退職の悩みを解消する方法

「出口はきっと見つかる」

退職に悩んで辛い時は、そう思っておくと良いです。

八方塞がりで出口が見つからなくても、そのうち絶対見つかります。

20年近く退職に悩んでいて、不安で何も行動できなかった私でも出口は見つかりました。

このページでは、退職に悩んで抑うつ症になり、その後出口が見つかるまでの過程を振り返っています。

40代家族持ちで退職に悩んでいて、誰にも相談できない思いを抱えている方の参考になればうれしいです。

退職に悩む理由

星空と男性

最初に退職したいと意識したのは、新卒で入社して1年に経たない時期でした。ちょうど就職氷河期だった頃もあり、就職浪人するよりはいいかなと思ってそんなに興味無い会社に入ってしまったのが運の尽きでした。

入社してすぐの頃はまあ5年ぐらい勤めてから辞めようと思っていましたが、これがなかなか辞められないんです。

そのうちそのうちと思っている内に、責任ある仕事も増えて、結婚もして、子供もできて、気づいたら40代になってしまい、にっちもさっちもいかなくなってしまいました。

自分の中では、こんな会社早く辞めて自分のやりたい仕事をかっこよくやっている自分の理想像があるんです。

でも現実は、好きでも無い仕事をだらだらフルタイムでやっていて、付き合いで残業して、えへらえへら当たり障りのない会話をしている自分がいます。そんな自分が嫌で嫌でしょうがない。

30代後半を過ぎたころから、同期のやつらは基幹職へ昇格していきました。自分は昇格試験を受ける気にならず、適当な理由をつけて管理職昇格試験から逃げ回っていました。

40代に入ると後輩がどんどん昇格していき、完全に取り残されるようになっていきました。

会社が嫌でしょうがないのにいつまでも辞められない自分に自信が持てず、このまま自分の人生終わってしまうのかと絶望した気持ちでいました。

スポンサーリンク

退職の悩みを解消する方法

会社を辞めたいけど、辞められない。
失敗したらどうしよう、お金のこと、家族のこと、住む所・・・・・・。

今から上司に
「退職したい」と告げることができたら、どんなに楽か。
でも、そんな簡単に退職を決められない・・・・・・。

退職に悩んでいた時、いつもこんなことをグルグルと考えていました。
飽きもせずに、毎日考えていました。

考えてさえいれば、何かヒントが見つかるもしれないと思っていたんです。

でも、ただ考えているだけでは、何も起こりはしません。平行線のまま、悩みを抱えたまま定年まで過ごすことになります。

そんな人生絶対イヤなので、何かを変える必要があります。
でも、何かを変えると言ったって、何をどこから手をつけたらいいのでしょうか?

一番の問題は、自分の中だけでグルグル考えているということです。

だからまず、それを外に吐き出すことから始めましょう。

そこで、実践して効果があった方法をご紹介したいと思います。

公共の電話相談に電話する

暗い道を歩く男性

自分に自信を失っていくと、自然に態度が萎縮していき、どんな些細なことでもビクビクしてしまうようになります。

それを敏感に察知したのか、当時の上司がパワハラじみた態度をとるようになります。

鈍感なのでパワハラされていることにもしばらく気づかなかったのですが、お盆休みで冷静になったときにハッと気づきました。

そこから精神的に辛くなり、早朝覚醒になり不眠症になりました。その上司と話をするのも嫌で、当日会社をサボろうと思ったこともありました。

このつらさを誰かに相談したい。相談できたらちょっとでも楽になるかも思いました。

でも、相談する人が誰もいないんです。

妻に一度相談しましたが、ぴんと来なかったのか、まともに聞いてくれませんでした。

話を聞いてくれそうな友人もいないし、会社の人にも相談しづらい。こんなメンタルヘルス的な重い話って、40過ぎたら相談相手がいないんです。

しばらく自分の中で抱えていたんですが、ある日爆発しました。

精神的に切羽詰まってきて、だれかに話を聞いてほしくてたまらくなりました。

ネットで相談できるところを調べまくって、市役所がやっている電話相談(いのちの電話系)に電話することにしました。

会社帰りに誰もいない路地に入って電話しました。藁にもすがる思いで電話したことを覚えています。

診療内科受診・カウンセリング

ターニングポイント

電話相談では、うつ病の可能性があるので、心療内科の受診を薦められました。

家族にもそのことを話したのですが、妻からは「うつ病じゃないよ」と言われたので、なかなか心療内科へ行けず放置していました。

この頃から、頭のなかに首吊りのイメージが頻繁にでてくるようになりました。業務時間中にこっそりロッカールームに入り、マフラーで首吊りの真似事をしたこともあります。

不眠にも悩み、とうとう朝起き上がれなくなりました。

もうこれは限界と思い、その日は会社を休み診療内科を受診することにしました。

今思えば、ここがターニングポイントでした。

診療内科で精神安定剤を処方してもらったこと、抑うつ症の診断書を書いてもらったこと、それからカウンセリングで悩みを聞いてもらったことで、だいぶ気持ちが軽くなりました。

そしてなにより、妻が「そんなにひどいとは思わなかった」と、自分の悩みを初めて理解してくれたことで、なにか会社で嫌なことがあったらすぐに相談することができるようになりました。

家族からの理解

candle

「つらいんだったら、今日は会社休んだら?」、「会社辞めても良い」、「身体の方が大切」と家族からの理解を得られると、病んでた気持ちが少しだけ前向きになります。

上司からパワハラ受けたらすぐに妻に電話&メール。

どうしても会社行きたくない朝は、無理せず休む。

抑うつや不眠はそのまま残りましたが、なんとかやり過ごせるようになってきました。

関連記事 出社拒否は、SOSのサイン。無理せず休むと意外と良いことも

日記をつける

もし相談できる相手がいない場合は、日記をつけると良いです。

つらいと感じていることを文章にしてみると、自分の感情に改めて気づくことができます。さらに、書くことで悩みが整理されるので、自分が次に何をしたら良いか気がつくことができます。

あともうひとつのポイントとして、憂鬱な気分を文章にすると気持ちが楽になるというのもあります。

日記をつけるという方法は、誰かに言うということではありませんが、書くという行為で自分の悩みを外に吐き出すことができます。

私もつらいときは、日記をつけていました。

オススメは、パソコンで日記をつけることです。パソコンなら、後から検索できるのですごく便利です。ファイルメーカーというデータベースソフトを使って日記をつけていますが、もう10年近く続けています。

ファイルメーカーで日記をつくるやり方は、外部サイトですが下記ページが参考になると思います。(作り方の動画解説。本編は有料動画ですが、サンプルは無料で見れます)

外部サイト ファイルメーカーで日記を書こう!基礎編

出口が見えてくる

希望のイメージ

何回か休んでいるうちに、気持ちの変化が起こりました。

自分の人生を客観的に考えられるようになるんです。

「お金のために身体を壊してまで、嫌なことを無理してやることないかな」

「だったらチャレンジしてみよう」

というように、考えがまとまっていきました。

そこから急に退職が現実のものになっていき、あれやこれやしているうちに本当に退職告白してしまい、気づいたら退職の日を迎えているのでした。

そして今

今の心境

退職後はじめたビジネスは失敗して今は再起奮闘中の身ですが、退職前の辛さからは今は完全に脱却しました。

上司似の人を見かけると今でも無意識に身構えてしまいますが、デパスなど精神安定剤を飲まなくても眠れるようになりました。(今は7時間ぐらいたっぷり寝てます)

退職に悩んでいたときは、このつらさから抜け出すには死ぬのが一番かもしれないと思っていたことが有りました。

でも、あの時死なないで良かったです。

「出口はきっと見つかる」

本当にそう思います。

おすすめ記事を読む

記事を検索する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や転職失敗経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。そして起業失敗経験まで。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2021 40代退職のリアル