40代からの起業はやめておいたほうが良いのか?

40歳過ぎてからの起業。

起業しても良いのか、それとも諦めたほうが良いのか?

20代や30代での起業とちがって、40代での起業となると、家族や住宅ローンなど背負うものも大きいです。

もし失敗したら?と考えると、起業なんかやめた方がいいような気がします。

かと言って一度きりの人生。

後半の人生、思い切ってチャレンジしてみたい!と思う気持ちもあります。

今回の新型コロナで、起業を考える時間も多くなったのではないでしょうか。

結論から言うと、思い切ってチャレンジしたい気持ちが強いなら、起業するほうが正解!

たとえ失敗しても、何とかなります。

起業に失敗した私が言うのですから、間違いありません。

それよりもせっかく起業したい気持ちを諦めて、定年まであと20年もサラリーマン続けるほうがしんどくありませんか?

40歳で再就職が難しいならやめときます?

40代起業するにあたって悩んでいたのが、失敗した時のセーフティネットのことです。

20代で起業に失敗したとしても、転職は容易にできます。第2新卒採用とか今じゃ普通ですからね。

30代でも、まあまだまだ大丈夫です。

でも40代過ぎれば、途端に就職は難しくなると言われています。

よく聞くのが、希望するような条件の職に就くのは無理ということです。年収は半分以下になるのは当たり前で、職があるだけマシ、という世界ということがよく言われてます。

でも実際は、企業側でも40代の人材が欲しいところなんていっぱいあるんですけどね。といっても20代や30代よりも採用枠自体が狭くなってきているので、そういう話が出てくるのもしょうがないことなんですが。

だからこそ40歳過ぎれば、みんなどんなに辛くても会社にしがみつくしかなくなるんです。

起業してうまく行けばいいけど、うまく行かなかったら、家族離散とかホームレスとか悲惨な老後を迎えるしかないとか、不幸の道をまっしぐらと思ってしまう。

いったいどれほどの人が年齢を気にして起業するのを諦めてしまったのだろうか。

40代転職成功のイメージ
40代の転職。ミドル向け求人が豊富なおすすめ転職サイト

「40代でも転職できるよ」 これは、私が退職した時の人事面談で出た話。採用にも関わっている人事担当者の言葉です。 退職の面接で人事担当者と話をしていて、「もし起業に失敗したら転職をしたら良い」と転職を ...

続きを見る

スポンサーリンク

日本では起業する環境ではないからあきらめる?

中小企業庁のWEBサイトで、「起業実態の国際比較」のデータを見ることができます。

2015年までのデータなのでちょっと古いのですが、このデータを見ると、アメリカの開業率が2015年で14.3%に対して、日本の開業率が5.2%しかありません。

フランスが2015年で12.4%、ドイツが2014年で7.3%とくらべても、日本の5.2%はかなり低いことがわかります。

日本で開業率が海外とくらべて圧倒的に低いのは、やはり日本では起業する環境が整っていないというのが大きな理由のようです。

実感としても、私が起業しようかどうしようか悩んでいたときに特に気にしていたので、日本では起業に失敗したときのリカバリー体制が整っていないのではないか?ということでした。

つまり、40代で起業失敗したとしても雇ってくれる企業などなく、路頭に迷うしかないのだ・・・・・・・・・と思っていたんです。

日本で開業率が海外とくらべて圧倒的に低いのは、40代以降で起業して失敗した人のセーフティネットが無いからだ。もしこの年代のセーフティネットが充実していれば、日本の開業率はもっと上がり、日本経済も活発化するに違いない・・・・・・。

起業するにあたって、そういう風に考えていた。日本はなんと起業家に対して冷たい国なのか、と。

セーフティネットは考え方次第

 

でも、実際に起業して失敗して、わかったんです。

セーフティネットというのは、スムーズに条件の良い会社に転職することだけではない、ということです。

もし失敗したとしても、貯金がいくらか残っていれば、いくらでも再起のチャンスはあります。

40代50代でも働けるバイトなんてたくさんあるし、ネットのライター仕事もたくさんあります。

man smile
40代高収入バイト・すぐに稼げるバイトまとめ

退職後うまくいかなくてもアルバイトがある! 退職に悩んでいるときは、「退職して失敗したらどうしよう」と不安だらけ。 でも、大丈夫。 たとえ失敗しても、アルバイトがありますから! 日本にはアルバイトの仕 ...

続きを見る

今はちょっときついかもしれないけれど、ユーチューバーやブロガーなんて道もあります。

no money
退職後うまくいかず無収入に。どん底を乗り越えるための実践アイデア

退職後うまくいかず、無収入の状態が続くこともあり得ます。 私のように起業したけどうまく行かなかった場合や、転職先がなかなか見つからない場合など、退職後うまく行かないケースもよくあることなんです。 そう ...

続きを見る

たとえ一回ぐらい起業に失敗したとしても、ブロガーやアルバイトをしながら資金を貯めていけば、何回でも起業にチャレンジできるんです。

1回目に失敗しても、2回目は失敗を経験している分成功率が高くなりますからね。

ということは、2回目に失敗したとしても3回目はもっと成功率が高まりますよ。

自分の考えかた次第なんです。

子供の教育費にしても、就学支援といった制度もあります。

man smile
40代で廃業し、小学校就学援助を受けた体験談

家族持ち社宅住まいの40代で退職して自力で起業するも力及ばず1年で廃業、その後貯金を崩しつつ、アルバイトをしながら再起奮闘中の毎日を送っております。 さて、こんな毎日の生活の中で一番大きな問題といえば ...

続きを見る

今回の新型コロナでも、政府からの給付金もありました。(いろいろ制限ありますが)

市町村によっては国民健康保険の免除制度もあるようですし、国民年金の免除もあります。

こう考えていくと、日本はセーフティネットがちゃんとあります。

要は考え方ひとつなんです。

セーフティネットは、正社員になることだけじゃないんです。

だからもし、セーフティネットが満足じゃないという理由だけで起業することを諦めている人がいるなら、それはちょっと残念なことなんじゃないでしょうか。

40代での起業はするべきなのか、我慢したほうがよいのか

40代というのは、起業するにはベストなタイミングだと思います。

これまでの経験も活かせるし、しがらみとか社会の常識的なところも体に染み付いています。

20代や30代だと若すぎてよく把握できなかったことも、40代になればだいたいのことは理解できるようになっています。

ちょっと疲れやすくなったり、白髪や髪が薄くなってきたり、健康診断でひっかかることも増えてきたけど、まだまだ元気で体も動きます。

子供も小学校や中学校に通うようになり、手のかからなくなる年代になります。

だからこそ、今チャレンジしたら良いと思います。

失敗してもなんとかなります。

公的な支援もあります。

再就職できなくても、アルバイトもあるし、ネットで稼ぐこともできます。

再起することをあきらめなければ、何回でもチャレンジできます。

起業ネタが無くても、起業準備がタダでできる方法

いつかは起業したいけど、何をしたら良いかわからないという方にオススメなのが、毎月の支出の把握です。 支出と言っても、起業にどれだけかかるかといったようなことではなく、毎日の生活費の支出です。 毎月の食 ...

続きを見る

フランチャイズでの独立開業もオススメ。

フランチャイズなら、ゼロから自力起業するよりも成功しやすいです。

詳しくはこちら。

管理人
管理人

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル