40代転職失敗の最大要因。失敗してわかったこと

40代での転職に失敗してしまう理由は、どんなところにあるのでしょうか?

これから転職する人はどんなことに気をつけたほうがよいのでしょうか?

私の失敗経験から言えば、40代で転職に失敗する最大の原因は、今の会社や仕事からの「逃げ」と「焦り」に集約されます。転職先で新しい仕事をしたい気持ちよりも、早く今の会社を辞めたい気持ちの方が強すぎて、焦ってしまうのです。

40代になると先がだんだん見えてくるようになり、自分のやりたいことと現実とのギャップができてきます。そのため、早く今の状況から逃げたいという気持ちだけが焦ってしまい、自分の適正を考えずに応募して面接で失敗したりすることが多いです。

気持ちが焦ったばかりに安易に転職先を決めてしまい、結果仕事が合わずに「こんなはずじゃなかった」と後悔する40代も多いです。

40代の転職は、20代や30代の転職よりもさらに慎重に行う必要があります。

私が40代で転職に失敗した経験から、なぜうまくいかなかったのか、どんな人が失敗しやすいかを分析し、転職がうまくいくためにどうしたら良いかを紹介していきます。

40代が転職に失敗する原因

私は40代で転職活動をしました。

結果は、3社面接を受けて3社とも不採用。全滅です。書類選考はうまくパスしたんですけど、面接でうまくいきませんでした。その時の様子はこちらのページ「40代転職の現実。最終面接で不採用となり転職断念した理由。」にまとめています。

転職に失敗したので、反省の意味も込めてもう一度自分のやりたいことを再確認して、最終的には起業しました。(その起業も失敗してるんですけど、それはまた別の話)

その上で、なぜ転職に失敗してしまったのかを改めて考えてみると、だんだん40代特有の転職に失敗するパターンが見えてきたんです。

もちろん経験とか相性とかスキルとかの要素もあるんですが、それとは別の次元で転職に失敗する心理というか気持ち的なものがあるように思います。

それは、これから転職する人もそうだし、転職後なんとなく合わないな、と感じている人にも当てはまるようです。

転職に失敗する最大の原因は、逃げと焦り

私の失敗理由を考えてみると、40代で転職に失敗する原因として、「転職」を今の会社や仕事からの一種の逃げとして考えていることが挙げられます。

転職先で新しい仕事をしたい気持ちよりも、早く今の会社を辞めたい気持ちの方が強すぎて、焦ってしまうのです。

一般的に転職がうまくいかない原因は、キャリア不足や経験不足、リーダーシップ欠如などがよく指摘されることですが、私の経験では、最大の原因は早く逃げたいという焦りにあると考えています。

ではなぜ焦りが生まれるのでしょうか。

それは40代の置かれている状況から来ると考えます。

20年間の葛藤
不安・憂鬱・プレッシャー!しがらみから逃れたい40代会社員の叫び

私は、40代前半で約20年勤めた会社を退職しました。 特に何かに秀でているわけではありません。どこにでもいる普通の会社員です。 毎日、定められた仕事を真面目にこなし、家に帰れば優しい父親。会社に残って ...

続きを見る

40代の厳しい現実が焦りを生む

40代になると、同期がどんどん出世していったり、後輩がいつまにか自分を追い越して上司になっていたりと、いままではあまり考える必要もなかった現実を見なければなりません。

肉体的にも「老い」を自覚する年齢ですし、健康診断で引っかかる項目も増えてきます。定年まで自分のキャリアはどのレベル止まりか、ということもうっすらわかってきて、これまでのように夢を持てなくなってきました。

家族がいれば、教育費やローンが重くのしかかってきます。

そんな中にあって、これまで自分が何をやってきたのを考えた場合、なにもしていないことに気づくのです。

「大変だ。このままでは自分の人生は、一体なんだったんだろう!」

こう思い、一刻も早く今の状況をなんとかしたい!と強く思うようになるのです。

そのための方法として一番に挙がるのが、「転職」ではないでしょうか。

転職なら生活レベルを落とすことも無いので、ローンの支払いや家族の生活を落とす必要もありません。

スポンサーリンク

なんで転職に失敗してしまうのか?

転職を考えること自体は別に悪いことではありません。

転職することで、生きがいを取り戻す人も多くいます。夢を実現した人もいます。

でもそんななかで転職に失敗してしまう人もいます。

私もそうでした。

しかし、なぜ転職に失敗してしまうのでしょうか。

40代ならそこそこ社会人としての経験もあり、業界の慣習にも詳しいはずです。

普通に考えれば、転職もスムーズに行くのではないでしょうか。

40代転職体験談の記事まとめ

40代で転職活動をしたときの体験談をまとめているページです。 どうしても年齢で転職そのものに引け目を感じてしまいますが、実際に転職活動をしてみると、意外と引け目は感じませんでした。 けっこう40代で転 ...

続きを見る

焦りが思い込みを生み出す

しかし、転職に失敗してしまう人は今の会社から早く逃げ出したい気持ちの方が強くて、明日にでも会社を辞めたい!と焦っています。

そのために、一見なんとなく良さげな案件に飛びついてしまい、自分こそがその仕事にふさわしいと勝手に思い込んでしまうのです。

たとえば私の場合は、海外の日本支店の物流業務の求人に飛びついたのですが、そもそも物流業務という仕事は、前の会社でさんざん嫌な目にあってきた仕事でもあります。

しかし、当時はそんなことは全く考えず、この仕事こそが天職だ!ぐらいなレベルで考えていました。

当然その思い込みは幻想です。本当は今の会社から逃げることが優先で、物流の仕事などしたくもなかったのです。

なにしろ早く今の会社から逃げたい一心ですから、都合の良いように解釈してしまうのです。

もちろん結果はうまくいきませんでした。

私のように面接で失敗するか、うまく採用となっても本当にやりたい仕事ではないので、またすぐ逃げたくなってしまうのです。

いくら転職エージェントのキャリアコンサルタントと面談を重ねていって、綿密に転職活動をすすめていったとしても、自分の焦りが大きければ、やはりどこかでうまくいかないような気がします。

スポンサーリンク

転職で失敗しやすいかチェックする方法

あなたが転職に失敗しやすいかどうか、たった一つの質問があります。

その質問は、コレです。

質問

「なぜあなたは転職したいのか?」

目を閉じて、この問いを自分に投げかけてみてください。

この質問に対する答え方で、転職に失敗しやすいかどうかがすぐに分かります。

もし、↓のような気持ちであれば、あなたに転職に失敗する確率が高くなります。

転職で失敗する人

  1. 早いところ会社辞めたい、逃げ出したい。
  2. 「転職する」って会社に言えば、もっともらしい退職理由になるかも
  3. 今の会社より良さそうなら、正直どこでも良い。

40代が転職に失敗するパターン

転職で不採用になりやすい人や転職後にうまくいかない人のパターン(というか構造)を紹介していきます。

不採用になるパターン

逃げたい。後ろ向きな気持ち。

面接で見抜かれる

不採用

面接で失敗する最大の原因は、「転職」を今の会社や仕事からの一種の逃げとして考えているからです。

転職先で新しい仕事をしたい気持ちよりも、早く今の会社を辞めたい気持ちの方が強いのです。

この気持ちって、企業の採用担当者からはけっこう簡単に見抜かれてしまうものです。 「あ、こいつはただ今の会社を辞めたいだけだな」というのがピーンと来ます。

私の場合、転職失敗の原因は全てこのパターンでした。

つまり、転職したいのは今の会社から逃げたいからであり、その逃げの姿勢を面接で見抜かれて不採用になった、ということです。

転職後にうまくいかないパターン

今の会社から早く逃げたい

転職先の仕事が本当にやりたい仕事ではない

こんなはずじゃなかった

面接でうまく採用となったとしても、焦って転職した場合、失敗します。

入社する前までは転職先の会社での仕事を自分の天職だと思いこんでいますが、実際に仕事を始めてみると、今までと仕事のやり方も習慣も違うのでうまくいかないことの方が多いです。

本来であれば、うまくいかない時があれば、それを乗り越えるにはどうしたらよいかを考えますが、焦って転職した場合は「こんなはずじゃなかった」と考えてしまうのです。

なぜなら、その仕事は本当に自分がやりたい仕事ではないから。本人は無意識でその本音に気づいていますが、周囲の人はそんなことまではわかりません。当然、新しい転職先の仕事が天職である、と考えています。

そのため、周囲の人たちの期待値は上がっていきますが、本人のやる気はどんどん失われていくのです。

stop-sign
40代の転職は厳しいし年収も激減する。それでも転職する?

40代で転職を考える時に一番最初に越えなければならないのが、「40代での転職は大変厳しい」という言葉です。 ほとんどの転職系の情報サイトや転職の口コミでも40代の転職は厳しく、年収も激減するということ ...

続きを見る

スポンサーリンク

転職に失敗しないためにはどうしたらよいのか?

自分は本当は何をしたいのか?をまず考えること

私の場合、本当は転職じゃなくて、独立したかったんです。私の本音は独立することにあり、転職ではありませんでした。

独立したい気持ちは強かったんですが、でもそこまでする勇気が出なかったんです。

そこで妥協点として転職ということになったんです。しかし、それではやはり自分を納得させることはできなかったのです。

転職活動しながらも、心のどこかでは転職することにブレーキを踏んでいたように思います。

自分自身の中ではそんなに転職を望んでいなかったのです。

結局会社を辞めることが一番重要で、転職はその手段でしかなかった、ということです。

これに気づいてから、勇気を出して独立することにしました。

転職か独立か
転職か独立か、答えはすでに出ている。私が独立を選んだ理由

転職した方がいいのか、それとも起業・独立に向いているのか。 退職を考えた時、誰もが一度は迷う問題です。 私もそうでした。 悩んで悩んで悩みまくりました。たくさんの失敗や間違いもしました。 そこで得た経 ...

続きを見る

やりたいことに目をつむっていませんか?

つまり、転職に失敗したと感じているのなら、本当は他にやりたいことがあり、それに気づいていないか、気づきたくないだけかもしれません。

だからこそ、今からやる対処方法は、早く会社を辞めたい焦りをいったん封印して、自分の本音に耳を傾けることです。

なにから「逃げたい」のか、なぜ「逃げたい」のか、どうしたら「逃げたくならない」のか。

たぶん自分の中ではすでに「答え」があるはずです。

あとはその「答え」を心の奥から引っ張り出して、表に出してあげてください。

すこし遠回りのように感じるかもしれませんが、転職に失敗して貴重な時間を失うことを考えれば、結局それが一番最初にすべきことだと考えます。

もしかしたら、私のように転職ではなく、独立したいのかもしれません。

frustration
自分を見失った時に効果的な自己分析方法 不安から脱する質問

良い大人にもなって自分がどう生きたいか不安なんて、どうかしていますか? 私の場合、若い頃より年をとって40代を過ぎてからの方が、自分の生き方を見失う回数が多くなってきました。若い頃はまだ希望が見えたん ...

続きを見る

キャリアアドバイザーも活用する

ある程度自分の中で焦りや逃げがなくなり落ち着いてきたら、パソナキャリアやリクルートエージェントなどの40代向けの求人情報に強い転職エージェントの活用を検討してみてください。

1人で求人サイトをチェックしていても、独りよがりになりがちです。自分のやりたいこと、実現したいことをキャリアアドバイザーにぶつけてみてください。

キャリアドバイザーは人材紹介のプロですから、あなたの要望と企業の要望がマッチできるような提案ができます。

私は、リクルートエージェントを利用しましたが、キャリアアドバイザーの方にはかなり助けられました。リクルートエージェントを利用した経験談はこちらのページ「リクルートエージェントは、40代転職でも心強かったです」にまとめています。

もし現実的にマッチングが難しいなら、難しいと答えてくれるでしょう。

もし難しいと言われた場合でも、そこでがっくりする必要もありません。何が足りないかがわかれば、それを補うようにすれば良いからです。

例えば、ネット企業に転職したいのに経験が足りないと言われたとします。それなら、プログラミングスクールに通い、webマーケティングのコースを受講してみたらどうでしょうか? そこからまた新たな道が見つかると思います。

独立や転職に有利 40代に人気のプログラミングコースBEST5

40代だけどプログラミングを勉強したい! でも、実際問題として、どの分野を学べばよいのかよくわからないですよね。40代の場合は、ゼロからITエンジニアを目指すのではなく、これまでの社会人経験や知識を生 ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

記事を検索する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル