」

と退職を頭ごなしに否定されたり、退職を慰留されたりするのは避けたいところです。

40代向け完璧な退職理由のテンプレート

じゃあ、どうしたら良いのでしょうか。

私も退職する前に、だれもが納得するような完璧な退職理由って無いものだろうかと悩みました。

その経験から導き出した答えがあります。

それが、このページで紹介する完璧な退職理由のテンプレートです。

このテンプレートは、ある程度の時間を組織で仕事を積み上げてきた40代向けです。20代はちょっと使えないでしょう。30代は仕事の実績次第でいけるかもしれません。

このテンプレートに当てはめれば、自分なりの退職理由ができてしまいます。

と言っても、これがどんな人にも完璧に当てはまるかはわかりません。でも、少なくとも退職理由に悩む方のヒントにはなり得るだろうとは思います。

退職理由さえ明確になってしまえば、意外と次のステップへの行動も早くできるようになりますから。

我々40代には残されている時間って少ないですから、できるだけ悩む時間は少ないほうが良いのです。

スポンサーリンク

退職理由テンプレート

では、さっそく肝心のテンプレートを紹介したいと思います。

◯◯や△△の部分をご自身で当てはめてみてください。

「これまではこういうこと(◯◯)をやってきた。」

「それを踏まえて次のステップを考えると、△△を考えている」

「でもそれは、この会社では叶えられないから、あえて転職(あるいは起業や独立)して勝負したいと考えている。」

退職理由テンプレートの解説

はい、これだけです。

どうでしょうか。

はじめに自分がやってきた仕事の実績を簡単に説明して、その実績を踏まえて次のステップをして考えている、ということを言います。

でもやりたいことは、今の会社では叶えられそうもない。だからあえて転職や起業という道を選ぶことにしたと訴えるのです。

私の場合もこのような組み立てで退職理由を作りました。

退職理由を上司はどう判断するのか

で、あなたの退職の決意を聞いた上司はどう判断するのでしょうか。

「部下としてあなたの決断は評価したい。だけど、退職まではここで決断できない。ひとまずここは先送りして上の判断を仰ごう」

と、おそらくこう判断するでしょう。

だから、退職の意思を告げたあなたに対しては、こう答えるはずです。

「一応キミの意思はわかった。急いで退職するわけでは無さそうだから、また3ヶ月後ぐらに話を聞こう。それでも変わらなかったら上に話を持っていこう」

となります。

で、その間に上司は上の人と相談するわけですが、人間関係が嫌とかだったら、異動とかを進めるでしょうが、退職理由がネガティブなものではないため、ステップアップに関わる理由のため、そもそも退職を引き止める理由がありません。

そこで彼らが判断するのは「しょうがないな」というところです。

で、三ヶ月が過ぎてあなたの気持ちが変わらなければ、「そこまで意思が堅いんだったら、しょうがない」で話が通りやすくなります。

参考記事 何のために働くか、40代で出した答え。本音の退職理由。

退職理由として、言ってはいけないこと

たとえそれがメインの理由としても、ネガティブな雰囲気をもつ理由は、会社には極力言わないほうが良いです。

それは、つぎのようなことです。

会社に言ってはいけない退職理由

  • 人間関係(上司が嫌いなど)
  • メンタルな病気(うつ病など)

もしそれを言ってしまうと、円満な退職が遠のき、あなたの退職がちょっとややこしくなります。

私の場合も本当の退職理由は人間関係の悪化ですが、会社にはそのことは一切言いませんでした。

そんなことを言っても、一度悪化してしまった人間関係など修復しませんし、したくないでしょう。

一番良いのは早く会社を去ることです。そのためには、何の問題も起こさず円満に退職してしまうのがベストです。

参考記事 いっそ鬱病になってしまえば、会社に退職を言わないで済むと思った

人は人をコントロールできない

man-business

人は人を変えられない。

人は人をコントロールできない。

どんなに頭が良くて偉い人でも、他人の意思は変えられません。

だからあなたが「会社辞める」と言えば、たとえ社長であってもそれは引き留められないです。

これが世の中の原則です。

あなたはただ「辞める」と言いさえすればそれで良いのです。

だれもあなたを引き留めることはできません。

でも人間には人情ってものがありますね。どうしても心配してしまうんです。

家族もいるのに、小さいお子さんもいるんでしょうに、辞めちゃって本当に良いんだろうか。

とよけいな心配してしまうものです。

この時点で心配が勝つと、ついつい慰留したり、拒否したりしてしまうものです。

でも最終的に、

「あいつだったら大丈夫だろうな。あいつの人生にとってはその方が良い」

と考えるようになるのです。

実はそういう風にさせるための仕込み作業をしておくと、あなたの退職理由がもっと説得力を持つようになります。

その方法についても紹介したいと思います。

関連記事 もっと自信持って良し!退職に悩む過去の自分へ宛てたメッセージ

完璧な退職理由を演出してさらに完璧に仕上げる

円満退職するには、退職を告げるタイミングが最も重要です。

唐突に退職の告白はしてはいけません。

突発的に「会社辞めたい」と言い出す人は、結局会社辞めない人ですから、会社からも信用してもらえないでしょう。

それを避けるためにも、半年から1年ぐらい前から徐々に雰囲気を作っていきます。

例えば、他業種への転職を考えているのであれば、1年前ぐらいから転職先に関係するような仕事を上司に提案していくとかして、「あいつはああいう所に興味があるんだな」という雰囲気を作っておくのです。

そういう土台を作っておいて、人事面談のときにでもこれからの進路を尋ねられたら、実は転職を考えているとコソッと打ち明けるのです。

なにしろ既に土台があるので、会社側としても受け入れやすくなるのです。

会社辞めたいときって今すぐにでも辞めたい気持ちでいっぱいになりますが、実は仕込みの作業も大事なのです。

参考記事 40代の退職は、退職日までの期間を1年ぐらい見ておくと良い

退職を申し出る時の心構え

sunset

退職を言う時って、別に完全な自信は無くてもいいんです。退職する根拠も必要ありません。

失敗するとか成功するとかなんて、誰にもわからないんです。

たとえ自信があっても、絶対成功するとかは誰にも保証できないんです。

でも「今の会社で悩んでいるよりは、あえて新しい環境にチャレンジしたい」という意思だけは、周りの人に感じてもらうことです。

その気持が伝わることで、円満な退職となるはずです。

関連記事 40代で会社に退職告白したときの一部始終

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル