やりたいことが決まっていなくてもOK!今日から始める退職準備<お金編>

退職したいけど、そう簡単にはできない。

それが、偽ざる40代会社員の現実であり、本音です。

家族もあるし、住宅ローンだってある。消費税も上がるっていうし、年金の問題や子供の教育費もある・・・・・・。

普通に考えれば、安定した会社を退職して、リスクを追うなんて選択肢はありえないはずです。

普通の人は、そう考えてそのまま会社でがんばります。

会社で頑張れる人、頑張れそうもない人

頑張れる人はそれでいいのです。

問題は、頑張れそうもない人。

そういう人はどうしたらいいんでしょうか? 他の選択肢がないまま、定年まで我慢して会社にいるべきなのでしょうか?

定年まで我慢、と一口で簡単に言えてしまいますが、40代はあと20年は会社で働くのです。20年も我慢するのです。

働いている本人としたら、まさに生き地獄ではないでしょうか?

スポンサーリンク

今日から始める退職準備

だから、どうもこれから会社で頑張れそうもないと考えている人は、今日から退職準備を始めてみたらどうでしょうか?

実際に退職するかしないかは、それはまた別の問題です。

それはそれで、じっくり考えれば良いんです。タイミングや家庭の事情もありますし、急いで退職しても良いことは一つもありません。

それとは別の次元でやるのが、今回紹介したい退職準備です。

私は、退職前に慎重にこの退職準備を行いました。そのため、退職後に自分の商売がうまくいかない時期があっても、なんとかうまく切り抜けることが出来ました。

誰でもすぐ始めることが出来て、成果も見えやすいのが、この方法です。

その方法とは、貯金をすることです。

SHEEP ON FIELD

どのくらい貯金したらいいのか?

会社を退職したら、次の日から給料は無くなります。当たり前ですね。ちなみに、ボーナスも無いです。

転職するにしても、うまく転職先が見つかる保証は無いですよね。独立して商売するにしても、開業資金はかかりますし、毎日運転資金は出て行く一方。最初から売上など上がらないのが現実です。

そのため、ある一定期間は無収入で生活するということを想定しておくのです。どのくらいの期間(金額)かは、退職後に何をするのか(転職・起業)によっても違ってくるでしょう。

独立や起業する場合に関して言えば、最低でもうまくビジネスが軌道に乗るまでの期間、無収入でも生活できるぐらいの蓄えがあれば、まあまあ安心できるのではないでしょうか。

まあまあ安心と書いたのは、それだけだと破綻する可能性が高いということです。

なぜでしょうか?

ビジネスが軌道に乗るまでの期間

ビジネスが軌道に乗る時期なんてものは、誰にもわかりません。

初めて三ヶ月で軌道に乗るかもしれません。開業してすぐにお客さんが殺到するかもしれません。

半年たっても赤字が続くかもしれません。1年たっても、さっぱりお客さんが来ないかもしれません。

ビジネスはやってみないと、わからないものです。

でも、1年間を目安にして考えてみるとわかりやすいです。例えば、1年間精一杯やって芽が出なかったら、どう考えますか? 多くの場合は、それは失敗した、と言えるのではないでしょうか?

半年だったらまだ行けそうな気になりますが、1年やっても軌道に乗らないとなったら、誰でも失敗したと思えるのではないでしょうか?

だから、1年間という期間が、ビジネスが軌道に乗るまでの猶予期間として考えてられるのではないでしょうか?

ということは、だいたい1年間は無収入でも生活できるぐらいのお金があれば良いということになります。

事業が失敗した時のことも考えておく

でも、それだけでは万全ではありません。1年間頑張ってようやく事業が軌道にのった場合はそれで良いですが、もし失敗した場合はどうなるのでしょうか?

事業など、失敗がつきものです。

自分で始める事業が、必ずしも成功するとは限らないです。成功するより、失敗する方が確率が高いのが悲しい現実です。

だから、そんなにリスクを取れない40代のチャレンジとしては、失敗も織り込んで貯金しておくのです。

1年やって失敗した場合、次の事業にもチャレンジして半年ぐらいまでは無収入でも生活できるお金を準備しておきたいところです。そうしておけば、仮に事業に失敗したとしても、リカバリーできます。

あなたは、この考えを臆病だと思いますか?

私はそうは思いません。なにがあるかわからないからこそ、できるかぎり貯金しておくことに越したことはありません。

当たるか当たらないかよくわからない事業計画を練るより、1円でも多い貯金の方が実際に役に立つと思います。

https://40taishoku.com/timing/business-before/

退職金は、生活費とは分けておく

退職金は、生活費とは切り分けておくべきです。

できれば、銀行口座も別にして分けたほうが良いと思います。

なぜなら、冠婚葬祭などで急にお金が必要になった場合など、想定できないような突発事項に対応するお金として取っておくのです。

さらに、国民年金や健康保険などは自分で支払わなければなりません。また、個人で確定拠出年金に入る場合もあるでしょう。退職金は、その資金にしておくと良いです。

もっと言うと、仮に事業が失敗続きで生活費が底をついたとしても、退職金を切り崩すことで、再就職まで生活することができます。

なにかあった時の蓄えとして退職金が残っていることが、心の支えになります。お金が無いより、1円でもあったほうがいいです。

銀行残高があなたのピンチを救う

銀行残高に余裕があればあるほど、精神的にも余裕が出てきます。残高が減っていくのは、かなりのストレスになりますよ。気持ちも焦ってきます。

https://40taishoku.com/family/quit-timing/

臆病と言われようが、気が小さいと言われようが、余裕のある蓄えに勝るものはありません。

急いでギリギリの貯金で退職してうまく行けばいいのですが、そうでなかった時(ほとんどの場合はうまくいかない)、生活はすぐに破綻します。

借金で生活するのは、あまりやりたくありませんよね。家族にも迷惑がかかります。

だから、失敗することもある程度見通して、1年半ぐらいの生活費を貯金しておくのです。

今日から始められます。

生活費を把握しておく

1年半の生活費を貯めておくと言っても、そのままでは、どのくらいの金額になるかわからないですよね。

そのために、毎月ごとの生活費を把握しておくと良いです。

食費、光熱費、ローン、教育費・・・・・・

毎月の生活費が把握できたら、次はざっと1年間を計算してみます。たとえば、光熱費などは季節で変動しますよね。そういうのを織り込んで計算していくと、どのくらい貯金が必要か、わかってくると思います。

次は、どうやって貯金していくか、いつまでに貯金できるか、を考えます。

これは、1人では限界があるので、家族を巻き込むことが必要です。家族の協力がないと貯金するのはかなり難しいです。

家族への切り出し方は、こちらの記事も参考にしてもらえたら嬉しいです。

https://40taishoku.com/family/give-up/

https://40taishoku.com/family/post-332/

と言っても、簡単に家族に切り出せるわけじゃないので、家族の同意を得られるまでは、自分のできる範囲で貯金を始めて行くと良いです。

最初は退職に反対していても、最後には、自分で貯めた金額が退職に賭ける本気度と考えてくれるはずです。

貯金は、今からでも始められます。

何をするとか決まっていなくても関係無いです。

自分の本気度を試すつもりで、やってみましょう!

この本も参考になります

お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル