会社辞めたい40代へ。「退職は勢い」は本当でした

「会社辞めたい」と本心は思っているけど、40代ともなれば仕事のことはもちろん、お金のことや家族のことなどのしがらみもあって、なかなか実行に踏み切れないものです。

このままつらい思いを抱えながら、あと何十年も過ごさないと行けないと思うと苦痛です。自分は結局会社を辞めることはできないんじゃないか?と、諦めに近い気持ちになります。私もずっとそのような気持ちを引きずってつらい思いを過ごしてきました。

40代は、会社を辞めてくても辞められない圧力が非常に高いため、本当に退職するには、気持ちを切り替える必要があります。今までとはまるきり違うモード、「退職モード」に切り替える必要があるのです。そのために必要なのが、勢いなのです。

退職した今だからわかりますが、この退職モードへの切り替えがなかったら、自分は今でも会社を辞められず、悶々とした生活を送っているはずです。本当に「退職は勢い」でした。

このページでは、私の実際の経験を踏まえて、なぜ会社を辞めたい40代には勢いが必要なのかを説明します。

スポンサーリンク

40代で退職なんて自分には無理!

転職起業・独立して自分のやりたいことを思い切ってやってみたいけど、家族のことやお金のこと、将来のことを考えると、どうしても退職に踏み切れない。

このように悩む40代や50代の男性も多いのではないでしょうか。

私もそうでした。

退職したいと気持ちだけが焦るのに、現実の状況はちっとも変わらない。といって、いきなり良い話が舞い込んでくるわけでもありません。

こんなんじゃとても退職なんてできっこない。どう考えたって退職など夢の夢。まして起業などムリ!

だからしょうがなく、今日も嫌々ながら上司の理不尽な指示を受け入れて、仕事をするしかない。ため息を我慢しながら、週末が来るのをじっと待ちわびている毎日・・・・・・。

やっぱり退職なんて諦めたほうが良いのもしれない、などと思っていました。

でも退職した今から考えれば、「退職なんて自分にはムリ!」と考えていれば、やっぱり無理なんですよね。

だって、退職するために何の準備も行動もしていませんから。無い物ねだりで、ただウジウジ悩んでるだけ。

会社を辞めるには、気持ちが切り替わる必要があります。特にしがらみの多い40代以上にとっては。

man
万が一の失敗に備える、40代無敵の退職準備 

実際に起業に失敗した経験から、退職を考えている人に退職準備のポイントを3つほどお伝えします。 退職準備というのは、つまるところ失敗対策です。失敗したことを事前に想定しておけば、実際にヤバイ状況になった ...

続きを見る

ある女性経営者の言葉にハッとする

「退職(起業)は勢いだよね」

これは以前、私が起業に悩んでいた時、友人と一緒にランチ会に参加したことがあるのですが、そこに同席していた女性経営者の一言です。

その女性は、父親の経営していた飲食店のあとを継ぎ、さらに事業を拡大させて全国に店舗を持っているような経営者です。年は私と同じぐらいの40代ぐらい。(つながりないので、今も成功しているかは知りませんが。)

その彼女が、起業したいけどなかなか踏ん切れないということを私が話したのを聞いて、この言葉を言ったのです。※「起業」を「退職」や「転職」という言葉に置き換えても、意味は同じだと思います。

はっきり言って、この一言で私の人生変わりました。

それまでは、40代で退職するなんて自分の人生ではありえないと漠然と思っていましたから。いや、会社は辞めて独立したいなあ、とは夢見てましたが、具体的には何も行動してませんでした。

そうか、勢いをつければ退職できるんだ・・・・・・。

パズルの最後の1ピースが埋まったような衝撃を感じました。

この時をきっかけにして、退職モードに一気に切り替わったような気がします。

オセロの白が黒に切り替わるように自分の中で退職スイッチがカチッと入ってしまいました。

その当時は半信半疑の気持ちもあったのですが、実際いざ自分が退職することになってみると、この言葉の意味が身に染みてよくわかりました。

実は、退職した今でもこの言葉はずっと頭に残っていて、本当にそうだよな、と納得するのです。

退職(起業)って、本当に勢いだったんです。

スポンサーリンク

なぜ「退職は勢い」なのか

はてな

なぜ退職が勢いなのでしょうか。

退職って言ってみれば、いわば非日常なんです。まだ退職したことなければ、未知の世界といっても良いですよね。

慣れ親しんだ日常の世界から、非日常の世界に切り替えるには、どうしたって勢いが必要です。

それは、高いところからジャンプするのに似ています。

ジャンプの仕方がマズければ、怪我するかもしれないほどの高さからジャンプする感じです。

まだ今はジャンプしていないから安全だけど、ジャンプしたあとはどうなるかわからない。未知の世界です。

でも意を決して、えいや!とジャンプしてみる。

これが未知の世界、非日常へ切り替えするということです。

でも、これをそのまま退職に当てはめても、うまくいきません。いきなり「えいや!」で会社に退職届けを出したところで、退職だけはできますが、お金の問題や家族の問題はそのままだからです。

これが20代や30代前半の方なら、まだ十分やり直しが効きますが、40代家族持ちの場合、どう考えたって無謀でしょう。

退職の場合は、自分の力だけで切り替えるのではなく、周りの環境をうまく巻きこむことが重要です。

ではどうしたらうまく切り替えることができるのでしょうか。うまくいく方法ってあるのでしょうか。

「非日常への切り替え」ということ

オセロをイメージしてください。

ゲームのオセロです。黒と白ひっくり返す、誰もが知っている、あのゲームです。

普通は二人で対戦しますが、このオセロはあなたの頭の中で行います。

例えば、退職がなんとなく遠い存在と思っている今の状況は、盤面がほとんど白で自分一つだけが黒としましょう。

白が退職を阻害する因子、黒が退職を応援してくれる因子と考えるのです。

今はほとんど白ですが、過半数が黒になればどうなるでしょうか?

形勢逆転ですね。退職が遠い過去ではなく、みんながあなたの退職を応援している、ということです。

つまり、この状態になった瞬間こそが、「切り替わった」時なのです。

スポンサーリンク

退職のベストタイミングのイメージ

切り替わったら、いったいどうなるのでしょうか。

オセロの盤面が白から黒に切り替わったように、周りの環境が一斉にあなたの退職に賛成してくれるようになります。

今まで退職に猛反対していた人も、いつしか応援してくれているようになります。

いますごく退職が難しいと思っていても、チャンネルさえ合えば、トントン拍子に話が進んでしまうんです。

これまでの障害が取り除かれて、退職のドアが開いた。そんな感じになります。

そのドアを通れば、新しい道が広がって行く。夢見たような景色が見えてきます。そこから先は自分で形作る喜びが現実にものになります。

そうなった時がチャンスです。ここで先ほどの勢いを発揮しましょう。

「えいや!」で決断し、ジャンプする時です。あれこれ悩んでいる暇などありません。

激流に飲み込まれるがごとくジャンプするのです。

これが「退職は勢い」ということなのです。

勢いをつけるために布石を打っておく

ではどうやったら、オセロの白を黒に変えられるのでしょうか。

今がダメでも、前に進んでいけば一つか二つ黒に変えられる小さなチャンスがやって来ます。

そのチャンスがやって来ることを念頭に毎日を過ごすことです。

いや、その時がやがて来ることを信じて、今から布石を打っておくべきなんです。オセロでも将棋でもトランプでも相手をハメる時、布石を打っておきますよね。

家族から反対されているのだったら、どうやったら理解を得られるのか。自分がやりたい仕事、どんな会社に転職したいのか、起業に大事なことはどんなことか。

退職を切り出す前に、あなたはもっと家事を手伝う必要がある
スムーズに家族へ退職を伝えたい!実際に効果抜群だった方法

退職について悩んでいるときは、どうしても自分のことに意識が集中してしまいます。 いつ会社に退職を切り出そうか、このタイミングで退職を切り出してもうまく仕事は回るだろうか?、退職後はうまく収入を得ること ...

続きを見る

お金に不安なら、今から節約して貯金するとか。

すこしでもうまくいくようにスキルを磨いておく、など。いろいろやることはあります。

テックアカデミーで人気の40代向けITコース 独立・転職に有利

40代の場合は、ゼロからITエンジニアを目指すのではなく、これまでの社会人経験や知識を生かせる分野がオススメです。(ゴリゴリのプログラミングは、若い人に任せちゃいましょう) 40代からエンジニアを目指 ...

続きを見る

転職するのなら、転職アプリに登録しておくなどして転職情報をそれとなく拾っておくとか。

独立するのなら、フランチャイズの情報を集めてみるとか。

ひとりで起業するのなら、実際にそういう人が利用しているシェアオフィスを借りてみるとか。いろいろやり方はあります。

今から布石を打っておくべきです。

いますごく退職が難しいと思っていても、布石を打っておくと体勢がガラリと切り替わる時が必ずやってきます。

これが「勢い」です。

この勢いに乗ることで、今まで難しいと思っていた転職・起業や独立も現実のものにでき、退職後の生活も軌道に乗せることができます。

たとえ退職後うまくいかなくても、家族は精神的に支えてくれるはずです。(金銭的には難しいかもしれませんが)

STANDING ON FENCE
やりたいことが決まっていなくてもOK!今日から始める退職準備<お金編>

退職したいけど、そう簡単にはできない。 それが、偽ざる40代会社員の現実であり、本音です。 家族もあるし、住宅ローンだってある。消費税も上がるっていうし、年金の問題や子供の教育費もある・・・・・・。 ...

続きを見る

勢いが無くなればどうなるか

もしこの勢いを逃してしまえば、どうなるでしょうか。

今はあなたのオセロは黒が優勢ですが、しばらくすれば白に変わっていくでしょう。元に戻っていきます。

あなたの退職を応援する人はみんな反対するようになり、これまでのように退職は夢の夢という世界に逆戻りするでしょう。

年齢を考えれば、次のチャンスはもうやってこないかもしれません。

man alone
もし退職しなかったら? 退職していない自分と退職後の自分を比較

歴史にif(イフ)は無いというけれど、もし退職していなかったら今頃どうしているんだろう? 最近こんなことをよく考えています。 そこで、「退職していない自分」と「退職後の今の自分」とを比較してみることに ...

続きを見る

スポンサーリンク

本当に退職したいのなら、オススメです

「退職は勢いです」って言うと、いきなり退職届を会社に叩きつけるというイメージを持ってしまいますが、そうではありません。

周りがあなたの転職独立を後押ししてくれるようになるまで、環境を変える布石を打っていきます。(布石というのがわかりづらければ、行動とか準備と言い換えても良いでしょう。)

一見難しいようですが、小さなジャブを繰り返していくとだんだん白から黒に切り替わっていきます。

過半数があなたの退職を容認してくれたその時がチャンス。勢いがMAXになった時です。

この勢いを利用して退職まで持っていくのが、「退職は勢いです」と言う意味なんです。

私が退職した時も、最初は反対する人の方が多かったのですが、地道に布石を打っていくと、ある時自分の退職を反対する人がいなくなりました。

そこからは、本当にトントン拍子で進んでいきました。ベルトコンベアーに乗って、気づいたら退職日を迎えていたぐらいの感覚です。

もし、退職したいけどなかなかできず悩んでいるなら、試してみてはどうでしょう。少し時間はかかりますが、確実に想いを現実化できます。

関連記事
message
もっと自信持って良し!退職に悩む過去の自分へ宛てたメッセージ

華の40代。 辛かったけど、悩みまくったけど、あの時退職して良かった! ホントそう思います。 でも、あの時は本当に辛かった。何でもいいから助けが欲しかったんです。 そこで、退職に悩んでいた時の自分に宛 ...

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル