起業失敗するとどうなる? 体験に学ぶ起業失敗防止策

まず最初にこれだけは言っておきます。

もしあなたがこれから起業するなら、必ず成功してください。

失敗などしないに越したことは無いですから。

特に40歳過ぎて家族もいるなら、起業失敗はとてもつらいものがあります。

もちろんこれから起業する人なら、始める前から失敗することなど思ってもいないでしょう。(私もそうでした。)

でも中には、「もし起業に失敗したらどうなるんだろう?」と、失敗防止の観点で、起業の失敗を学んでおきたいと考える慎重な人もいるはずです。

なぜなら、失敗を学んでおくことで自らの失敗リスクを減らす事ができるからです。

そういう方のために、自らの経験を元にこのページをまとめました。参考になれば嬉しい限りです。

このページでは、これまで個別に書いてきた、起業や脱サラの失敗についての記事をまとめています。もっと詳しい情報を知りたい方は、個別の記事のリンクを参照してください。

起業失敗は、ほとんど「無知」が原因

ほとんどは「無知」が原因

  1. 業界の知識が足りない
  2. 技術力が足りない
  3. お客さんの気持ちがわからない
  4. 事業計画が甘い
  5. 焦り

起業に失敗する要因は、それこそ様々な書籍やネット上に情報があふれていますが、私の経験ではほとんどが「無知」にあると思います。

つまり、参入する業界の知識が圧倒的に不足していたり、技術力がなかったり、お客さんの気持ちがわからないといったことです。

十分な経験もなく「なんとなくできそうだ」という感覚だけで起業すると、痛い目に合う確率が非常に高くなります。

起業はそんなに甘いものではない、と思っておいたほうが良いです。

安易な素人商売は、必ず失敗を招きます。

dog-sad
40代で会社辞めて起業して1年で失敗。現実は厳しい。

40代で会社を退職して起業しました。 でも、たった1年で失敗。廃業です。 笑っちゃうしかないですね。でもこれが現実です。 独立したは良いものの結局失敗です。 退職後は、結局ダメダメでした。 今は、貯金 ...

続きを見る

スポンサーリンク

起業に失敗しやすい人

起業に失敗しやすい人

  1. 思い上がり、上から目線
  2. あきらめが悪い
  3. 完璧主義
  4. 攻めよりも守り

世の中には成功する人と失敗する人がいます。

失敗ばかり繰り返す、私のような性格の人もいます。

そんな人の性格を分析してみると、失敗しやすい人の性格がわかってきます。

起業に失敗する人の共通点

こんな人は起業しても失敗しやすいんじゃないかな?という視点で、書いた記事です。

ほとんど私自身の反省から書いていますが、この記事に当てはまる人は、失敗する確率がむちゃくちゃ高いです。

今から軌道修正した方が良いです。

経験から学んだ、起業に失敗する人の共通点

失敗は成功の元と言いますが、失敗ばかりしている私からすれば、失敗する人は失敗ばかりしているので、成功することはほとんどありません。 失敗ばかりの私が経験から学んだ、企業に失敗する人の共通点をまとめまし ...

続きを見る

頭の中では強気でも、対面だと弱気になる人

起業に失敗する人って、自分ひとりの頭の中では、絶対うまくいくと思っているんです。

でも、実際に起業内容を人に説明するとなると、とたんに弱気になっちゃうんです。

特に先輩の起業家から事業の曖昧な点にけちょんけちょんに突っ込まれて、再起不能なぐらいに叩きのめされたときなんか、トラウマになります。

ここで強気に出れる人なら、成功するんでしょうね。

私は未だに、その場面を思い出すと冷や汗が出ます。向いてないんですかね(笑)。

finger
人に起業内容を説明できないなら、そのビジネスは完全に失敗

「失敗」が分かれば、40代での退職も怖くないです。断言します。たとえ家族がいても。 このページは、独立・起業で退職される方をメインの対象として書いています。転職希望者の場合は、このページで書いている「 ...

続きを見る

起業に失敗しやすい業界

起業に失敗しやすい業界

  1. 新規参入しやすい業界
  2. 流行り廃りの激しい業界
  3. まだ大手が参入していない業界
  4. 一見ブルーオーシャンに見える業界
  5. 広告収入依存型の業界

起業に失敗しやすい業界をまとめてみました。

これは、ほとんど私自身の起業失敗前後の経験から、独自に考えたリストです。起業のコンサルや専門家からすれば、ちょっと違う意見があるかも知れません。

しかし私にいわせれば、上のリストにあるような業界は、最初は良くても後から大きなしっぺ返しを喰らうことが十分起こりうる業界です。しかも、一度しっぺ返しを喰らってしまえば、突然死もあり得るレベルです。

上のリストにあるような業界は、あまり起業には向いていないかもしれません。

確実に失敗するビジネス

私が起業したビジネスは、まさに上にある5つのリストにある業界そのままでした。

起業前は、ニッチな業界だと思っていたんです。

事実、競合などほとんどいない状態でした。副業でもなんとかなるレベルだったんです。

しかし、起業したとたんに大手が次々に参入し、ごっそり市場ごと持っていかれました。起業したての個人ビジネスなど、かるく吹き飛ばされましたよ。

大手は怖いです。

起業前はブルーオーシャンと思っていても、突然レッドオーシャンになることがあります。

40代男性ビジネス失敗
40代個人で起業して確実に失敗するネットビジネスの特徴

退職後に自分の商売を始めようと考えている方で、 プラットフォームとかポータルサイトなどのビジネスを立ち上げようとお考えの方はいらっしゃいますか? アイデア次第で個人でも立ち上げることが出来て、人気が出 ...

続きを見る

一人起業

最近は、ひとりで起業する人も増えましたね。

私もひとり起業です。

ひとりで起業は、気楽で良いんですが、全部をひとりでやらないといけないので、けっこうきついです。

自分がやるべきこと、やらなくても良いことをきちんと整理して、優先順位をつけていかないと自滅します。

気がついたら手を広げすぎていて、本業そっちのけでまったくカネにならない別のことをしていたということも普通に起きます。

この下の記事では、一人起業で気をつけておきたいことをまとめています。

mistake
経験者が語る、一人で起業するときの注意点

40代(家族持ち+社宅)で退職して一人で起業しましたが、事業がうまくいかず1年間売上ゼロのまま廃業しました。今はバイトをちょこちょこ入れながら、敗者復活戦に挑んでいます。 その時の苦い失敗体験から、「 ...

続きを見る

起業失敗体験談

起業失敗の体験記事をまとめています。詳細は、各記事のリンクを参照ください。

まずは、起業準備から起業失敗後までの軌跡ついては、こちら。起業失敗することがどんなことかが具体的にわかると思います。

いくら忙しくしていても、ビジネスに関係ないことをしていれば失敗するのです。

hiker
起業失敗を時系列で語ります。似たような方はヤバイです。

私は40代過ぎて家族持ちで、20年近く勤めた会社を退職して起業しました。 結果、うまくいかず1年で起業失敗し廃業しました。 現在は、貯金を崩したりバイトしたりして生活しつつ、なんとか再起を目指して奮闘 ...

続きを見る

「好きなことで起業」って、一時期盛んに言われていましたけど、今はもう聞かれなくなりましたね。

私も好きなことで起業しましたけど、好きだけでは足りなかったんです。

「好き」を上回る、それ以上の経験やパワー、そした運が必要のような気がします。

german-shepherd
「好きなことで起業」だけでは足りませんでした 40代起業失敗

「好きなことで起業」 ってよく言うんですけど、私には、漠然としててなんだかよくわからないんです。 同じように、「趣味が講じて起業した」という話にも、ピンと来ないんですよね。 「趣味の延長」「好きなこと ...

続きを見る

はっきり言って、起業前の事業計画書って甘いです。

サラリーマン時代に作った事業計画って、実態を反映していないことが多いです。大甘です。

普通の計画ともう一つ最悪のケースを想定した「プランB」を用意すると思いますが、現実は「プランB」より厳しいかも。

パソコン
起業前の事業計画は、総じて「甘い」と思っておく

こんな経験はありませんか? 行動する前は、乗り越えるのに尻込みするようなものすごく高いハードルと感じていた。 でも実際やってみると、実はそのハードルは、自分の背丈よりもずっと低くて軽々と乗り越えること ...

続きを見る

起業すれば自由?

いいえ、それは事業がうまく行っていて、貯金がある人だけです。

その逆の人が圧倒的に多いし、恐ろしい勢いで貯金が減っていきます。

free-man
40代で独立起業して好きなことで生活する。それはただの幻想だった

会社辞めて起業して、好きなことだけする? 経済的自由を得る? 無理無理。 無理ですよ、そんなの。ただの幻想でした。 起業してすぐにそんな生活はまず無理でしょう。それはあくまで「成功したら」の話です。 ...

続きを見る

起業する!と言って、永遠に起業しない人たちがいるのはご存知ですか?

そういう人たちは、起業セミナーとか起業塾やサロンにたくさんいます。

「起業ごっこ」は楽しいけど、それにハマっていると起業時期がどんどん遅れます。

起業家予備軍コミュニティの落とし穴
弱小仲間と永遠に「起業ごっこ」してるだけ!起業家予備軍の落とし穴

会社を退職する意思が固まってくると、あるタイミングで、自分と同じようなことを考えている人と出会いたくなってきます。 仲間が欲しくなるのです。会社を辞めたいと考えている、自分と同じような考えを持つ仲間が ...

続きを見る

脱サラで起業を考える場合、起業セミナーや起業塾に参加することを考える人も多いと思います。

私も様々なセミナーに参加し、起業塾にも入りましたし、起業コンサルも契約しました。

それでうまくいったか? と言えば、答えは「NO」です。

speaking
40代起業希望者は、起業塾に入った方がいいのか? 起業塾の光と影

起業塾というものがあります。 会社を辞めて起業したいと考えている人を支援してくれる塾です。 日本全国にたくさんの起業塾があり、起業準備のため起業塾に入ろうと考える人も多いと思います。 私も起業塾に入っ ...

続きを見る

これはリアルな体験談ではなく、仮の物語ですが、ありえない話ではありません。ちょっとゾッとする話。

ひとり起業を考えている方は気をつけてください。必見です。

仮想物語「ひとり起業破滅への道」

退職して、ひとりでフリーランス的に起業しようと考えている方も多いと思います。 私の経験では、ある程度社会人経験のある30代〜50代の方が、ひとり起業を考えている人が多いように思います。 ひとり起業をや ...

続きを見る

起業失敗後はどうなる?

起業失敗後、生活はこうなります。

家族がいる場合、貯金残高は100万が現実的な生命線です。

このラインが割れてくると、残高確認するのがちょっとした精神的な試練になります。

急いでバイトを入れるべき。

脱サラや起業がうまくいかないとどうなるの?実際に苦労してること

脱サラや起業に失敗すること、「こんなことに苦労する!」といったことをまとめました。 全て自分で体験していることです。 やっぱり脱サラや起業するなら、成功ありきで会社辞めた方が良いですよ。絶対失敗しては ...

続きを見る

こっちは、ややダーク寄りです。

起業失敗すると、確実にお金のやりくりが苦しくなります。

メンタルも卑屈になってきたりします。

世の中、カネです。本当にそう思います。

脱サラしてうまくいかなかった人の本音ベスト10 銀行残高が怖い他

脱サラに失敗した私の本音をまとめました。 「脱サラ失敗あるある」です。 私の場合は借金がないから、まだマシな方です。 関連 詳しく 40代脱サラ失敗して後悔していること  目次1 サラリーマンに嫉妬す ...

続きを見る

起業失敗して、いろいろ苦労しているんですけど、それでも会社を辞めて起業する道を選んでよかったな、と思っているんです。

会社員時代は本当に辛かったし、もうサラリーマンには戻りたくないので、なんとか再起してやろう!と思ってます。(新型コロナの影響で、その夢はかなり後退してしまいましたけど)

man alone
もし退職しなかったら? 退職していない自分と退職後の自分を比較

歴史にif(イフ)は無いというけれど、もし退職していなかったら今頃どうしているんだろう? 最近こんなことをよく考えています。 そこで、「退職していない自分」と「退職後の今の自分」とを比較してみることに ...

続きを見る

起業に失敗したことで、度胸がついたかも知れません。

実際にドン底を経験すると、本人は至って平気なものというのがわかりました。

笑えない状況なのに、明るい未来を信じてるんです。病気に近いのかな。それとも現実逃避?

起業失敗後の心境 ドン底を経験すると肝が据わる

私は、40代で20年近く勤めた会社を退職して、インターネットビジネスで起業しました。しかしうまくいかず、1年で廃業。 その後貯金を切り崩しながらバイトをし、なんとか再起を目指しているのが現在の状況です ...

続きを見る

起業失敗を防止するにはどうしたらよいか?

起業失敗を防ぐには

  1. お客さん
  2. 経験・ノウハウ
  3. 無理しない
  4. そのビジネス、自分がやるべきこと?

起業失敗を防ぐ鍵は、やっぱりお客さんです。

集客はもちろん大事ですけど、いくら集客しても商品を買ってもらわないと意味がありません。

そのためには、やはりその商売の経験やノウハウが大事。この辺りは、やっぱりフランチャイズビジネスが一番良いんですけどね。

フランチャイズが嫌な場合は、経験豊富な業界を選ぶことです。未経験分野での起業は辞めておいたほうが良いです。

あとは、無理しないこと。

起業したら体が資本です。あとちょっと、あとちょっとと仕事に没頭していると、すぐに足をすくわれます。あなたが体を壊せば、その時点で起業失敗。ゲームオーバーになりやすい。カネもかかりますしね。

虫歯一本つくらない、そんな思いでいたほうが良いです。

最後は、「自分がやらなくても良いビジネスはしない」ということです。

あまり儲けがないときにやりがちなのですが、「金が儲かりそうだから」という理由で、やりたくもない仕事を始めちゃったりすることがあるんです。

そういう仕事は、最初のうちは良い方向に行くんですが、後々重荷になったりします。

せっかく起業したのに、お金のためにやりたくもない仕事をしなきゃいけないなんて、本末転倒もいいところです。

副業ってやっておいた方が良い?

「起業前にしっかり副業して準備していれば、失敗しない」と思いますか?

賛否両論あるけど、私は、起業準備として必ずしも副業は正解ではないという意見です。

なぜかというと、私はガッツリ副業しましたが、起業後失敗してますから。

fail
副業が鳴かず飛ばず→会社辞めて専業にしたらうまくいくかも→廃業

私は30歳の時に副業を始めました。 その頃から会社が嫌でした。転職活動もしていましたが、いっそのこと起業して会社から独立したいという思いが強かったのです。 目次1 起業ブーム2 副業でネットビジネスを ...

続きを見る

どうせやるなら、会社の仕事をガッツリやるのが一番良いような気もします。

でも、会社が嫌な人とか人間関係に悩んでいてやる気も出ない人もいると思います。

そういう人は、起業後に役立つことをすれば良いと良いと思います。

ホームページの作り方やプログラミングを習うとか。動画配信の方法とか。こういうのって、起業後に必ず必要なスキル。業者に頼むと数十万請求されたりするけど、自分でできればそれだけ節約できます。

私は、インターネットのビジネスで起業しましたが、プログラミングやサーバーの知識が足りなくて、業者にかなりお金を取られました。今考えると、サラリーマン時代にきっちり勉強しておけばよかったと悔やんでいます。

man-regret
40代脱サラ失敗体験者の「こうすればよかった」

私は40代家族持ちで脱サラして、その後失敗しました。 ああ、なんでもっと食える商売で起業しなかったんだろう! 今更嘆いてもしょうがないですよね。 甘かったんですよね。なんとかなると思ってしまったんです ...

続きを見る

起業するならオフィスが必要?

起業するなら、やっぱりオフィスが必要ですよね。

私は起業する前、自分の独立したオフィスを持つのが夢でした。(まだその夢はかなっていませんけど)

でもいきなりちゃんとしたオフィスを借りるのは、正直キツイ・・・・・・・・・。

でも、最近はシェアオフィスというスタイルがあります。私も活用中!

シェアオフィスなら、月1〜3万円で手軽に仕事スペースが確保できます。正直、効率もかなり上がりますしね。

個人でも借りれるので、起業準備段階から借りておくと何かと良いです。

いや本当です、シェアオフィスって起業準備にも最適ですよ。

退職に悩んでいるなら、シェアオフィスを借りてみてはどうでしょうか。すでに起業している人はどんな人なのか、どんな仕事をしているのか、雰囲気を知るのも大切です。

こちらの記事で選び方のポイントを解説しています。

はじめてのレンタルオフィスの選び方。利用者目線で解説します。

私は起業の準備期間から、ずっとシェアオフィス(レンタルオフィス)で仕事してますが、安いし快適だし仕事もはかどるので気に入っています。 シェアオフィスは、仕事に集中できる環境が整っていてコストも安いとい ...

続きを見る

おすすめ記事を読む

  • この記事を書いた人
40代退職のリアル

40代退職のリアル

40代で退職を経験した私が、当時の日記を元に書いています。退職するまでの苦悩や経験、家族のこと、お金のこと・・・・・・。私のつたない経験が、皆様にとって少しでも役に立てば幸いです。

© 2020 40代退職のリアル