40代でドロップアウトしたおっさんが、新入社員へ言いたいこと

新入社員の皆様へ

私は40代のしがない男です。

私は、40代で約20年働いた会社を辞めました。

退職後は、起業して自分で事業を始めましたが、1年ほどで失敗

現在はアルバイトをしながら貯金を切り崩し、なんとか生活しています。

そんな冴えない私ですが、一つ新入社員の皆様に言いたいことがあります。

40代でドロップアウトしました

私は、40代で約20年働いた会社を辞めました。

退職後は自分で事業を始めましたが、失敗。

世の中の常識で言えば、完全にドロップアウトした人間です。

妻1人子供2人の家族がいます。

生活のために毎日もがいています。

そんな私なので、大きな希望に胸をときめかせている新入社員の方に対して、説教じみた偉そうなアドバイスを言う資格はありません。

と言いながらも、真新しいスーツに身を包み目をキラキラさせている新入社員の方々を見かけるたびに、思わず自分の新入社員の頃を思い出してしまって、迷惑も顧みず、今の私の心境を伝えてみたいと思ってしまうのです。

もしかして、40代で退職という選択をしたことに負い目を感じているからかもしれません。

新入社員の方としては、迷惑千万な話かもしれませんね。

でも、これだけは言っておきたいことがあります。

それは、

もっと早く会社を辞めておけばよかった!

ということです。

これだけは悔やんでも悔やみきれないです。

man smile
なぜ転職は早ければ早いほど良いのか?

「転職したい」と思っているときが、ベストな転職のタイミングです。 こういう時は、周りに相談せず、さっさと行動してしまうのが一番良いのです。 なぜ転職は早ければ早いほど良いのか、その理由を書いていきます ...

続きを見る

スポンサーリンク

もっと早く会社を辞めておけばよかった

JOGGING AT BEACH

私は、できるならもっと早く会社を辞めておけば良かったと思っています。

遅くとも20代の内に、自分のモヤモヤを解決すべきだったと思います。

本当に心からそう思います。

私は、モヤモヤを40代まで引っ張って先送りして、もうどうしようもないところまで追い込まれて、それでやっと退職の決断をしました。

40代で人生のコースを変えるのは、リスクの高い行動です。

それは誰もがそう思うでしょう。

私もそう思います。

でも・・・・・・。

後悔はしていない

でも、不思議と後悔はしていないのです。

負い目は感じておりますが、自分の決断に対して自分で責任を取る覚悟はできています。

40代で退職するのは自分の運命だったように思っています。

これでよかった、いや、そうするしかなかったように思うのです。

まあ、要するに20代頃にさっさと辞めておけばよかったとは密かに思っているけど、40代で退職してもそれはそれでよかったということが言いたいのです。

でも、それは言ってみれば、自分自身への弁明のようなものかもしれませんね。

もし、自分が新入社員の頃に時間を巻き戻せるなら、もう一回自分をやり直せるなら、40代で退職することはなかったように思います。

もし新入社員の頃に戻れるなら、やりたいこと

「自分年表」を作る

あの頃に戻れるなら、一番最初にやりたいのは「自分年表」を作ることです。

自分年表俯瞰
退職タイミングがわかる!1時間でOK、自分年表の作り方

40代という年代は、自分の人生と会社人生の両方の分岐点です。このタイミングで、今までの自分が歩んできた人生を振り返るのも悪くはありません。 【参考記事】「四十にして惑わず」という言葉に、ものすごく共感 ...

続きを見る

私の新入社員は、目の前のことしか見えていませんでした。

でも今から考えると、自分の人生についてもっと計画性をもっておいた方が良かったと思っています。

あまりにも将来について漠然としか考えていませんでした。

40代という人生の折り返し地点で、初めて「死」を間近に感じることで自分の生き方を考え始めたくらいです。

もし、新入社員の頃に「自分年表」を作っていたならば、もっと早く退職を実行できたと思います。

「自分年表」を作るということは、何歳で結婚して、何歳で年収どのくらい稼ぐかという、将来計画を作ることです。自分の人生を設計することです。

だから、新入社員の方々に是非とも伝えたいと思うことは、妄想でも欲望でも希望でもなんでもいいから「自分年表」をデザインして欲しいということです。

そして、一旦決めたら、その年表通りに人生を歩めるように努力して欲しいと思うのです。

といっても、簡単にその通りに行くほど人生は簡単ではないですよね。

でも、なるべく早い年代で「自分年表」を作っておけば、自分は何をすべきかということが早くわかります。

早くわかれば、その分多く失敗ができます。

失敗ができるということは、その分成功するチャンスが増えるということです。

「自分年表」は、そのチャンスを引き寄せる最初のステップだと思います。

「本心」は、ずっとついてまわる

新入社員の方は、これから40年をかけて会社人生を歩むわけですが、どこかの地点で、退職について悩むかもしれません。

このまま会社にとどまろうか、それとも別の道を進もうかと悩むかもしれません。

もし、本心では別の道を歩みたいと思っているのに、それを隠して会社にとどまる選択をしている場合は要注意です。

なぜなら、その本心はずっとついて回るからです。

会社を辞めない限り、ずっとあなたにまとわりついてきます。そして、日曜日の夕方とか月曜日の早朝などにその本心があなたに揺さぶりを掛けます。

「今の会社とは別の道を歩みたい」という本心は、決して無くなりません。

会社を辞めるまで無くならないのです。

そして、本心を隠している時間が長ければ長いほど自分を苦しめることになるのです。

なぜなら、私がそうでした。

私の会社員時代の20年は、本心を隠し続けた20年でした。

退職がいっぱい
退職ブレーキの外し方

これは私が退職したいのになぜか行動に移せず、5年近くウジウジ悩んでいたときに考えたことです。 そんな長いことウジウジ悩んでいると、悩み続けていること自体がまた新たな悩みになってくるんです。悩みが倍に増 ...

続きを見る

死ぬ時にどう思いたいか?

まあ、どう転んでも自分の人生です。一度しか無い自分の人生です。

本心に背いた人生を送るのが良いのか、それとも本心に忠実でいることに人生の意義を見出すか。

それは、自分自身で決めることが出来るのです。

他人の言葉は関係ありません。

自分の人生は、自分で決めていきましょうよ。

東日本大震災
後悔しない人生を生きたいなら、一度は死と向き合ってみろ!

私が「我に返った」日は、2011年3月7日。 その4日後。 2011年3月11日に東日本大震災が発生しました。 私はその時、会社におりました。 猛烈な揺れがビル全体を駆け巡ります。ガタガタガタ・・・・ ...

続きを見る

もっと早く辞めておけばよかった

40代のドロップアウトしたおっさんなので、前途洋々な新入社員の方にあれこれ言う資格はありません。

まあでも、少なくとも「自分年表」くらいは作っておけばよかったなあ、と本気で思います。

40代の今思うこと

40代の今思うことは、「もっと早く会社を辞めておけばよかった」ということです。

自分のやりたいことはこれではない、と気づいたらすぐに軌道修正しなければ、私のようにあとでツケを払うことになります。

もし20代の頃に転職して、自分のやりたいことにもっと忠実だったら、今頃はもっと良い人生を歩めていたんじゃないかなあ、と思うこともあります。

今更悔やんでもしょうがないんですけどね。

テックアカデミーで人気の40代向けITコース 独立・転職に有利

40代の場合は、ゼロからITエンジニアを目指すのではなく、これまでの社会人経験や知識を生かせる分野がオススメです。(ゴリゴリのプログラミングは、若い人に任せちゃいましょう) 40代からエンジニアを目指 ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル